2人用のシュラフも出た!キャンプが盛り上がる「ケルティ」のワザありギア | タープ・シェルター 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • タープ・シェルター

    2023.05.20

    2人用のシュラフも出た!キャンプが盛り上がる「ケルティ」のワザありギア

    建築家でアウトドアマンのディック・ケルティによって生まれたこのブランドは、もともと「デイパック」の販売からスタート。その後多くのキャンパーに愛され総合アウトドアブランドに。

    アメリカ・南カリフォルニア州で生まれたブランド「KELTY(ケルティ)」。バックパックのブランドとして知っている人も多いブランドだが、実は優秀なキャンプギアがたくさん揃っていることをご存じだろうか? この春は、普通のテントとしても使えるハイブリッドなカーサイドテントとタープ、そしてカップルやファミリーで使いたいダブルサイズのシュラフなど、技ありギアが続々登場。キャンプ場で目を引くこと間違いなし! さっそく新作をチェックしてみよう。

    車の出入りも自由自在。自立もできるカーサイドテント

    CABOOSE(カブース)/57,200円(税込)、張上りサイズ:213×304×198cm、収納サイズ:61×28×25cm、収納時重量:9.53kg

    大型のカーサイドテントとして、また普通のテントとしても使える「CABOOSE(カブース)」。テント、前室、車内と3つのスペースが確保できるので広く、効率的にスペースを活用できるはず。車との接続は独自のストラップとバックルなのでとっても簡単。車の出し入れが自由にできるので便利だ。ハッチバック車であればほとんどの車に設置できるセミユニバーサルアタッチメントを採用。テント内で立つことができる高さ(198cm)なのもうれしい。

    素材は、68D Polyester(耐水圧:1,500 mm)を使用。ポールには丈夫なファイバーグラスを3本使用している。

    SUVに直結させるメッシュスクリーン付きカーサイドタープ

    WAYPOINT SCREENHOUSE TARP(ウェイポイント スクリーンハウス タープ)/36,300円(税込)、張上りサイズ:337×420×244cm、収納サイズ:58×18×18cm、収納時重量:5.44kg

    虫の侵入を防いでくれるメッシュスクリーン付きのカーサイドタープ「WAYPOINT SCREENHOUSE TARP」。車側を除く3面はフルスクリーンになっていて、さらに車側は荷台部分が穴になっているので荷台の下を通すことによって車内へスムーズに入ることができる。入口はジッパー付きで、メッシュは巻き上げが可能。ほとんどのSUVに簡単に取り付けられる。

    前述のテント同様、素材には68D Polyester(耐水圧:1,500 mm)を採用。雨にも強く安心して使用できる。

    カップルや家族に!温度調節もできる2人用シュラフ

    TRU.COMFORT DOUBLEWIDE 20°F/-7°C(TRU コンフォート ダブル ワイド)/34,100円(税込)、長さ:198cm、収納サイズ:38×58 cm、重量:4.31kg

    日本初上陸のダブルサイズスリーピングバッグ「TRU.COMFORT DOUBLEWIDE 20°F/-7°C」。100%リサイクル素材「CLOUDLOFT」(素材:Polyester/Cozy Cloudloft(クラウドロフト/化繊中綿))を使用した、2人用のシュラフ。内側両サイドに、1人様のブランケットが内蔵され、-7℃の環境下でも使用できるので、一年中使用できる。

    ベンチレーションの様に使えるジッパー付きなので、足を出して体温調節もしやすい。

    色は、Olive Oil/Gamescape(左)とPageant Blue/Hikerの2色(右)。

    今回の新作ギアは、4月下旬より公式オンラインストアや各店舗にて順次発売している。詳細はホームページでチェックしてみて。

    NEW ARTICLES

    『 タープ・シェルター 』新着編集部記事

    設営が簡単なタープおすすめ10選!ワンタッチタープや設営のコツも紹介

    2024.06.13

    タープ泊って何が魅力なの?おすすめの張り方から設営方法まで解説!

    2024.05.30

    ロゴスのタープおすすめ8選|設営カンタン・遮光率100%・テント連結…人気モデルを一挙紹介

    2024.05.07

    サバティカル「スカイパイロット シンセティック」の魅力を解説!使い勝手もコスパも最高だ

    2024.05.07

    VASTLAND「TCポップアップシールド」にクールなカラーが追加!

    2024.05.07

    ニーモ「ヘキサライト」が人気の秘密は?アウトドアNo.1雑誌が解説!

    2024.05.05

    テンマクデザイン「ムササビウイング」の魅力を解説!あわせて使いたいテントも紹介

    2024.05.04

    モンベルのタープおすすめ5選|ソロ向けからファミリー、グループ向けまで

    2024.05.02