ルートセッティングの練習にも使える!クライミングホールドのマグネットに込めたブランドの願い | 道具・ギア 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 道具・ギア

    2023.05.12

    ルートセッティングの練習にも使える!クライミングホールドのマグネットに込めたブランドの願い

    マグネットで貼り付けているマグネティックルートキット

    2014年にアメリカのコロラド州で創業されたアウトドアブランド「Matador(マタドール)」が、スピンオフブランドとなる「MICROSEND(マイクロセンド)」を立ち上げた。こちらより発売されているのが、クライミングのホールドを象ったマグネット「マグネティックルートキット」。マタドールの創設者でデザイナーのクリス・クリアーマンは、クライミング愛好家。マイクロセンドの商品を購入することで、アメリカのクライミング環境を保護するための団体「Access Fund」をサポートすることができる仕組みをつくっている。

    純粋なマグネットとして使ってもかわいい!

    マグネティックルートキットはひとつひとつのパーツをホールドに見立ててクライミングジムの課題を視覚化したり、ルートセッティングの練習をすることができるマグネット。もちろん、純粋なマグネットとして冷蔵庫やホワイトボードなどで使ってもカワイイ。

    「MICRO SEND マグネティックルートキット」2,530円 カラー:オレンジ、ブルー

    「MICRO SEND マグネティックルートキット」2,530円

    オレンジのほかにブルーもあります。

    オレンジのほかにブルーもあります。

    実は本場アメリカのクライミングをとりまく環境は、私有地の売却や土地管理者による過剰なクライミング規制などにより、徐々に厳しい状況に置かれつつあるという。Access Fundはクライミングエリアの保護に多面的なアプローチで取り組んでおり、マグネティックルートキットを購入することでAccess Fundをサポートすることが可能だ。

    パッケージを開けたところ。

    パッケージを開けるとプラモデルのようにランナーがついている。

    取り外すのも楽しい

    取り外すのも楽しい!

    クライミングを愛する人はもちろんのこと、少しでも興味がある人はぜひマイクロセンドの試みに注目してほしい。

     

    エイアンドエフ  http://www.aandf.co.jp/

    NEW ARTICLES

    『 道具・ギア 』新着編集部記事

    【2024年】キャリーカートはアウトドアで大活躍!おすすめモデル13選

    2024.06.13

    コットンだけどベトつかない!「ドビー織り」パンツで涼しい夏を楽しもう

    2024.06.13

    今、最も話題のシングルストーブ「SOTOトライトレイル」は新時代の火器だ!

    2024.06.13

    設営が簡単なタープおすすめ10選!ワンタッチタープや設営のコツも紹介

    2024.06.13

    ソロ向けワンポールテントおすすめ7選|軽量コンパクト、TCタイプも紹介

    2024.06.12

    キャンプにおすすめのおしゃれコンロ8選!選び方も解説

    2024.06.12

    軽量登山靴・スカルパ「ラッシュトレックGTX」レビュー!初トレッキングシューズにもおすすめ

    2024.06.12

    「ジムニーJA11」のアウトドアラジコンにグローバルエディションが登場! 自分色に染めて遊ぼう

    2024.06.12