アライテントが優秀な理由とは?「トレックライズ」の愛用者が語る3つの魅力 | テント 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • テント

    2023.03.28

    アライテントが優秀な理由とは?「トレックライズ」の愛用者が語る3つの魅力

    筆者私物

    筆者私物。

    テントを購入する際、皆さんはどのようなポイントを重視しますか?

    筆者が最も重視しているのは、テントの広さや室内機能といった“居住性”です。ただ、居住性が高いテントは設営・撤収に時間がかかったり、重量があって持ち運びが大変だったりします。

    そこで今回は、居住性の高さとコンパクトさを兼ね備えた、アライテントの「トレックライズ2DXフライ仕様」を紹介します。

    元々登山用のテントですが、キャンプツーリングなどの荷物を最小限に抑えたい場面でも活躍します。テントの購入でお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください。

    アライテントの3つの特徴

    「トレックライズ2DXフライ仕様」を例に、アライテントの特徴を見ていきましょう。初心者や、身軽にキャンプを楽しみたい人におすすめしたい魅力がたくさんあります。

    特徴1.軽量かつコンパクト

    dxフライ仕様一蘭

    左からテント本体・フライシート・ポール・別売りのグランドシート・シームコート・説明書。

    アライテントの「トレックライズ2DXフライ仕様」の重量は、テントとフライシートを合わせて1990gとかなり軽量。

    さらに前述したように、アライテントは本来登山での使用が想定されているため、バックパックでも持ち運びが可能なほどコンパクトに収納できるつくりになっています。

    このように、軽量かつコンパクトで、キャンプツーリングなどでも活躍するテントなのです。

    キャンプツーリングでは登山ほど重量に敏感になる必要はありませんが、キャンプサイトにバイクを横付けできないときなどは荷物をサイトまで持ち運ばなくてはなりません。したがって、軽くて小さいテントほど負担が軽減されておすすめです。

    特徴2.前室が広い

    前室

    広々とした前室。

    アライテントの「トレックライズ2DXフライ仕様」は、テント本体から70cm張り出された前室があります。

    さらに、その前室は高さもテント本体と同じくらいあるため、立体的に広い空間を作り出すことが可能になっています。

    前室にテーブルなどのキャンプ道具を置いても、スペースには余裕があるほど。お座敷スタイルを作れば、前室でもゆったり過ごせそうです。

    雨天時のキャンプなど、テント内でしか過ごせないような状況であっても、広い前室を使えば快適にキャンプができます。

    特徴3.設営が簡単

    設営

    テント本体のスリーブにポールを通す。

    アライテントの「トレックライズ2DXフライ仕様」は、設営が簡単なのも特徴のひとつです。

    3本の付属ポールをスリーブに通すだけの構造となっているので、誰でも簡単に組み立てが可能。

    設営や撤収が簡単にできれば、キャンプをストレスなく楽しむことができます。この特徴は、キャンプ自体のハードルを下げてくれるので、初心者の方へ特におすすめしたいポイントです。

    テントを買ったらやっておきたいこと

    ここからは、テントを買った際にやっておきたいことを解説していきます。

    防水加工処理

    防水加工

    シームコートを塗布。

    アライテントの「トレックライズ2DXフライ仕様」のテント本体には、全体的にシームテープ加工が施されているため、基本、防水性に問題はありません。

    ただし、四隅の外面部分については、シームテープ加工が施されていません。そのため、万が一のテント内浸水を防ぐため、付属のシームコートで防水加工処理を行っておくと良いでしょう。

    天井部分のカスタム

    天井部

    天井のループは全部で5箇所。タオル等を干したりもできます。

    テント室内には5箇所のループが取り付けられており、そこにランタン等を吊るすことができます。

    例えば、写真のようにループへロープを通したり、ネットを引っ掛けておいたりすると、より便利に活用できるでしょう。天井部分は、自分なりのカスタムを考えておくのがおすすめです。

    コードストッパーの取り付け

    コードストッパー

    100円ショップのコードストッパー。2つ買っておくと安心。

    アライテントの「トレックライズ2DXフライ仕様」は、テント、付属ポールの収納袋、後部ベンチレーターのコードにコードストッパーが取り付けれられていません。

    そのため、うっかりすると片方の紐が引っ張られすぎるなどして、どこかへいってしまう可能性があります。

    紐がどこかにいってしまう前に、コードストッパーを付けておき、紛失するリスクをなくしておくと良いでしょう。

    高次元でバランスが取れた最高のテント!

    以上、アライテントの「トレックライズ2DXフライ仕様」を紹介しました。

    軽量でコンパクト・居住性の高さ・設営の簡単さなど、重視したいすべての項目を高く評価できる商品です。

    どのような環境でも活躍してくれる優秀なテントなので、これからキャンプを始めたい方や、テント選びに迷っている方は、ぜひ検討してみてください。

    アライテント「トレックライズ2DXフライ仕様」

    価格:72,600円(税込)
    重量:1990g
    設営時:間口210cm×奥行150cm×高さ110cm(前室張出70cm)

    私が書きました!
    アウトドアライター
    アッキャン
    休日にカメラを持って、ツーリングやソロキャンプ・登山を行う会社員アウトドアライター。就職時に島根県へ配属となり、山陰の美しい自然を満喫しています。国内旅行やキャンプツーリングで訪れたスポットを日記形式でブログに残しています。2023年は大型バイクを購入したため、キャンプツーリングに力を入れていきます!

    NEW ARTICLES

    『 テント 』新着編集部記事

    コールマンのタフスクリーン2ルームハウスで快適なキャンプ!メリットデメリットから設営方法まで紹介

    2024.04.21

    テントとシェルターの2WAY仕様!コールマンからコンパクトなトンネル型2ルームテントが登場だ

    2024.04.18

    スノーピーク「エントリーパックTT」は高コスパで初心者に最適!使い勝手も抜群だ

    2024.04.16

    スノーピークのアメニティードームSは初心者から安心して使える!おすすめのポイントや設営方法まで解説

    2024.04.13

    【2024年】TCテントおすすめ11選!ソロ用からファミリー向けまで人気モデルを一挙紹介

    2024.04.07

    ムラコのおすすめテント3選!大型2ルームから山岳用まで人気モデルをピックアップ

    2024.04.04

    キャンプが楽しくなるおすすめファミリーテント17選! サイズ、形、特徴、ペグダウンの数まで丸わかり

    2024.04.03

    ケシュアのテントは設営カンタンで高コスパ!おすすめモデルやたたみ方も紹介

    2024.04.02