三菱自動車主催の「スターキャンプ」が3年ぶりに開催!気持ちいい会場の模様をレポート | イベント・フェス 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 三菱自動車主催の「スターキャンプ」が3年ぶりに開催!気持ちいい会場の模様をレポート

    2022.09.19

    毎年9月上旬に開催されている三菱自動車主催のアウトドアイベント「スターキャンプ」。2020年と2021年はコロナ禍の影響で中止に見舞われたが、2022年は感染症対策を万全にして行なわれた。
    アウトドアに最適な新作自動車の運転はもちろん、青空が広がる自然豊かなフィールドにていくつものアクティビティを展開。笑顔に包まれた会場の模様をお伝えする。

    スターキャンプ2022は親子が楽しく過ごせるコンテンツ盛りだくさん

    晴れになった会場の様子

    昼前から晴れに恵まれたふもとっぱら。

    スターキャンプ2022は9月3日(土)〜4日(日)の2日間にわたって行われ、キャンプの聖地と呼ばれるふもとっぱらのひと区画を貸し切って開催。三菱自動車を愛用するユーザーを中心に、約1000人の来場者が集まった。

    デリカ広場で展開された遊びスペース

    デリカ広場で展開された遊びスペース。

    コンテンツはおもに4つあり、一番人気のオフロード試乗会、ゲストを迎えたステージ、体を使ったアクティビティ、そして親子で楽しめるワークショップ。どんな模様だったのか、詳しく見ていこう。

    普段では走れないオフロードでSUVを試乗

    停まっているアウトランダーPHEV

    4輪駆動でアウトドアにぴったりな「アウトランダーPHEV」。

    まずは「ドッキドキ!SUVオフロード試乗会」から。今回はアウトランダーとデリカの2車種が用意され、ふもとっぱらから少し離れた富士ヶ嶺オフロードにて行なわれた。

    富士ヶ嶺オフロード全体の様子

    富士ヶ嶺オフロードで5分程度の試乗を体験。

    体験会の様子

    筆者は初めてモーグル走行を体験したが、難なく走破できた。

    MUDモードによるスリップ防止体験

    MUDモードによるスリップ防止体験。

    砂利道を楽々走るデリアD:5

    砂利道を楽々走る「デリカD:5」。

    急な傾斜のヒルクライムや凹凸のあるモーグル、まるで蟻地獄のような地形をしたバケツなど、変化に富んだフィールドで、「こんな激しい場所で走れるの!?」と驚きの声を漏らす体験者もいる中、それぞれの車種の優れた走破性を体験。もちろん助手席には講師が同乗するので安心。

    急斜面を一気に駆け上がるデリカ

    急斜面を一気に駆け上がるデリカD:5。

    ヒルディセントコントロールでと斜面を下るアウトランダー

    ヒルディセントコントロールでと斜面を下る。

    さらには、非常に急な斜面を上り下りするスリル満点の試乗体験も行われ、一番人気と呼ばれるのにふさわしい内容だった。
    参加者からは、「MUDモードにしてスタッキングしやすい場所を走ったら、自動制御のおかげでアクセルを踏むだけで無事に走り切れたことにびっくりしました」「急な下り坂をゆっくりと下る先端機能はすごいですね」などの感想をうかがった。

    傾斜45度をデリカで登坂

    傾斜45度をデリカD:5で登坂。

    このオフロード試乗会のほかに、電気自動車をオンロード・オフロードで体験できる試乗会や、4WDによる登坂キット同乗体験会なども行なわれ、三菱自動車のクルマの魅力を再発見できるコンテンツが多くあった。

    人気キャラやプロが登壇するステージコンテンツ

    人が集まるステージ広場

    人が集まるステージ広場。

    メイン会場であるふもとっぱらで、大盛り上がりを見せたのがステージコンテンツ。サンリオの看板キャラクター・キティちゃんによるダンスやクイズ大会、静岡FMラジオのK-mixと同イベントのキャンプよろず相談所担当の沖田雅生さんによるトークセッション、そしてシンガーソングライターの藤巻亮太によるミュージックライブなどが行なわれた。

    広場で行われたキャンプファイヤー

    広場で行なわれた恒例のキャンプファイヤー。

    大きいスクリーンでナイトシアター

    大きいスクリーンでナイトシアターを開催。

    ステージで行われた朝ヨガ

    朝ヨガで気持ちはスッキリ!

    また、夜にはキャンプファイヤー、翌朝には朝ヨガ&ラジオ体操が行なわれ、のびのびと、そして笑顔に満ち溢れた時間を参加者は過ごしていた。

    久しぶりの外遊びに大興奮!自然の中でのアクティビティ

    大人と子供で楽しむドッチビー

    やわらかいフリスビーを使ってドッチビー。

    同じふもとっぱらでは、体をフルに使ったアクティビティコーナーが設けられ、転んでも安心の芝生で大人も子供ものびのびと遊んでいた。

    広場で展開されたクライミング

    頂上を目指して登るスポーツクライミング。

    ノコギリで切る丸太切り

    ノコギリを使って自力でカットする丸太切り。

    各アクティビティには専門のスタッフが常駐し、安全対策が万全な中で実施。普段では体験できないものが多く、丸太切りブースでは合間に電動ノコギリによるカット実現が披露され会場を沸かせた。

    会場に点在した親子団らんのワークショップ

    電子ペンで刻印するウッドスピーカー作り

    電子ペンで刻印するウッドスピーカー作り。

    ペイントするガーランドづくり

    イベントロゴを好きにペイントするガーランドづくり。

    ウェーバーによる本格BBQ体験

    ウェーバーによる本格BBQ体験。

    炭火で焼き上げるピザづくり

    炭火で焼き上げるピザづくり。

    ロースターと焚き火を使って楽しむコーヒー豆焙煎

    ロースターと焚き火を使って楽しむコーヒー豆焙煎。

    会場のあちこちで開催されたワークショップ。タープの下で涼みながら体験できるものから、ランチにぴったりな料理系、専門道具を使った観察会までてんこ盛り。中には行列ができるほどのものもあった。これら以外に、トランポリンやスラックライン、スタンプラリーなどもあった。

    そのほかにも注目を集めたプログラム

    三菱自動車のクルマがずらりと並ぶ展示コーナー

    三菱自動車のクルマがずらりと並ぶ展示コーナー。

    試乗会やステージ、アクティビティ、ワークショップなどのコンテンツのほか、会場を回って人が集まっていたプログラムも紹介しよう。

    災害対策車両を展示

    災害対策車両を展示。左が参号機で右が四号機。

    衛生を使って情報伝達を行うQ-ANPI

    衛生を使って情報伝達を行う「Q-ANPI」。

    まずは、運営本部周辺で行なわれたワークショップや展示から。安全保障を軸に事業展開するゲヒルンが運営する「特務機関NERV」は、2019年9月1日にリリースし、国内最速レベルでユーザーに最適な防災情報を届けている独自アプリである。
    現在、災害による停電や通信網の途絶に備え、三菱自動車と共同で災害対策車両を製作。ブースでは、3台あるうち2台を展示した。また、内閣府準天頂衛星システム戦略室から貸与された「Q-ANPI」は、電波がない場所でも衛生システム・みちびきを経由して安否確認や避難所運営ができるもので、そのデモンストレーションも実施された。

    三菱自動車をカスタムしたオーバーランドスタイル

    三菱自動車をカスタムしたオーバーランドスタイル。

    ミニキャブ・ミーブをキャンピングカーにカスタム

    商用車「ミニキャブ・ミーブ」をキャンピングカーにカスタム。

    同じく運営本部周辺では、三菱自動車が販売するクルマを一挙展示。中には、キャンプイベントにちなんでカスタムされたものもあり、ルーフトップテントやカーサイドオーニングを装備したものなども登場した。

    ブース横に置かれた高性能の天体望遠鏡

    ブース横に置かれた高性能の天体望遠鏡。

    新商品や望遠鏡以外の商品を展示

    新商品や望遠鏡以外の商品を展示。

    総合光学メーカーのビクセンブースでは、新商品を体験できたり、望遠鏡づくりができるワークショップを開催。夜には星空案内人による星空観察会も行われ、少し曇りがあったものの一部見えた星に子供たちは目をキラキラと輝かせていた。

    デリカにオフロードタイヤを装備した展示車両

    デリカにオフロードタイヤを装備した展示車両。

    タイヤメーカーのトーヨータイヤブースでは、悪路や不整地も安心して走れるオフロードタイヤを展示。その隣では、親子で楽しめる的あてを展開し、楽しみながらタイヤのプロと情報交換できる機会が設けられていた。

    キャンプも遊びも大充実の2日間

    青空の下で行われたステージイベント

    青空の下で行われたステージイベント。

    ふもとっぱらにて久しぶりに開催されたスターキャンプは、大人から子供まで笑顔に満ち溢れたイベントだった。また、新車の試乗会やカスタムカーの展示など、同社のアウトドアへの取り組みも間近で見られた貴重な機会にもなった。次回はどんなコンテンツが出るのが、今から楽しみだ。

    スターキャンプ 公式ページ
    https://www.mitsubishi-motors.co.jp/carlife/star-camp/index.html

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 イベント・フェス 』新着編集部記事

    米沢牛や松茸の豪華BBQも味わえる!アウトドア婚活イベント「恋の収穫祭」、10月8日山形県高畠町にて開催

    2022.09.30

    ヨックモックのサブレでスモア!?3日間限定「グランモックスタンド in WILD MAGIC」オープン

    2022.09.22

    環境マンガ家・本田亮さんのオリジナル作品「武器と楽器」がイケシブアートウォールに登場!

    2022.09.21

    海女文化を継承する漁村「安乗」で11月に開催…野外フェス「あのり拍子-anorhythm-」

    2022.09.21

    「名古屋キャンピングカーフェア2022 AUTUMN」で気になったカ―&グッズ7選

    2022.09.18

    「PARCO OUTDOOR PARK」開業1周年!9月16日からイベントが始まる

    2022.09.14