人気の白ビール「ヒューガルデン」にノンアルコールが登場。渋谷キャストで秋季限定のビアガーデン開催中! | イベント・フェス 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル

人気の白ビール「ヒューガルデン」にノンアルコールが登場。渋谷キャストで秋季限定のビアガーデン開催中!

2022.09.09

ノンアルコール製品「Hoegaarden0,0(ヒューガルデン ゼロ)」、スーパーや量販店で販売中。

女性にも人気の「ヒューガルデン」の0,0が、いよいよ日本上陸

世の中、健康のためというより、「酔いたくない」ためにアルコールフリーを選ぶ人が増えている。これは欧米で先行する現象だが、飲めるけどあえて飲まない「ソーバーキュリアス」というライフスタイルが若者を中心に広がっている。日本でもコロナ禍を通じて着々と増えているようだ。

 BE-PAL読者にしても、酔わずにおいしいノンアルコールは常にウエルカムではないだろうか。先日、白ビール界では屈指の人気を誇るベルギーの「Hoegaarden(ヒューガルデン)」のノンアルコール製品「Hoegaarden0,0(ヒューガルデン ゼロ)」の日本販売が始まった。

「ヒューガルデン」はベルギーの首都ブリュッセルからクルマで1時間ほど東のヒューガルデン村で生まれたビール。現在の販売元、アンハイザー・ブッシュ・インベブ・ジャパンによると、1445年に村の修道士たちがつくり始めた。修道士たちはさまざまなレシピを試行錯誤し、オレンジピールとコリアンダーシードの組み合わせを発見。それが現在に至るヒューガルデンの原型になっている。さわやかでフルーティー。オレンジビールの柑橘の香りと、コリアンダーのスパイシーな香り。自然なほろ苦さと甘みの絶妙なバランスに喉が鳴る白濁のビールだ。

「ヒューガルデン ゼロ」は、元の白ビール「ヒューガルデン ホワイト」からアルコールを抜く脱アルコール製法でつくられている。グラスから立つ香りはヒューガルデンに近く、元のヒューガルデンよりさらに飲みやすく、甘めに仕上がっている。これなら、キャンプやハイキングに車で出かける人も安心。よく冷やして飲むのがおすすめだ。できればクーラーボックスにグラスも冷やして持っていこう。

青空が似合う「ヒューガルデン ゼロ」で食欲の秋を始めよう

 「ヒューガルデン ゼロ」の日本発売と合わせて、東京渋谷の渋谷キャストで、10月16日(日)まで、ビアガーデン「Hoegaarden  BEER GAARDEN」(ヒューガルデン ビア・ガルデン)がオープンしている。

渋谷駅からすぐの明治通り沿い渋谷キャスト ガーデンで、10月16日までビアガーデン開催中。

ドリンクメニューには「ヒューガルデン ゼロ」や「ヒューガルデン ホワイト」「ヒューガルデン ロゼ」をはじめ、アンハイザー・ブッシュ・インベブの取り扱いブランドの「バドワイザー」や「コロナ エキストラ」「グースアイランドIPA」、さらにはヒューガルデンを使ったカクテルがラインナップされている。ヒューガルデンのホワイトとロゼはドラフトだ。

さわやかでフルーティーな味わいは食中酒にもおすすめ。フードメニューは、定番のソーセーゾ盛り合わせやフレンチフライ、ベルギー名物の蒸したムール貝から、コリアンダー焼きそば、バスクチーズケーキと、前菜からデザートまでカバー。ヒューガルデンの懐の深さを感じさせる。特にオレンジピールの柑橘系の酸味はトマトソースの酸味とよく合うとのこと。

ノンアルコールの「ヒューガルデン ゼロ」はバーベキューにももってこい!

平日の12時〜15時のランチタイムには、「ヒューガルデン ゼロ」を先着100杯、無料サービスの「フリーアワー」を開催している。秋空の下、白ビールのノンアルコールの味と料理の相性を一度、こちらのビアガーデンでチェックしてみてはいかが? アウトドアに出かけたときも、コレが1本あるとグッと雰囲気が華やぎそうだ。 

【ヒューガルデン ビア・ガルデン】
開催時期 2022年10月16日(日)まで
開催場所 渋谷キャスト ガーデン(東京都渋谷区渋谷1丁目23−21)
営業時間 12時〜21時45分(平日) 13時〜21時45分(土日祝)

取材・文/佐藤恵菜

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 イベント・フェス 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。