絶景とアスレチックを楽しむ!「ドラゴンキャッスル」オープン | ニュース 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 絶景とアスレチックを楽しむ!「ドラゴンキャッスル」オープン

    2022.08.07 小浜みゆ

    2022年8月8日(月)にグランドオープンする「ドラゴンキャッスル」。

    富士山が見える自然豊かな箱根西麓エリア。日本一長い大吊橋「三島スカイウォーク」に続く、新しい施設が202288日(月)にグランドオープンします!芦ノ湖や箱根でキャンプをした後に家族で行きたい、巨大な天空タワーアスレチック「ドラゴンキャッスル」をレポートします。

    標高約510mに佇む竜の城!?「ドラゴンキャッスル」とは

    六角形の巨大なアスレチック。

    ドラゴンキャッスルは三島スカイウォークを運営する株式会社フジコーが手がけた高さ18m、幅32mの巨大な六角形のアスレチック。ジップラインが人気の三島スカイウォークは屋外で遊べるためコロナ禍でも若い世代を中心に多くの人が訪れ、そのアスレチック運営技術を活用して「ドラゴンキャッスル」の開業へと至りました。

    難易度別にさまざまなアスレチックを楽しめる。

    名前の由来は一つ目が静岡県三島市の史跡・山中城址公園に隣接し、見た目が城に似ていること。二つ目が山中城に伝わる田尻池の竜伝説にちなみ、「ドラゴンキャッスル」と命名されています。グランドオープンに先駆け、現在は202282日(火)よりプレオープン中。

    ドラゴンキャッスルへのアクセスは箱根峠より国道1号線を通って車で約10分。標高約510mに位置し、街中より涼しい気温の中アスレチックを楽しめます。チケットはオンラインで事前購入もしくは当日購入。時間指定制のため、事前予約をしておくと待つことなくスムーズに入場できます。

    コースはアスレチックコースとキッズコースの2種類。別料金で展望台「天空回廊」の利用も可能。

    コースはアスレチックコース(高校生以上の大人税込4,000円、中学生以下の子ども税込3,000円)とキッズコース(税込2,000円)の2種類。どちらも安全講習時間含めて60分制です。

    92ものアスレチックで遊べる「アスレチックコース」。

    アスレチックコースは身長125cmから、中学生以下は18歳以上の保護者同伴プレイ(有料)で利用可能。1層目が302層目が303層目が32の合計92ものアスレチックで遊べます!

    低層で安心して楽しく遊べる「キッズコース」。

    キッズコースは高さ約1mの階層で楽しく進める低難易度のコース。保護者も手を差し伸べられるので、アスレチックデビューにもおすすめです。付き添いの保護者は無料。身長100cm以上、140cm以下、体重40kg以下が対象です。

    絶景を見ながら楽しむ!アスレチックコース

    荷物を預ける無料ロッカー(100円返却式)。

    現地で受付をした後はスマートフォンなど落下の恐れがある荷物は安全上の理由でロッカーに預けます。服装は動きやすいパンツスタイルと運動靴が基本で、サンダルやヒールはNGです。

    絶対に片方どちらかは外れない仕組みのハーネス。

    予約していた時間になったらハーネスをつけ、安全講習へ。ここでハーネスの取り扱い方法を学びます。金具を両方をセットしないと片方がとれない仕組みなので、両方外れることはなく安心です!

    ブルー(初級)、レッド(中級)、ブラック(上級)から自分で選んで進める。

    いよいよアスレチック体験スタート。ドラゴンキャッスルは自分で自由に進めることも特徴です。その時の参考になるのがカラーの目印。ブルー(初級)、レッド(中級)、ブラック(上級)と色分けされているので、自分のペースと技術に合わせて選択できます。進んでみると、ゆらゆらと揺れて最初はやっぱり怖い……。でも慣れてくると進むのがどんどん楽しくなります。「ダメかも」と思っても進めた時には達成感がすごい!

    サーフィンボードで進むアスレチック。

    ドラゴンキャッスルの面白いポイントがユニークなアスレチック!ワイン樽が並んでいたり、サーフィンボードに乗って進んだり、見た目も攻略するのも楽しい遊具が盛りだくさんです。

    15cm幅の鉄骨を進み、鐘を鳴らす!

    高さ約13m3層目には15cm幅の鉄骨を3.6m歩き、先頭にある鈴を鳴らすというチャレンジスポットも。じわりじわりと進み、成功すると「ナイスチャレンジ!」と大きな拍手で包まれます。

    天空のテーブルで一休み。落ち着かないかも?笑

    3層目にあるテーブル&ベンチは最高の絶景スポット。駿河湾や三島市などの街並みを一望できます。揺れる赤いロープに足をかけて進み、辿り着くまでがドキドキ!

    写真提供:ドラゴンキャッスル

    景色を楽しみたい人はドラゴンキャッスル最上階の展望台「天空回廊(税込400円)」でゆったり過ごすのもおすすめ。富士山も見える絶好のスポットです。

    クライミングツリー 税込1,000円(キッズコースには含まれています)

    また、本物のトウヒの木を使用しているクライミングツリーにも挑戦を。高さ約10mで、自然に育った枝をそのまま活用しています。難易度の異なる2本のクライミングツリーにのぼり、頂上の鐘を鳴らしましょう!対象は身長100cm以上、体重20kg以上、120kg以下です。

    クルマで約3分!「三島スカイウォーク」へ

    写真提供:三島スカイウォーク

    ドラゴンキャッスルとセットで楽しみたいのが車に乗って約3分で到着する「三島スカイウォーク」。全長400mの日本一長い吊橋で、往復560mのロングジップスライドや森の中のアスレチックでも遊べます。

    そらソフト(税込500円)

    ドラゴンキャッスルはグルメがキッチンカーのみのため、三島スカイウォークで食事をするのもおすすめです。吊橋を渡った人だけが食べられる「そらソフト」はクリーミーな濃厚バニラだけど後味さっぱり!空色はバタフライピーなど天然着色料で表現。富士宮の牧場「いでぼく」の希少なブラウンスイス種の牛乳を使用しています。

    箱根西麓エリアにオープンする新たなレジャースポット「ドラゴンキャッスル」。ワクワクドキドキしながら身体を動かし、家族みんなで楽しめるスポットです。箱根や静岡の自然とともに、最新アクティビティを体験してみて下さいね!

    ドラゴンキャッスル
    住所:静岡県三島市山中新田123-1
    HP:https://www.dragon-castle.jp/

    私が書きました!
    女子旅ライター
    小浜みゆ
    神奈川県在住の旅ライター。素敵な旅行先を求めて、全国どこへでも飛んでいきます。横浜、神戸、広島、福岡での在住経験があり、国内旅行は47都道府県ほぼ制覇。グランピングや料理が好き。

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 ニュース 』新着編集部記事

    おすすめのペグケース11選!タイプ別に特徴とメリットを解説

    2023.02.05

    高機能素材「ゴアテックス」とは?優れた機能性とおすすめウェアを合わせて紹介

    2023.02.04

    2023年3月11日(土)~3月12日(日)南房総で「Miso Camp」参加者募集中!

    2023.02.03

    【パルパーク・ プロジェクト】北九州市山田緑地 恒例『森の焚き人』 養成講座(第4回)開催!

    2023.02.02

    自転車のサビを落とす方法は?軽度から重度まで、パーツごとに分けて解説

    2023.01.30

    冬のアウトドア・キャンプを楽しむには?防寒対策やギアを紹介

    2023.01.26

    z