見て、触れて、嗅いで…時間が許すまで木を存分に体感できる東京・台東区の「WOODWORK」 | アウトドアショップ・自然派の店 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • アウトドアショップ・自然派の店

    2023.08.13

    見て、触れて、嗅いで…時間が許すまで木を存分に体感できる東京・台東区の「WOODWORK」

    image

    木の香りに包まれる幸せを実感できるカフェ&家具店

    木の家具が並ぶガラス張りのカフェ。前を通りかかるとついつい寄り道したくなる。

    「家具屋って用事がないと入りにくいですよね。気軽に足を運んでもらえるように、店の一部にカフェをオープンしました」

    カフェで実際に木の椅子に座り、触れてもらうことで木の良さを感じてもらえたら、という想いもある。ここの家具はデザインから製作まで、ほぼすべてがオリジナル。地下には工房があり、出入りする職人さんを見かけることも。「この人がこの椅子を作ったのかな?」と考えると、妙に親近感が湧き、話を聞いてみたくなる。

    「ご希望があれば工房を案内することもできますよ」と「WOODWORK」代表&デザイナーの藤本雅也さん

    1本の木が家具に生まれ変わるまでのストーリーを聞けるのも、この店ならではの魅力だ。

    カフェではコーヒーを飲みながら木の家具を試せる。

    image

    家具のほとんどは樹種から選ぶことができる。無垢の一枚板天板も扱う。

    image

    部屋を彩る観葉植物(¥1,980〜)や木の雑貨も販売。

    image

    代表でありデザイナーの藤本雅也さんは、クライミング歴15年のアウトドア派。「工房の職人も店舗のスタッフもみんなが作り手です」

    「WOODWORK」の木の道具

    ぱたむテーブル

    image

    image

    image

    天板は2枚の板を蝶番で留めたものを2組、革紐で連結してあり、写真のようにたためる。長さは2mまでオーダー可能。

    ぱたむスツール 

    image

    フレームの樹種はウォールナット、チェリー、ナラ、タモから選べる。シートは5色で交換できる。

    kittaki
    カッティングボード

    image

    端材を活用したボード。耳付き、形、樹種などは一期一会。真鍮のフックを搭載し、かけて収納できる。

    image

    WOODWORK(ウッドワーク)

    住所:東京都台東区台東4-14-8-1階
    電話:03(3833)2797
    営業時間:11:00~18:00(カフェ〜17:00 LO16:30) 
    定休日:火・水曜

    ※構成/大石裕美 撮影/西山輝彦 (BE-PAL 2022年7月号より)

    NEW ARTICLES

    『 アウトドアショップ・自然派の店 』新着編集部記事

    Helinox初の海外直営店「Helinox Creative Center Tokyo」で1周年イベント開催! 

    2024.06.02

    キャンプ用品買取店のおすすめ11選!高く売るコツも解説

    2024.05.22

    NANGA初となる布団専門の店舗「NANGA FUTON SHOP」がオープン!

    2024.05.04

    祝OPENで行ってきた!「スノーピーク 鹿沼キャンプフィールド & スパ」完全ガイド

    2024.04.17

    コストコに入店できる人数を徹底解説!東京近郊の店舗もチェック

    2024.03.22

    昭島アウトドアヴィレッジとは?体験型の商業施設を徹底解剖

    2024.03.17

    ゴールドウインの新店舗「PLAY EARTH PARK WONDER STORE 都立明治公園」はグッズレンタルでも遊べる!

    2024.02.10

    ソロたこ焼き、ユニークな充電器…全国のアウトドアショップバイヤーに聞いた「2024年これがくる!」

    2024.01.01