アウトドアのテーマパーク「WILD-1」で秋キャンプのギアを見つけよう! | アウトドアショップ・自然派の店 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル

アウトドアのテーマパーク「WILD-1」で秋キャンプのギアを見つけよう!

2022.08.18

image

過ごしやすくなるこれからの季節を見越して、次のキャンプギアを探しに行きませんか? ビギナーも楽しく過ごせるのは、豊富な品ぞろえを誇る大型店。アウトドア好きのテーマパークといえる、注目の大型店をご紹介します。

気軽に入れるのが魅力!
アウトドア初心者が安心して通える、王道ショップが健在です

THEME PARK STYLE #07

WILD-1(ワイルドワン)デックス東京ビーチ店

東京都港区

image

1984年に1号店をオープンして以来、今やキャンパー御用達の店といえばWILD-1。そのなかで、都内でも珍しい大型店がデックス東京ビーチ店だ。

「店舗周辺の自然環境に合わせて店ごとに品揃えに特徴があります。ここは都心のど真ん中なので、アウトドアへの入り口となるよう、オールマイティな品揃えがウリ」(御筆さん)

定番ブランドから「テンマクデザイン」などの自社ブランドまで充実しているほか、スノーピーク&ティムコとコラボし、キャンプとフィッシングをコンセプトとした「スノーピークストア」も店内に併設。釣りの愉しみや釣果などを紹介するスタッフレポが好評だ。

「代表的なテントは組み立てた状態で展示しています。ときには同じブランドのモノを並べて比較できるようにしたりと、さまざまな工夫を凝らしているので、ぜひ、チェックしてみてください!」(雄鹿さん)

観光がてらにお越しあれ!

image

左:店長 御筆宏士さん キャンプ歴15年のベテラン。バイクでのキャンプツーリングにハマり中。キャンプ場勤務の経験から知識も深い。 右:キャンプ担当 雄鹿裕樹さん キャンプギアに精通し、常に新製品をチェック。最近のお気に入りは、ロボットのように変形する『フラットカート』。

目的のアイテムがすぐ見つかる店内

image

機能ウェアから、日常使いもOKなカジュアルウェアやシューズも勢揃い。

image

釣り具全般を扱うのはもちろん、防水バッグやウェーダーまで、イチから揃う。

image

テンマクデザインの推しは、『YARI』。同ブランドのギアが見られるのはWILD-1だけ。

ULからファミリー用まで幅広くフォロー!

エバニュー/Tiアルコールストーブ
¥4,400

ALC.Bottle w/Cup 60mL 
¥495

image

34gと超軽量なチタン製。新発売のアルコールボトルがあれば燃料の携行も楽。キャップが軽量カップを兼ね、燃料計算もできる。

コールマン/リチャージャブル ハンギングランタン
¥4,980

image

片手で吊るせるハンドルがGOOD。LOWモードでは最大40時間連続点灯可能。USBケーブル付きでスマホへの充電ができるのも便利だ。

グリップスワニー /ギアポケットTEE3.0 
¥5,390

image

WILD-1限定カラーは入荷即完売となる人気モデル。スマホやカギが入るジッパー付きのポケットがアクセント。メンズM、L、XLがある。

HANAOKA/フラットカート2×4
¥13,200

image

image

四輪で耐荷重は120kgと、大型の荷物も安心。2輪にも変形可能でシーンに合わせて使い分けできる。たたむと厚みは、わずか13cmに。

WILD-1 デックス東京ビーチ店

image

住所:東京都港区台場1-6-1
デックス東京ビーチ・アイランドモール5階
電話:03(3599)5311
営業時間:11:00〜20:00(土・日・祝日は10:00~)
定休日:不定休
※最新情報はHPをご確認ください。
https://www.wild1.co.jp/

※構成/大石裕美 撮影/西山輝彦

(BE-PAL 2022年7月号より)

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 アウトドアショップ・自然派の店 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。