キャンプサイトに最適!シンプルながら収納力バツグンのフィールドデスク | テーブル 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • テーブル

    2022.07.12

    キャンプサイトに最適!シンプルながら収納力バツグンのフィールドデスク

    機能性とデザインを兼ね備えたギアを数多くリリースしているアウトドアブランド「QUICKCAMP」(クイックキャンプ)から、キャンプサイトには最適な「アーミーフィールドデスク」が登場。シンプルなデザインながら収納機能も充実し、使い勝手の良いアイテムだ。

    3段階の高さ調節と多様なアレンジが可能な収納

    「アーミーフィールドデスク」は、延長パーツを使用することで、ロースタイル(40cmか50cm)、ハイスタイル(70cm)、キッチンテーブル(80cm)の3WAYスタイルを実現。ロースタイル以外で使用する際は、脚部分に付属のサイドバーを取り付けることができ、ぐらつきを防ぐだけでなく、シエラカップやキッチンペーパーなどの小物を掛けるなど、シーンに合わせてアレンジ可能だ。

    高さは3段階で調節可能。

    高さは3段階で調節可能。

    デスク下には、ハーフサイズのメッシュのポケット付きストレージ(収納)を搭載し、用途に合わせて右側、左側、どちらにも取り付けつることが可能。中敷きも付いており、5kgまでの荷物であれば安心して入れることができる。また、開閉用のファスナーがついており、状況によってはロールアップしてオープンで固定することも可能だ。

    用途に応じて多様なアレンジができるストレージ。

    用途に応じて多様なアレンジができるストレージ。

    カラーは、深みのあるオリーブグリーンを採用。シンプルなデザインなので、キャンプサイトはもちろん、自宅などのワークスペースでも活用できる。

    また、同色の「ミニフィールドテーブル ハーフメッシュ」も登場。メラミン加工のMDF板とスチール素材のメッシュというハーフ&ハーフの天板で、メッシュ部分は熱を加えたスキレットなども直に置くことも可能。キャンプサイトでちょっとした小物などを置くテーブルとして重宝する。

    ハーフ&ハーフの天板を採用した「ミニフィールドテーブル ハーフメッシュ」。

    ハーフ&ハーフの天板を採用した「ミニフィールドテーブル ハーフメッシュ」。

    アーミーフィールドデスク

    • 展開サイズ:幅120×奥行60×高さ40-50-70-80cm
    • 収納サイズ:幅60×奥行60×高さ7cm
    • ストレージサイズ:幅48×奥行55×高さ22cm
    • 重量:5.5kg
    • 耐荷重:天板/30kg、ストレージ/5kg
    • 構造部材:天板/MDF(メラミン加工)、フレーム/アルミ、ストレージ/ポリエステル
    • 価格:オープン価格 (参考価格:11,000円)

    ミニフィールドテーブル ハーフメッシュ

    • 展開サイズ:幅60×奥行40×高さ27-34.5cm
    • 重量:1.4kg
    • 耐荷重:5kg
    • 構造部材:天板/MDF(メラミン加工)・スチール、フレーム/アルミ、ストレージ/ポリエステル
    • 価格:オープン価格 (参考価格4,620円)

    https://quickcamp.jp/

    NEW ARTICLES

    『 テーブル 』新着編集部記事

    薄型バーナーも“タフまる”も設置できるって!「Alpen Outdoors アルミユニットテーブル」

    2024.04.22

    ヘリノックスのテーブル5選|軽量、コンパクトで持ち運びラクラク

    2024.04.06

    バーベキューテーブルのおすすめ7選!選び方や3つの種類も解説

    2024.03.30

    スノーピークのテーブルおすすめ5選!多彩な人気モデルを一挙紹介

    2024.03.24

    ogawa(オガワ)/タフメッシュテーブル 

    2024.01.16

    Onway(オンウェー)/イージーハイテーブル

    2024.01.16

    TiNY(タイニー)/テーブル 

    2024.01.16

    ogawa(オガワ)/ロールテーブルM  

    2024.01.16