キャンプに!山に!SOTO「アルミクッカーセット」の4つの魅力 | 調理器具・食器 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • キャンプに!山に!SOTO「アルミクッカーセット」の4つの魅力

    2022.04.05

    筆者私物。

    シンプルで使い勝手の良い「アルミクッカーセットM SOD-510」

    SOTOから発売されている、「アルミクッカーセットM SOD-510」。容量1000ml/500mlの2種類のクッカーが組み合わさったセットです。

    湯沸かし、炊飯、調理など、幅広い用途で使用できる利便性を持ちながら、2900円と手頃な価格が魅力のこちらの商品。筆者は、初心者キャンパーに特におすすめしたいと考えています。

    本記事では「アルミクッカーセットM SOD-510」(以下、アルミクッカーセットと記載)の魅力と、おすすめの使用方法をご紹介します。

    「アルミクッカーセットM SOD-510」のおすすめポイントをご紹介

    筆者が使用して感じた、「アルミクッカーセットM SOD-510」の魅力をご紹介します。

    持ち手が熱くならない

    ゴム加工で熱伝導を抑えています。

    アルミクッカーセットは、持ち手が熱くならないように、ゴムで加工されています。

    クッカーは湯沸かしや炊飯を使用目的とすることが多いので、火にかけても持ち手が熱くならないのは、嬉しい点です。

    ただし、持ち手のゴム部分が直接火に当たったり、あまりにも温度が上がりすぎたりすると、溶ける可能性があります。使用時には、火と持ち手との距離に注意しましょう。

    汚れが落ちやすい

    筆者は1000mlのクッカーを主に炊飯用として使用しています。炊飯後、内部に米の焦げ付きが残ることがありますが、洗えば簡単に落ちます。

    使用後30分〜1時間ほど水につけておき、洗剤で擦り洗いをするだけで綺麗になります。

    筆者は炊飯用として20〜30回ほど使用していますが、ほぼ汚れは残っていません。

    20〜30回ほど炊飯に使用しているクッカーですが、少し焦げ付きが残っている程度です。

    その他にもすす汚れや、肉の油汚れなども、簡単に落ちるのが毎回使っていて感じる嬉しいポイント。

    調理器具は汚れが落ちにくいと、洗い物をする際に毎回大変な思いをします。しかしこのアルミクッカーセットでは、比較的簡単に汚れが落ちるので、ストレスフリーで洗い物をすることができます。

    ガスストーブ「アミカス」が収納できる

    こちらの「アミカス SOD-320」とOD缶を収納できます。

    このクッカーセットは、同じくSOTOから発売されているストーブ「アミカス SOD-320」と、OD缶を収納できるサイズになっています。

    アミカスもこのクッカーセットもコンパクトで、手軽に持ち運ぶことができるため、ツーリングやハイキングなどに持っていく方も多いようです。

    ピッタリ入ります。

    アミカス、OD缶、クッカーセットがあれば、お湯を沸かしてコーヒーを飲むことができます。ツーリングやハイキングの休憩で、自分で入れたコーヒーを飲めば、いつもと一味違った味わいを感じられます。

    炊飯や汁物にちょうどいい!

    いつかのキャンプで作ったタコ飯。美味でした。

    筆者は毎回1000mlのクッカーにお米を入れ、500mlのクッカーを蓋として使用して炊飯を行なっています。

    炊飯後は500mlの容器でお湯を沸かし、味噌汁やスープを調理しています。

    アウトドアでの料理とはいえ、食事の際には、お米と汁物を用意したいという方は多いのではないでしょうか。

    何を隠そう筆者も、食事の際はお米と汁物が必須なタイプです。そのため、アルミクッカーセットがサイズ的にお米と汁物の調理に適している点も、大変気に入っています。

    炊飯であれば約1.5合、汁物も400ml程度作ることができます。分量としてはソロキャンプ〜2名までのキャンプにちょうど良いサイズかと思います。

    全てにおいてちょうどいい「アルミクッカーセットM SOD-510」

    おすすめポイントが沢山ある「アルミクッカーセットM SOD-510」。使用していて特に優れていると感じるのは、どの場面でも使用できる”オールラウンダー性”。

    持ち運びの便利さ、使い勝手の良さ、調理に使用する際のサイズ感など、全てにおいて満点だと感じています。

    バーナーまで収まる収納力。使用時に助かる、持ち手のゴム加工の利便性。一人でも二人でも使用できるサイズ感など、多くのシチュエーションに対応できるアイテムです。

    多くの場面に対応できる商品だからこそ、用途がハッキリしていない方にもおすすめできます。

    「なんとなく調理の際にあると便利そう」といった動機で購入された方でも、使っていくうちに自分にあった使い方が見つかると思います。

    アウトドアの選択肢を1つ増やしてくれる「アルミクッカーセットM SOD-510」。ぜひ使用してみてください。

    SOTO ソト
    アルミクッカーセットM SOD-510

    【クッカー大】
    サイズ:直径130x深さ100mm
    容量:1,000ml
    重量:126g(本体のみ)
    材質:アルミニウム

    【クッカー小】
    サイズ:直径120x深さ60mm
    容量:500ml
    重量:77g(本体のみ)
    材質:アルミニウム


    私が書きました!
    アウトドアライター
    瀬川あずま
    キャンプが趣味のアウトドアライター。時間や場所に縛られず働くことを目標にライターを始め、現在はアウトドアや健康系の記事を主に執筆。休日は趣味に奔走するため、外にいる時間が長い。

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 調理器具・食器 』新着編集部記事

    切ってそのままテーブルに!食器としても使えるロゴスの竹製まな板が発売

    2022.09.29

    格安ピザ焼き器を手に入れよう!マルカ「らくらくピザ焼き」を徹底レビュー

    2022.09.29

    2枚同時に焼ける!キャプテンスタッグ「ダブルサンドトースター」をレビュー

    2022.09.26

    キャンプでおすすめのスープジャーを紹介!選び方や注意点もチェック

    2022.09.25

    【新作】ナチュラルカラーがかわいい!おしゃれキャンパー必見のBRUNO「カセットコンロスリム」

    2022.09.20

    メスティンが「映える」!『BE-PAL』オリジナル・桜材のメスティントレイ

    2022.09.19