お義父さんの山。人生初焚き火[読者投稿記事] | 焚き火道具 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル

お義父さんの山。人生初焚き火[読者投稿記事]

2021.06.17

先日、義理の母に義理の父の山を見せてもらいました。妻の実家で山を持っているという話は知っていましたが、実際に見せてもらったのは初めてでした。
10年前に他界してしまったお義父さんですが、よく手入れされていて、年月が経っていましたが十分それは分かりました。

母は「山遊び」といつも愚痴混じりで話してましたが、それがどういったものだったのか少しわかった気がします。朽ち果てた手製のコッドの跡(それがコッドだと後日知る)、石で組んだ火床、半分に切ったドラム缶…。
倒れた木も、流れる小川も、並んだ木々も、雑木林と呼べばそれまでですが、そこには浪漫が溢れていました。

焚き火台は、YouTubeやテレビで見たキャンプに憧れて買ったピコグリル(を模したもの)になります。お試しのつもりで買いましたが、軽くて頑丈でお気に入りとなってしまいました。

今度子供達を連れて行く予定です、お義父さんの山に。



※こちらの記事は過去の読者投稿によるものです。

moryさん

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 焚き火道具 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。