ジオンの滝にて、防滴ミニバッグ 2WAY仕様に気付く[読者投稿記事] | バックパック・バッグ 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル

ジオンの滝にて、防滴ミニバッグ 2WAY仕様に気付く[読者投稿記事]

2019.09.03

ジオンの滝って、ジオン軍の滝ではないですよ。
でも、すぐ側の「道の駅慈恩の滝くす」の自動販売機では、シャアのイラストの飲み物が売ってるけどね(^^)

ジオンの滝は、『慈恩の滝』と書きます。
マイナスイオンが半端なく、更に滝の裏側を歩くことができます。
滝の轟音と水しぶきが凄くて、滝の裏側通過後には凄いことになってます。
そこで、 コールマン × BE-PAL 防滴ミニバッグ の登場です。
『見せて貰おうか、コールマン × BE-PAL 防滴ミニバッグ の性能とやらを …』

濡れさせたく無いものを詰め込みます。
今日は、雨続きの後だったため、水量が多く頭から雫が落ちて来るほどに濡れましたが、防滴ミニバッグの中は、大丈夫でした!
持ってきてたタオルで、頭や腕を拭いた後、この濡れたタオルどうやって持って帰ろうと思ってたのですが、防滴ミニバッグがあることに気付き、濡れたタオルを入れました。
大切なものを濡らさないようにする使い方や、濡れた物を入れて周りを濡らさないようにする使い方。
逆転の発想からきた、2WAY仕様。

今日は、マイナスイオンを沢山浴びることができたので、十分リフレッシュできましたよ。



※こちらの記事は過去の読者投稿によるものです。

けいすけさん

福岡県で薪ストーブのある家に住んでいます。
ソロキャンデビューの弟を見守り中。
もうすぐ独り立ちできそうです!

ホーボージュンさんのような旅に憧れてます。

今年の目標
昨年は決行出来なかった、「九州縦断(北九州→鹿児島) & 鹿児島にてキャンプする!」を実現できるといいなぁ

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 バックパック・バッグ 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。