いしや?きいも? おいも♪[読者投稿記事] | 料理・レシピ 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル

いしや?きいも? おいも♪[読者投稿記事]

2019.11.07

実家から、サツマイモ収穫したよ〜と連絡が入ったので、いただきに(^^)

ついでに庭で、石焼き芋を作りました。

焚き火台とダッチオーブンとグローブ、偶然にもどれもロゴスのだった。
特にメーカーに拘ったりはしてないんだけどね。
ダッチオーブンは、20年ものです。
まだまだ現役!

ダッチオーブンを吊るしているトライポッドは、自作です。
自作と言っても、鉄筋3本とOリングとチェーンのみで加工は一切無し。
Oリングに鉄筋3本を通して、脚を開いて形を整え、Oリングずり落ち防止のために、チェーンでOリングを縦横と巻きます。(これだけでロックが掛かり、ダッチオーブンを吊るしてもびくともしません。)

石は、黒い玉砂利がベストなんだろうけど、近くのホームセンターには置いてなかったので、園芸用の角の丸い砂利で代用。
それでも、十分美味しく焼けました(^^)

とても美味しかったので、追加注文が…

【レシピ】と言うほどのものでもないけど
①砂利は良く洗い、水分を拭き取ります。
②ダッチオーブンの底に敷き詰めます。
 (石が2重になるくらい敷き詰めました)
③蓋をして30分ほど空焼きします。
④熱せられた石の上に、芋を並べます。
 (芋を石で埋めてしまうレシピもあるけど、そうすると芋を取るときに、潰れてしまうので、僕は、石の上に乗せる方法で焼いています。)
⑤50分ほどで、美味しい石焼き芋の出来上がりです。
※石に埋めない代わりに、ダッチオーブンの蓋の上に炭を乗せてみました。
途中、蓋を開けて焼け具合を見ても大丈夫です。
簡単で、本格石焼き芋ができるので、これからの季節、焚き火ついでにいかがですか。


※こちらの記事は過去の読者投稿によるものです。

けいすけさん

福岡県で薪ストーブのある家に住んでいます。
ソロキャンデビューの弟を見守り中。
もうすぐ独り立ちできそうです!

ホーボージュンさんのような旅に憧れてます。

今年の目標
昨年は決行出来なかった、「九州縦断(北九州→鹿児島) & 鹿児島にてキャンプする!」を実現できるといいなぁ

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 料理・レシピ 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。