キャンプやサーフィンに!この焚き火台、風を防いでメラメラですっ!! | 焚き火道具 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル

キャンプやサーフィンに!この焚き火台、風を防いでメラメラですっ!!

2022.01.08

焚き火台

傾ける角度によって、暖房用のWindモードと、調理用のノーマルモードに切り替えできる焚き火台「Flame in the Wind」。風に強い構造なので、キャンプ場でも浜辺でも安心して焚き火や調理が楽しめる。

焚き火台

キャンプの夜は焚き火を見つめてほっこり。

焚き火台の風よけ問題を解決!

キャンプの楽しみのひとつが焚き火だ。焚き火台を組み立てて火を起こし、燃え上がる炎に心踊る人も多いはずだ。

焚き火台の他に風よけの幕やリフレクターなどを用意すれば、風対策は万全だが、キャンプの荷物は多すぎないほうがラクでもある。

そこでおすすめしたいのが、風向きに対して焚き火台の位置を変えるだけで風よけになり、焚き火にも調理にも使える焚き火台「Flame in the Wind」だ。3つのパーツを組み立てるだけの手軽さもうれしい。

焚き火台にフライパンをのせてステーキを焼いている

ノーマルモードでは風に煽られることなく調理ができる。

キャンパーだけでなくサーファーにもおすすめ                             

サーファーにとっても、サーフィン前後に暖をとるために、そして休憩中に暖かい飲み物をつくるために焚き火は必須。風の強い浜辺での焚き火に「Flame in the Wind」は最適だ。

海の日没風景と焚き火

風を取り込むことで燃焼促進も可能。

「Flame in the Wind」製品概要

  • スタンド無し:50,000円 スタンド有り:56,000円※予定価格
  • 素材はステンレス鋼材(SUS304)
  • メインシェルの直径:210mm 長さ:400mm
  • スタンド単体の長さ:250mm 高さ:68mm 奥行き:168mm
  • スタンドにセットした全体高さ:263mm
  • 重量:5kg

焚き火台

3つのパーツからなるシンプルな構造。

焚き火台

本体のサイズ。

購入は応援購入サービスMakuakeから

焚き火台Flame in the Windは、「障がい者就職支援施設なごみ」においてアウトドアガレージブランド「CYRUS9(サイラス ナイン)」を展開する株式会社NAGOMIの製品だ。応援購入サービスMakuakeにて2021年12月23日(木)から予約受付を開始している。

Makuakeページ

https://www.makuake.com/project/cyrus9/

株式会社NAGOMI

http://nagomi-kyoto.biz/

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 焚き火道具 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。