冬キャンプの寒さ対策は、やりすぎくらいがちょうどいい!「重ね着」で最も重要なのは… | アウトドアウェア 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 冬キャンプの寒さ対策は、やりすぎくらいがちょうどいい!「重ね着」で最も重要なのは…

    2021.12.26 とむ

    ハンガーにかかった6種類の服。

    写真は全て筆者私物です。

    冬キャンの楽しさは、寒さ対策次第で大きく左右されます。

    どれほど素敵なロケーションでも、寒さに耐え続ける時間は、苦痛そのもの。

    暖かいテントや、ストーブなどのギアで、寒さ対策をするのもひとつの手ですが、僕のおすすめは「着る寒さ対策」です。

    この記事では、登山などで使われる、レイヤリングという考え方をベースに、冬キャンにおすすめの服装をご紹介いたします!

    暖かい服装で、冬キャンを存分に楽しみましょう!

    レイヤリングとは?

    レイヤリングとは、一言で表すと重ね着のこと。

    肌に近い順に、「ベースレイヤー」「ミッドレイヤー」「アウターレイヤー」と、機能ごとに重ね着をすることで、気温や天気の変化にも対応することができます。

    3種類しかありませんが、3枚しか着ないというわけではありません。

    状況に合わせてベースレイヤーを2枚、ミッドレイヤーを2枚など、一つのレイヤーに複数枚重ねて着ることもよくあります。

    ベースレイヤー(ファーストレイヤー)

    ベースレイヤーとして使用している、上下の服。

    僕は、スノーボード用に購入した、ベースレイヤーを流用しています。

    一番下に着る肌着のことを、ベースレイヤーや、ファーストレイヤーと呼びます。3つのレイヤーの中で最も重要なレイヤーです。

    ベースレイヤーの役割は、汗を素早く吸収、発散させ、肌をドライに保つこと。

    汗で濡れた肌は、「汗冷え」という寒さの原因になるため、ベースレイヤーの役割はとても重要です。

    寒いのに汗をかくの?と、思われる方もいるかもしれません。

    しかしテント設営や、お子さんとの遊び、また焚き火にあたった結果、汗をかいてしまった、なんてことはよくある話。

    ベースレイヤーを選ぶ際は、吸湿速乾性能の高い、化学繊維やウール素材の製品を選ぶと良いでしょう。

    おすすめのベースレイヤー

    ベースレイヤーは、メリノ種という特別な羊の毛を原料にした、メリノウール製がおすすめ。

    吸湿速乾に加え、保温性能も高いだけでなく、肌触りが良く着ていてストレスを感じません。

    ちなみに、キャンプ場で肌着であるベースレイヤーだけで過ごすのは、マナー違反にも当たるので、気をつけましょう。

    そのため僕は、ミッドレイヤーを脱ぐ時のことを考え、長袖のベースレイヤーの上にTシャツを着ています。

    ミッドレイヤー

    ハンガーにかかった、ダウンジャケット、パーカー、ダウンパンツ。

    左から順に、ダウンジャケット、パーカー、ダウンパンツ。

    ミッドレイヤーとは、ベースレイヤーの上に着る、保温性の高い衣類のこと。

    キャンプや登山など、色々なシーンに合わせて様々な商品が販売されています。

    服の中に空気の壁を作るイメージで、厚手の衣類を選んだ場合は、さらに防寒性能が高まります。

    おすすめのミッドレイヤー

    前を開けた、ダウンジャケットとフリース。

    前開きタイプなら、着替えも簡単。

    キャンプで着用するミッドレイヤーには、パーカーやフリース、薄手のダウンジャケットなどがおすすめ。

    前開きのタイプなら、着たり脱いだりが楽なため、温度調整が簡単に行なえます。

    薄手のダウンジャケットなら、使わない時はコンパクトになるのでとても便利です。

    アウターレイヤー

    アウターレイヤーとは、一番外に着る衣類。

    風や雨、雪などから身を守るために着用するのが一般的です。

    登山などでは、軽くてストレッチ性の高い、ゴアテックス製のものが人気。

    しかし、ゴアテックス製のものは熱に弱いなどの弱点もあるため、用途に合わせて選ぶ必要があります。

    おすすめのアウターレイヤー

    アウターレイヤーとして使用している、ベージュ色の上着2枚。

    火の粉に負けない、綿素材のアウターレイヤー。

    キャンプ用のアウターレイヤーとして考えると、登山用とは少し違うものがおすすめです。

    僕のおすすめは、綿素材のアウターレイヤー。

    キャンプの際は、タープやテントがあるため、直接雨に打たれることはほとんどありません。

    雨よりも気を付けるべきものは、焚き火の火の粉。

    ミッドレイヤーやアウターレイヤーは、化学繊維で作られているものも多くあります。

    化学繊維は熱に弱く、火の粉が着くだけで穴が開いてしまうこともしばしば。

    お気に入りの服に穴が開いてしまっては、キャンプを楽しむどころではありません。

    熱に強い綿素材のアウターレイヤーで、ミッドレイヤーの化学繊維を守るようにすることで、安心して焚き火を楽しむことができます。

    暖かい服装で快適な冬キャンを楽しもう!

    冬キャンの寒さ対策は、少しやりすぎくらいがちょうどいいと思っています。

    思ったより寒くなければ、脱いで調節するだけ。

    1~2枚の服ならそれほどかさばることもありません。

    最近では、裏地にアルミ素材を採用し、体温を反射するタイプのベースレイヤーや、電熱線で発熱するタイプのアウターレイヤーも販売されています。

    このような、アルミ製や電熱線タイプのような、ハイテク防寒着を試してみるのも、いいかもしれません。

    寒さ対策が万全なら、冬はキャンプにもってこいの季節。

    冬ならではの満天の星空や、幻想的な雪景色の中でのキャンプを思いっきり楽しみましょう!

    私が書きました!
    アウトドアライター
    とむ
    愛知県在住、キャンプやトレッキング、スノーボードが好きな31歳。キャンプギアは徹底的に調べ上げて、後悔のないようにポチります。“好きなことを仕事に”をモットーにフリーランスライターとして活動中。

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 アウトドアウェア 』新着編集部記事

    リーズナブルな実力派!アウトドアでも使えるファミマの「はっ水パーカー」

    2022.10.02

    100年の歴史を持つメーカーが作ったアウター。L.L.Bean「マウンテン・クラシック・アノラック」の魅力

    2022.09.28

    使い込むほど水を通しにくくなる!パラフィン加工の帆布のハット

    2022.09.24

    難燃ウェア&ソフトコンテナが登場!秋のキャンプはジャック・ウルフスキンでいこう

    2022.09.24

    USAコットンと60/40クロスを使った逸品!『BE-PAL』オリジナルTシャツ発売開始

    2022.09.18

    晴れていても携行せよ!山やキャンプで大活躍の最強レインウエア19

    2022.08.16