2021年春、横浜市緑区にオープンしたキャンプギアのセレクトショップ 「YKNOT」のおすすめアイテム5選 | アウトドアショップ・自然派の店 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • アウトドアショップ・自然派の店

    2021.10.19

    2021年春、横浜市緑区にオープンしたキャンプギアのセレクトショップ 「YKNOT」のおすすめアイテム5選

    2021年5月、東名高速横浜町田ICからほど近い横浜市緑区にオープンした「YKNOT」(ワイノット)はキャンプギアのセレクトショップ。周辺地域では数少ない個人経営によるアウトドアショップとして注目を集めています。

    レアなギアも実物に触れることができる

    JR横浜線の十日市場駅から徒歩で9分、県道18号(環状4号線)のロードサイドに立地する同店はまだオープンから1年足らずの新しいショップ。売り場面積は約10坪と、決して広い方ではありませんが、落ち着いた雰囲気の店内には、オーナーである藤井夫妻が選りすぐった約900にも及ぶアイテムが所狭しと陳列されています。

    店名は「Why not?(どうしてやらないの?、やってみたら?)」と「knot(結び目)」を組み合わせた造語。先ず動いてみる冒険心と、ご縁を大事にするという意味が込められているそう。

    店主の藤井義夫さん。もともとは旅行業で働いていたそうですが、かねてからのキャンプ好きが高じ、奥様と二人でお店をオープンしてしまうというバイタリティ溢れるお方です。

    品揃えは人気ブランドから「ANCAM」や「 /moose/ room works」といったガレージブランドまで様々ですが、どれも落ち着いた色味のものが多い印象です。テントやタープといった大物の在庫は限られていますが、普通のお店ではなかなか実物を手に取ることができないレアなアイテムも多数在庫しているので目移り必至ですよ。

    タンブラーやボトルのほか、ランタンやキッチン系のアイテムはとくに充実しています。

    ナイフもスタッフの立ち合いのもと実際に触れて選ぶことができます。

    なお神奈川では唯一となるアルパカストーブの正規代理店。もちろん実物も展示してあります。アウトドア系ショップが多く出店する「南町田グランベリーパーク」や「ららぽーと横浜」といった大型商業施設からも比較的近い場所にあるので、もし車で出かけるなら一緒に巡るのがおすすめです!

    ワイノットがイチオシするアイテムはこれ!

    店主の藤井さんに、いまイチオシのアイテム5点を挙げてもらいました。

    1.保冷力抜群で軽い!「ディーライト」のクーラーボックス

    ディーライト「ハイブリッドクーラー42QT」 17,600円。

    ディーライトとC&C.P.H.イクイップメント、grnアウトドアのトリプルコラボによるクーラーボックス。最大の特徴は発泡スチロール製のケースをナイロン製コンテナバッグに収納したハイブリット構造。高い保冷力をもちながら、3.6kgという驚きの軽さを実現しています。

    発泡クーラーは医療分野でも用いられる高性能な国産品。2Lのペットボトルが縦に12本入る大型サイズ。発泡クーラーを取り外してソフトコンテナとしても使用できます。外側にはシェラカップなどを引っ掛けられるループも装備。

    2.注目ブランド「ナトゥーラ」の可愛らしいオイルランタン

    ナトゥーラ「小型オイルランタン」2,723円、「小型ランタンシェード」2,723円。

    ナトゥーラといえば小型LEDランタンが人気ですが、こちらは全高19cmのコンパクトで扱いやすいオイルランタン。専用の金属製シェードを装着することでより広い範囲を照らすことができます。

    3.フィンランド発「サヴォッタ」のユニークなストーブ

    サヴォッタ「ハッピーストーブ」5,198円、「グランピーストーブ」5,198円。

    フィンランド発のアウトドア用品ブランド、サヴォッタのネイチャーストーブ。薄いステンレススチールの板を組み合わせた軽量モデルで、正面が顔になっているのもユニーク。上から薪を4本差しこんで、スウェッディッシュトーチのように燃焼させることも可能だとか。

    4.老舗のお茶屋さんが展開するアウトドアギア

    TEA BOYアウトドアモンスター「シェラ茶こし」2,723円、「CHATAKU・LID」3,049円、「茶缶」925円など。

    TEA BOYアウトドアモンスターは創業100年の歴史をもつ茨城の老舗茶舗 大島園が展開するアウトドアブランド。ステンレス製のシェラカップ型茶こしはお茶を淹れるときはもちろん、コーヒードリッパーとして使用したり、お米を研いだりと様々なシーンで活躍します。

    5.バンライフを快適にするシート

    ヴァンライフサプライbyフリークス ストア「コーデュララージシート」6,861円。

    車のラゲッジルームに敷くシート。撥水加工が施された305デニールのオックスを使用し、汚れから保護します。今後、こうしたバンライフをテーマにしたアイテムも充実させていきたいとのこと。

    【店舗情報】YKNOT

    神奈川県横浜市緑区十日市場町854-7 グリーンショップ B号
    TEL:045-479-9040
    営業時間:平日12:00-19:00(土日祝10:00-18:00 )
    定休日:水曜、木曜
    https://yknotcamp.com/

    文・撮影/佐藤旅宇

    NEW ARTICLES

    『 アウトドアショップ・自然派の店 』新着編集部記事

    キャンプ用品買取店のおすすめ11選!高く売るコツも解説

    2024.05.22

    NANGA初となる布団専門の店舗「NANGA FUTON SHOP」がオープン!

    2024.05.04

    祝OPENで行ってきた!「スノーピーク 鹿沼キャンプフィールド & スパ」完全ガイド

    2024.04.17

    コストコに入店できる人数を徹底解説!東京近郊の店舗もチェック

    2024.03.22

    昭島アウトドアヴィレッジとは?体験型の商業施設を徹底解剖

    2024.03.17

    ゴールドウインの新店舗「PLAY EARTH PARK WONDER STORE 都立明治公園」はグッズレンタルでも遊べる!

    2024.02.10

    ソロたこ焼き、ユニークな充電器…全国のアウトドアショップバイヤーに聞いた「2024年これがくる!」

    2024.01.01

    2024年にイチ推ししたいキャンプギア7選!全国のアウトドアショップ人気バイヤーが大注目

    2023.12.31