キャンプ初心者はこれだけあればOK。キャンプ飯を楽しみたいあなたに提案したい調理器具3選 | 調理器具・食器 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 調理器具・食器

    2021.09.08

    キャンプ初心者はこれだけあればOK。キャンプ飯を楽しみたいあなたに提案したい調理器具3選

    筆者私物。

    筆者がようやくたどり着いた調理器具3種の神器

    筆者がはじめてのキャンプの時に悩んだのが、どのような調理器具を用意するか、です。

    調べてみると、フライパン、ケトル、鍋、網つきのシェラカップなど、調理器具はさまざま。

    当時は、キャンプ初心者が買うべき調理器具がどれなのか、見当がつきませんでした。

    そこで今回は、キャンプを経験した今だから教えたい3つの調理器具をご紹介いたします。

    この3つがあれば、作れる料理のレパートリーは格段に増えます。

    キャンプ場で、美味しいキャンプ飯を楽しみたい方は、チェックしてみてくださいね!

    焼く料理には、鉄板はマスト!

    ニトリで購入したフライパンです。

    何度かキャンプに行った筆者の結論は、「フライパンは必要」です。

    お肉、目玉焼き、オムレツ、中華。

    毎回違うものを食べたい方には、鉄板は必須アイテムでしょう。

    鉄板は、キャンパーさんによって、ホットサンドのプレートをフライパン替わりにする方や、スキレットを使用する方などさまざま。

    私は厚切りステーキを豪快に焼きたかったので、お肉がはみ出ない大きさのフライパンを探していました。

    キャンプ用品売り場を渡り歩いた末に見つけたのが、ニトリのグリルパン。

    商品名は「IH 二層鋼グリルパン 片手(20cm)」です。

    20cmは大き目のホットケーキを作れるサイズ。

    グリルパン用の蓋も売っていたので、同時に購入しました。

    弱火でじっくり火を通すことで生焼けを防げるので、豚肉や鶏肉など、生だと怖い食材を調理する方は、蓋の購入がおすすめです。

    16cmのグリルパンもあるので、ソロキャンパーの方はこちらも検討してみてください。

    鍋タイプのクッカーで煮込み料理ができるようになる!

    クッカーで汁物が作れます。

    上の画像のクッカーは、キャンプをはじめたばかりの頃に購入した、鍋タイプのクッカーです。

    みそ汁やシチューなどの汁物、レトルト食品を茹でるのにぴったりの調理器具。

    レトルトハンバーグやレトルトカレーをこのクッカーでサクッと作れば、調理時間は15分程度。

    デイキャンプなど、時間に追われているときに重宝しました。

    キャンプ初心者のときこそ、そろえたい調理器具です。

    鍋タイプのクッカーはアウトドア会社各社から発売されてます。アルミ、ステンレス、チタンなどの素材や形から、好みのクッカーを選ぶことをおすすめします。

    お皿がわりにもできます。

    筆者が購入した鍋タイプのクッカーは、スタッキングできるので、コンパクトに収納できるところも魅力。

    蓋に深みがあるので、汁物をこのクッカーで作って、完成したら蓋部分で食事すると効率が良く、食器も増えません。

    やっぱり必要、ケトルでコーヒーブレイク!

    ケトルもあと追いで購入しました。

    当初は、鍋タイプのクッカーでお湯を沸かしてコーヒーを作っていたので、ケトルはあえて購入しませんでした。

    ところが、ある日のキャンプで鍋タイプのクッカーでお湯をコップに落とそうとしたら、お湯が勢いよく出てしまい、手をやけどしてしました。

    そのあと早々に、ケトルを購入することに。

    コーヒー2杯分のお湯が作れます。

    結論、快適なコーヒーブレイクができるようになりました。

    ケトルの注ぎ口から、適切な量のお湯がでてくるので、鍋タイプのクッカーより神経を使わず、楽です。

    横幅が広く、高さが低いので火が通りやすく、お湯がすぐに沸くのもGOOD。

    カップラーメンや、快適なコーヒーブレイクをしたい方におすすめです。

    満足できるキャンプ飯を作れるようになるのは、この3種類

    何度かキャンプするたびに買い足した調理器具ですが、今回紹介した3種類を持っていけば過不足ありません。

    「フライパン」「鍋タイプのクッカー」「ケトル」の3つが含まれているクッカーセットも売っているので、最初からセットでまとめて購入してもいいでしょう。

    この3つの調理器具を手に入れて、焼く、煮る、沸かす調理に挑戦してみましょう!

    私が書きました!
    フリーライター
    みーこ
    夫婦2人でキャンプの知識やギアを求める「キャンプ沼」にハマったアウトドアライター。関東のキャンプ場をめぐり、地元の美味しい食材でキャンプ飯を作るのがマイブーム。キャンプ系YouTubeを見るのが大好きです。

    NEW ARTICLES

    『 調理器具・食器 』新着編集部記事

    屋外でコーヒーを淹れるならパーコレーター!仕組み、使い方からその魅力まで徹底解説

    2024.05.19

    「飯盒炊爨」と「飯盒炊飯」どちらが正しい?おすすめ商品や調理方法も紹介

    2024.05.14

    キャンプでの羽釜のすすめ。使い方やおすすめの商品を9個紹介

    2024.04.26

    炊く、煮る、焼く、蒸す!曲げわっぱをモチーフにしたスノーピーク「ワッパークッカー」

    2024.04.22

    HARIOのおすすめコーヒーミルを紹介!アウトドア向けモデルも

    2024.04.20

    スノーピークマグカップ5選|保温保冷に優れ軽量丈夫な名品チタンマグ

    2024.04.20

    キャンプでのコーヒー時間がリッチに!ゼブランからアウトドアで使うガラスサーバーが登場

    2024.04.12

    アウトドアの食器問題を解決!原料は紙と漆でわずか14gと軽量、かつ丈夫な新感覚漆器はいかが?

    2024.04.11