草加市にあるオートキャンパーの秘密基地『CAMP MARKET』を突撃レポート!! | アウトドアショップ・自然派の店 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル - Part 3

草加市にあるオートキャンパーの秘密基地『CAMP MARKET』を突撃レポート!!

2016.08.05

ファミリーでも訪れたい、ここは“楽しい秘密基地”

そういえば、CAMP  MARKETは情報交換の場所にもなっているとか。ショッピングの傍らで、それぞれの体験の語らいを楽しみにしているキャンパーも多いという。

 「キャンプの魅力に心底ハマったのが、オープンのきっかけでした」と、話す鈴木英隆オーナーも、そういったお店づくりをコンセプトにしてきたそうだ。
楽しいキャンプの思い出ができれば、その体験をシェアしたいもの。SNSが今の時代の主流なのかもしれないが、気兼ねなく話せるショップを持てるよろこびは大きい。初心者も気さくに相談できるので、おすすめのキャンプ場や自分に合ったギア情報を求めに訪れてみるのもいい。

使い込むほどに愛着が湧く「パープルストーブ」。その絵になる佇まいと町工場の技術を結集した性能が、こだわり派キャンパーを魅了している

使い込むほどに愛着が湧く「パープルストーブ」。その絵になる佇まいと町工場の技術を結集した性能が、こだわり派キャンパーを魅了している

また、キャンパーの意見をとても大切にしていて、“こだわり派”のギアも随時検討して販売しているとか。
町工場が生んだmade in Japanケロシンストーブの名品「武井バーナー・パープルストーブ」もそのひとつで、鈴木オーナーは武井バーナーまで足を運び、そのこだわりを吟味したという。
キャンプには、それ自体の楽しさほか、愛着のあるギアを使う醍醐味もある。しかし、自分だけのこだわりを追及していくと、量販店では出会えないギアが欲しくなるものだ。そこにきて、キャンパーの意見を検討してくれるショップというのは、非常にありがたいものである。

shop_14

shop_15

最後に、もし、ファミリーでショップを訪れたなら、ぜひ2Fに足を運んでもらいたい。
子どもの頃、キャンプ場のログハウスで感じた木のぬくもりや清々しさ、そんなかけがえのない気持ちをテーマにした「こどもキャンプ」フロアが展開されている。きっと、“将来のキャンパーたち”も目を輝かせることだろう。

長閑な住宅地広がる場所で、ひっそりと店舗を構えるCAMP  MARKET。ギアからキャンプ情報まで充実した、まさにキャンパーとっておきの秘密基地だった。

shop_16

<CAMP  MARKET概要>

住所:340-0003 埼玉県草加市稲荷4-22-7
営業時間:10:00~19:00
定休日:月曜 第1・3火曜日
Tel:048-934-5600
HP: http://camp-market.com/

 

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 アウトドアショップ・自然派の店 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。