ライバル同士がタッグ!?オールバーズとアディダスが「サステナブルなフットウェア」を開発 | フットウェア 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • ライバル同士がタッグ!?オールバーズとアディダスが「サステナブルなフットウェア」を開発

    2021.05.31

    環境負荷を減らすために、天然由来の素材を中心にフットウェアを開発してきたオールバーズ。対して、これまで様々なスポーツシーンを足元から支えてきたスポーツブランド・アディダス。

    本来であればライバル関係とも言えるこの両社が、カーボンニュートラルな未来のためにタッグを組み、ランニングフットウェアを開発。数量限定につき、気になる人は要チェックだ。

    二酸化炭素の排出量を63%も削減!革新的なランニングシューズ

    「FUTURECRAFT.FOOTPRINT」価格未定。

    この「フューチャークラフトフットプリント」は、素材の選定から製造過程、廃棄に至るまでのカーボンフットプリント(温室効果ガス)の排出量を算出。それぞれのセクションで大幅な見直しを図った。

    自然由来の素材やリサイクル素材を使用することで、二酸化炭素の排出量を削減することに成功。パッケージや輸送、廃棄においても、軽量化やバイオ燃料の使用などあらゆるものを見直すことで、従来品から排出量を63%も削減している。

    環境への配慮だけでなく、性能にも妥協はない。

    ミッドソールには、オールバーズのサトウキビを由来のSweetFoam(スウィートフォーム)と、アディダスのミッドソールLightstrike(ライトストライク)を組み合わせた新しいものを使用。

    アッパーは、リサイクルポリエステルと天然素材テンセル(木材パルプ原料)を組み合わせた新開発の素材で、軽量かつしなやかな仕上がりになっている。環境負荷に最大限チャレンジしつつも、高いパフォーマンスを発揮するのが魅力だ。

    すでにadiCLUB(アディクラブ)の会員限定で抽選販売は行なわれてたが、一般販売は2021年秋冬に10,000足限定、2022年春夏に拡大して販売を予定している。

    実際にその履き心地を試せるのはもう少しだけ先になりそうだが、この珠玉の一足の販売を心して待ちたい。

    丸の内仲通りに新店舗をオープン

    オールバーズは日本1号店を原宿にオープンし、当日から長蛇の列が並ぶほど注目された。続く待望の2号店がオープンすることが決定! 2021年6月3日に日本2号店を丸の内にオープンする。1号店の記事はこちら

    シューズはもちろん、ソックス、アンダーウェア、2020年始動のアパレルウェアまでのフルラインナップ。また、オープン記念の限定アイテムも発売予定だ。

    店舗情報

    Allbirds 丸の内(オールバーズ丸の内)

    東京都千代田区丸の内3-4-1 新国際ビル1階 105区
    営業時間:11:00〜19:00
    定休日:不定休

    オールバーズ 公式サイト
    https://allbirds.jp

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 フットウェア 』新着編集部記事

    どんなシチュエーションでも!コロンビア「ホーソンレイン スリー」は万能シューズだった

    2023.01.08

    スノーブーツはどのブランドがおすすめ?アウトドアモデル6選

    2023.01.07

    戦う現場仕様のメレル「TACTICAL」シリーズが最新テクノロジー搭載でアップデート!

    2023.01.05

    冬の足元はこれで決まり!人気アウトドアショップ「オレンジ」別注、ダナーのミドルブーツ

    2022.12.15

    山散歩で足取りが軽くなる!確かな機能のハイキングシューズ2選

    2022.11.21

    アウトドアシューズブランド「HI-TEC」を知ってほしい!抜群の機能性かつオシャレなデザインが魅力

    2022.11.17

    z