野草の見分け方から採り方まで。野草ワークショップに参加しよう! | イベント・フェス 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 野草の見分け方から採り方まで。野草ワークショップに参加しよう!

    2020.07.30 Miki

    私が書きました!
    マクロビオティックライフアドバイザー
    Miki
    野草やマクロビオティックなど「自然にそこにあるもの」を用いて、世界中で「生きる知恵」を伝える活動家。ロンドンでメイクアップアーティストとして活動し、帰国後にマクロビオティックと出逢う。野草で100年先も豊かにするNGO法人YASOUENの代表理事。一男一女の母 

    自然と緑がいっぱいの、山梨県北杜市。右奥に見えるのが瑞牆山。

    野草から生きる知恵を学ぶ、1泊2日のワークショップ

    ふと道端を歩けば目に留まる、野草。野草には計り知れない魅力があり、その伝承方法は「食」からであったり、草木染めなどの「衣」からであったり、ココロやカラダを整える「自然療法」からであったり、虫や環境など「自然界の生態」からであったり、人々の紡いできたその土地の「歴史」からであったり……と、様々な角度からアプローチすることができると思います。

    今回はそんな様々な側面から、存分に野草の魅力を感じられるような、1泊2日のワークショップを開催します。私、Mikiも含めた個性豊かな「野草の講師」陣を引き連れて、山梨県北杜市の「みずがき山リーゼンヒュッテ」にて9月に行います。大人も子どもも参加できる、参加型ワークショップにぜひ訪れてみませんか?

    みずがき山リーゼンヒュッテ。山小屋泊とテント泊などが可能で、近くには温泉「増富の湯」もあります

    子どもvs大人の野草料理対決

    ワークショップの舞台となる「みずがき山リーゼンヒュッテ」は、その名の通り山梨県の瑞牆山(みずがきやま)近くに位置します。古来より神が宿る山として信仰深い瑞牆山から流れる水は、名水百選にも選ばれており、美味しい水が育んだ野草たちは生き生きとエネルギーに溢れています。今回はこのエリアを散策しながら、野草に触れて頂きます。

    1日目のプラン

    このキャンプのメインイベントである、「野草料理対決」を行います。子どもと大人に分かれて、食材調達から始まり、野草料理作りまで全てを体験して頂きます。(親子対決ではありません)

    野草を採取していい場所を、専任の講師がアテンドしながらご案内。野草採取のポイント(根こそぎ採らない、素手で触らない野草や毒草などの見分け方)をお伝えしながら、誰もが安心して食材ハンター体験をして頂けます。

    摘んできた野草は、子ども達の発想力を無限に引き出し、そこにあるものだけで料理をする楽しさ、生きるチカラを育みます。包丁だけではなく石を使ってみたり、手で触って、匂いをかいで、五感をたっぷり使って作った料理は間違いなく美味しいはずです。

    大人は大人の知恵と経験を振り絞って、野草料理作りにチャレンジしてみてください。

    子どもたちも自由な発想で料理に取り組みます

    野草ちまき

    暗くなってきたら、美味しく滋養たっぷりの野草ご飯を食べながら、キャンプファイアを囲みます。

    1日目で野草の魅力を感じて頂いた後は、テントか小屋に戻ってゆっくりお休み頂きます。

    野草ビンゴゲームor野草珍道観察会

    自然の美味しい空気をいっぱい吸って、2日目の朝を迎えたら、子どもと大人にそれぞれ分かれてワークショップを行います。

    2日目のプラン

    子どもは野草ビンゴゲーム、大人は野草珍道観察会をします。子どもたちには素敵なアイテムをプレゼントしますので、それを使ってビンゴカードにある色々な野草を探してもらいます。アイテムを使わないと解らないもの、匂いを嗅いでみないとわからないもの、地面に這いつくばらないとわからないものなど、さながら冒険ゲームのよう。子どもはみんなが野草ハンターになるのです。

    その一方で、その名の通り大人は”珍しい観察会”をします。2秒で通れる道を20分かけて歩いたり、今まで真っ直ぐ進んでいた道も、右に行ったり、道ではない所へ手を伸ばしたりと、野草の魅力の虜になる「野草珍道観察会」です。

    ここでも、スタッフがアテンドして野草の探し方、食べ方や、注意点などをお伝えしていきます。

    大人たちも、ついつい目線が下になり、歩く速度がゆっくりに。

    最後に瑞牆山を見ながら全員でお弁当を食べて、解散となります。

    ギザギザした稜線が特徴の、瑞牆山。お隣の金峰山も霊峰として有名です。

    今回のワークショップは、私が代表を務める「NGO法人YASOUEN」が全面サポートして、参加者の皆さんを野草ワールドにお連れします。

    100年先に私たちは生きていないけれども、100年先も豊かな世界であるよう願い、そしてそれを紡いでいく子どもたちへ「野草」という、全世界の人々の暮らしに最も身近にある「モノ」を用いて、伝承し、世界を支えていく活動をしています。ぜひ、一緒に自然と野草を感じにお越し下さい。

    野草キャンプ2020

    日程:
    2020年9月26日(土)〜27日(日)1泊2日(雨天プログラムの一部場所変更あり)

    参加費:
    子ども 3,500円(税込)
    大人 22,000円(税込) 
    ※宿泊費、9/26夕食から27日の昼食までの食費、保険料、プログラム参加費のすべてを含みます。

    対象:
    健康なグループ、家族、個人。お子様は小学生以上が対象です。小学生未満のお子様に関しては2,000円にて「保険料、食費、寝具」が付きますが、プログラムの参加は無しとし、親御様と一緒に行動をお願い致します。ペットの同伴はご遠慮ください。

    持ち物:
    山や川で楽しめるような服装(長袖、長ズボン、防寒具、濡れても大丈夫な靴、雨具など)
    ・虫除け対策はご自身でお願いします。

    会場:
    みずがき山リーゼンヒュッテ(山梨県北杜市須玉町比志6498−1

    宿泊:
    ・お子様はテント泊のみ
    ・大人は部屋利用限定6 (部屋あたり名まで)
     大人もテント泊可能
    ※大人名でのご利用は、5,000円追加(参加費+5,000円)となります。
    家族・グループ単位での利用を原則としています。

    お申し込み先:
    E-mailhello@yasouen.org
    (参加者のお名前全員、年齢、住所、メールアドレス、集合場所へ向かう方法「自家用車・電車等」を記載ください。食事によるアレルギーがある方は、申し込みのメールにてお知らせください。

    締め切り:
     8月20日(木)
    申し込み定員を超えた場合は、抽選の上、8月25日(火)頃までに通知と、当選者には詳しいインフォメーションをお送りします。

    お問い合わせ先:
    メールのみ:hello@yasouen.org

    お申し込みいただいた個人情報は、今回の企画に関するご連絡をはじめ実施運営に必要な範囲のみで使用します。

    企画主催:NGO法人YASOUEN(当日担当講師:Miki、森昭彦、山下智道、他)
    協力:株式会社ビクセン

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 イベント・フェス 』新着編集部記事

    2023年3月11日(土)~3月12日(日)南房総で「Miso Camp」参加者募集中!

    2023.02.03

    【パルパーク・ プロジェクト】北九州市山田緑地 恒例『森の焚き人』 養成講座(第4回)開催!

    2023.02.02

    芸能人のカスタム車も間近で!アウトドアライフに触れる展示会「TOKYO OUTDOOR SHOW 2023」レポート

    2023.01.20

    山下健二郎さんのカスタムバイクも展示!アウトドア大博覧会「TOKYO OUTDOOR SHOW 2023」開催

    2023.01.07

    冬のキャンプ飯にも!? 100%プラントベースの新主食「ZENB」が絶品ラーメンへと進化

    2022.12.10

    アウトドアスキルが格段にアップ!ブッシュクラフトイベント「THE BIG SESSION」の中身

    2022.11.21

    z