CGM記事詳細 | BE-PAL

ゴミ拾いで子供と考える環境問題!

2021.07.13 (閲覧数) 400

定期的(2~3週間くらい)に子供とゴミ拾いをしています。

きっかけはある日、仕事から帰ってきた時に玄関前にゴミが落ちていた事でした。

誰かが捨てたのだろうけど、玄関前とはタチが悪い…と思いながら、タバコの空き箱を拾い、家の中に入りゴミ箱へ捨てました。

が、次の日は空き缶が捨てられていました。
その次の日はカップラーメンの容器が…。

近所の誰かの嫌がらせかな?とも思いましたが、捨てられていたカップラーメンの容器をよく見ると、前日に家の前の道路に車に踏まれて落ちてたやつじゃありませんか!

うちの前の道路は片側2車線の道路ですが、夜は外灯が少なく、田舎なので夜の人通りも少ないので、、ゴミをポイ捨てする人には都合がいい場所になってるみたいです。
さらに、画像の奥に(写ってないですが…)コンビニがあり、よく人がたむろってるので、そこのコンビニの駐車場で捨てられたゴミが風の強い日にうちの所まで飛んできてたみたいです。
(ちょうど玄関前に風が吹き溜まるようになってます…)

家の前の道路にはけっこうゴミが目立つので、玄関前に飛ばされてきたゴミだけを拾っていたのでは、埒が明きません…。
なので今では、定期的に地域のゴミ拾いをしています。
以前はタバコ、空き缶等が多かったのですが、最近はマスクのポイ捨てが目立ちます…。

1時間ほどでボランティア袋がいっぱいになりました。
毎回ゴミ拾いをしながら子供に環境の話をするのですが、今回はプラスチックゴミが海に与える影響を話してあげました。
「今拾っているプラスチックゴミは雨が降ると排水溝に流され、排水溝から川へ、川から海へ流れると、ウミガメや魚が餌と間違えて食べて、お腹の中に詰まって死んでしまうんだよ。だから、今プラスチックゴミを拾うことは海の生き物を助けてることになるんだよ」と話してあげると、海が好きな次女は張り切ってゴミを拾っていました。

さて、次は何について話しながらゴミを拾おうかな…楽しみです!

よーさん

キャンプ初心者です⛺ ベテランキャンパーの兄にいろいろ教わりながら日々勉強しています٩(。•ω•。)و いつか本栖湖の浩庵キャンプ場に行ってみたい✨ キャンプ回数…4回(2021.06.01更新) 初キャンプ:2020年8月17日~18日 志高湖キャンプ場⛺ お気に入りキャンプ場:キャンプ&農園 玖珠の杜⛺

もっと見る

この記事をシェアしよう!

よーさんの新着ユーザー投稿記事

新着ユーザー投稿記事

『 子育て 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。