音楽フェスのキッズエリアを調べてきた! | 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル

音楽フェスのキッズエリアを調べてきた!

2015.09.18

こんにちは、子連れライター渡部郁子です。最近の音楽フェスの参加者を見ると、子連れ参加が以前に比べて格段に増えてきています。様々なフェスの会場内にキッズエリアが設けられ、子ども連れで参加しやすくなってきたのもその一因。代表的なフェスのキッズエリアが実際どんな様子なのか、調べてきました。

フジロックフェスティバルの「キッズランド」

数年前までは、「フェスに子どもを連れて行くなんて、子どもがかわいそう」とか、「子どもが小さいのにフェスでキャンプなんて無謀だ」なんて言われることもありましたが、最近では子どもを連れて参加することが市民権を得るようになってきました。キッズエリアを整備していち早く子連れ参加者に対応してきたフジロックには、まだ歩く前の小さな子どもがハイハイで遊べる部屋から、小学生ぐらいの子どもが夢中になって遊ぶ大型アスレチックまで、子どもが生き生きと遊ぶスペースが用意されています。

キッズランドのほか、グリーンステージ後方に「プライオリティテント」が設けられ、子ども連れや妊娠中の女性が雨の心配をせずにステージを見ることができる、屋根のある空間が作られています。そのほか、キャンプサイト利用者限定エリア「ピラミッドガーデン」内にも、子どもが楽しめる遊具が作られています。

サマーソニックの「キッズクラブ」
3フェス2

会場内に大きく作られたキッズエリア。ふわふわ遊具やサマソニキッズトレインなど、子どもが喜ぶアトラクションが豊富です。仮装しながら踊るキッズディスコやダンスワークショップなど、音楽や踊りが好きな子どもがわくわくするアトラクションが用意されています。

キッズクラブのほか、キャンプエリアに子ども向け遊具広場があります。RODYあり、ハンモックあり、走り回ることのできる広いエリアあり。子どもとのんびり過ごしたい人におすすめです。

ニューアコースティックキャンプの「アコチル」3フェス3ニューアコースティックキャンプのキッズエリア「アコチル」は、授乳室やおむつ交換ができるベビー専用ブースほか、ハイハイの子どもが遊べるおもちゃのあるテントや、子ども向けワークショップなどが揃っているエリアです。 
「ファミリー向けアウトドアイベント」をコンセプトにしているフェスなので、会場内に、子どもと一緒に楽しめるしかけがほかにも満載です。

さあ、子どもを連れてフェスに出かけてみませんか。

渡部写真

 

 

 
渡部郁子(わたなべいくこ)
フリーアナウンサー・ライター。
JFNラジオ「JOYFUL LIFE」パーソナリティほか、アウトドア、温泉、音楽をテーマに様々なメディアで情報を発信。ライフワークのフジロック参加のため、子どもと楽しむアウトドアスタイルを実践中。www.watanabeikuko.jimdo.com/

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 ニュース 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。