【日本のミライを明るくする!】「園児野生化計画」~風をつかまえろ!~ | BE-PAL

【日本のミライを明るくする!】「園児野生化計画」~風をつかまえろ!~

2016.06.02

団地の中にある幼稚園の年長さんと自然遊びをするこの日は、空は薄灰色で強い風が吹いていた。時々やってくる突風は、木々を大きく揺らすほどだ。
こんな日は、危ないからといって室内遊びをしている場合じゃない。

この風を子供達と一緒に体感できたら間違いなく面白いだろう。僕はこの日の予定を大幅に変更して、幼稚園の子供達が運動会の時に使っているというパラシュートを借りて子供達と一緒に外へ飛び出した。
これを使って、見えない風をつかまえるのだ。

風遊びで大切なのは準備運動。遊びの中に、転んでも怪我をしにくい身体の動きを入れ込んでおく

風遊びで大切なのは準備運動。遊びの中に、転んでも怪我をしにくい身体の動きを入れ込んでおく

はじめに、風がどこからどこに吹いているかを探す。芝生をむしって落としてみたり、女の子の髪の毛の動きを見たりと、色々な方法を試みた。
一番のアイデア賞は、唾をダラーッと地面に落とす方法。思わぬ方向に唾がゆれて自分の靴に落ちてしまうのが難点だが、これが意外と風の方向を読みやすいのには驚いた。

風の動きを見つけたら、一気にパラシュートを広げる。まだ風が弱いタイミングでは、フワッと膨らむだけ。まだまだ余裕のお遊びだ。感じをつかんできたタイミングで、ビューッと強い風が吹いてきた。今度はこの風をつかまえにかかる。

微風の状態は、この後の強風なんて考えていないのでまだまだ子供達には笑顔やおふざけがたくさんある

微風の状態は、この後の強風なんて考えていないのでまだまだ子供達には笑顔やおふざけがたくさんある

風を受けて大きく膨らんだパラシュートは、それをつかむ大人も子供も一気に引きずりはじめる。踵で踏ん張りながらも風邪の進行方向に引っ張られていく子供達は、必死の声量で叫び始めた。

「飛ばされるー!はせべ先生助けて〜」

「死ぬー!」

「キャー!」

風が強くなり始めると、「楽しさ」に「踏ん張り」が入りはじめる。身体の使い方は本気モードになりつつある

風が強くなり始めると、「楽しさ」に「踏ん張り」が入りはじめる。身体の使い方は本気モードになりつつある

子供達の顔からは一気に笑顔が消え、腰を落として必死に飛ばされないように踏ん張り始める。大人は子供達が飛ばされないようにより力一杯踏ん張る。その本気度が高い所作や表情に同調するかのように、子供達の顔も戦う顔に変わってきた。それを見ている順番待ちの子供達までもが手をギュッと握り、方をグイッと上げている。全身に思いっきり力が入っているようだ。

この日一番の突風を受けたときは、怖くて逃げる子がいることもあり、残った精鋭部隊はさらなる苦戦を強いられた

この日一番の突風を受けたときは、怖くて逃げる子がいることもあり、残った精鋭部隊はさらなる苦戦を強いられた

ほんの数十秒間の格闘のあと、風が少しずつ弱くなってきた。少しずつ膨らみを失っていくパラシュートを離した子供達の手はもう握力が残っていない状態で、初めての経験なのか数名の子供達は自分の手をグーパーさせながら不思議そうに見つめていた。

普段は見えなかったりその存在をあまり気にしない自然も、身体全体で感じることでその存在がくっきり見えてくる。そういった自然の存在を体感すると、きっと日常で見えてくるものも変わってくるはずだ。

【そのほかの記事はこちら】

「園児野生化計画」~2016☆始動~

「園児野生化計画」~保育園年中組が命懸けで出した最初の一手とは?~

「園児野生化計画」~ロープから始まる冒険心~

「園児野生化計画」~風をつかまえろ!~

「園児野生化計画」~雨でもただじゃ帰らない~

「園児野生化計画」~命をかけた度胸試し~

「園児野生化計画」~夜の森にオオカミはいるか?~

「園児野生化計画」~水の中に潜むエイリアンを捕獲せよ!~

「園児野生化計画」~親がムキになるべき夏の虫取り~

「園児野生化計画」~森のコレクター~

「園児野生化計画」~寄り道が多い山登り~

「園児野生化計画」~ワイルド乙女~

「園児野生化計画」~椿の実×創造力=無限の遊び~

「園児野生化計画」~幼児公式柿盗み講座~

「園児野生化計画」~泥沼の攻防戦~

「園児野生化計画」~宝探しはロングハイカーへの道~

「園児野生化計画」~ジェットコースターTRAIL RUN~

「園児野生化計画」~くっつき虫がひろげる遊びの世界~

「園児野生化計画」~ナイフで箸を削り出す~

「園児野生化計画」~ロープで遊ぶ~

「園児野生化計画」~氷の誘惑~

 

HIAC_0443a
長谷部雅一
アウトドアプロデューサー。
アウトドアイベントの企画・運営を手がける「Be-Nature School」スタッフ。人と自然をつなぐインタープリターとしても活躍中。
著作に『ネイチャーエデュケーション』1300円+税 みくに出版刊

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 子育て 』新着ユーザー投稿記事

『 子育て 』新着ユーザー投稿写真

『 子育て 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。