パワーの秘密は“二次燃焼“にあり! 史上最強のウッドストーブ

2016.02.11

アウトドアライターのホーボージュンが、今イチオシのウッドストーブを紹介します。

2焚き火好きの僕が最近はまっているのが米国テキサス生まれの「ソロストーブ」。小枝や松ぼっくりなどを燃料にするいわゆるウッドバーニングストーブなのだが、そのサイズからは想像できないほど火力が強いのだ。その秘密は二重構造による“二次燃焼システム”にある。

じつは小枝や薪が燃えるときに立ち上る白煙には、さまざまな可燃性物質やガスが残っている。それをしっかり燃やして完全燃焼を促そうという作戦である。

4

ソロストーブの構造図。外筒下部の空気取り入れ口から入った空気は底部から燃焼室に入り一次燃焼を促す。同時に内筒と外筒の隙間で温められた空気が上部の吹き出し口から燃焼室に吹き出し、未燃焼ガスを二次燃焼させる。

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 ストーブ 』新着ユーザー投稿記事

『 ストーブ 』新着ユーザー投稿写真

『 ストーブ 』新着編集部記事

おすすめ記事