登山靴メーカーが本気で作ったサンダル。タコの吸盤のようなアウトソールに注目!

2017.07.27

オボズは2007年にアメリカのモンタナ州で設立されたトレッキングシューズメーカー。

ソールからシューレースまですべてのパーツを設計している。そんなまじめなメーカーからこの夏新作のサンダルが登場した。

タコの吸盤のようになっているヘッドウォーターソールがしっかりと地面をキャッチし、濡れた岩場でも滑りにくくしている。生体力学に基づいて独自開発された「Bフィットベッド」を採用しているので、足の裏にぴったりくる。やわらかなナイロンポリエステルウェビングテープは足のアーチにフィットし、指の負担を軽減する。さらさらとした肌ざわりも快適。

オボズは1足輸出するごとに1本の木を植える活動をするなど、環境への配慮も行き届いている。

7,452円(税込)

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 フットウェア 』新着ユーザー投稿記事

『 フットウェア 』新着ユーザー投稿写真

『 フットウェア 』新着編集部記事

おすすめ記事