秋冬アウトドア最強の味方。ワークマン「ケベック」が毎年完売になるワケを愛用者が熱く語る | BE-PAL

秋冬アウトドア最強の味方。ワークマン「ケベック」が毎年完売になるワケを愛用者が熱く語る

2021.10.09

筆者私物。写真はすべて旧モデルです。

ワークマン「ケベック」こそ、秋冬アウトドア最強の味方

秋冬や悪天候、足場の悪い場所でのアウトドアは、滑りやすさや靴への浸水など、足元の不安がつきないもの。そんなときこそ、ワークマンの防寒ブーツ「ケベック」の出番です。

ワークマンのケベックといえば、圧倒的高品質&コスパのよさで、売り切れ続出の大人気商品。その爆売れのワケ&イチオシポイントを、ケベックを実際に愛用している筆者が、前のめりでお伝えしたいと思います。

ワークマン「ケベック」の基礎知識

秋冬にヘビロテ中の、筆者愛用の3足。出番のわりに型崩れもほとんどありません。

ケベックは、ワークマンの定番アウトドアオリジナルブランド、「フィールドコア」内商品のひとつです。

ケベックの商品特長

・極寒のアウトドアもOKの高保温性
・底から4cmもの防水機能&表面撥水(はっすい)加工
・秋冬ブーツとは思えない軽さ
・厚いゴム底のすべりにくさ
・リーズナブルな価格(1900円)
・デザインのよさ

今回画像でご紹介しているケベックは、筆者私物の2017・2019年モデルです。現在、このモデルの販売はありません。※記事内に記載の商品スペックは、最新モデルのものです。

それではさっそく、大人気ケベックのおすすめポイントをみていきましょう。

真冬だってOK!ケベック驚異の保温性

あったかい……!秋冬の足元もヒンヤリ感ゼロです。

真冬の悪天候にもOKの、保温性抜群のケベック。足首の上まですっぽりと包みこむ中綿は、まるで冬布団のよう。

厚手のソールは、地面からの冷気を強力シャットアウト。1日中屋外にいても余裕なほど。さらに足先に貼るカイロを仕込めば、無敵の足元のできあがりです。

徒歩のみならず、自転車やスクーター移動時にも威力を発揮。ケベックがあれば、真冬のお出かけだってワクワクです。

何回履いても、撥水パワーは衰え知らずです。

またこのとおり、水ハジキも抜群。雨や雪の日も、浸水することなく安心です。

圧巻のすべりにくさ

山、川、海、アスファルト、どんな場所でもすべりにくさを発揮してくれます。

ケベックで悪路などを歩くと、そのすべりにくさに衝撃を受けます。というのも、ケベックのゴム底はとにかく地面へのグリップ感がすさまじいのです。

雪道や雨の日だけでなく、濡れ落ち葉の上や砂利道もOK。地面の凸凹を拾いすぎないので、石だらけの河原や漂着物の多い砂浜などでもサクサク歩くことができます。

ケベックで数年間、足元の悪い道を多々歩きましたが、靴底がすり減った感覚もなく、あいかわらずしっかり地面をとらえてくれています。つまり、耐久性もバッチリなのです。

フワフワ&曲げ伸ばしラクラク

こんなに丈夫、なのにやわらかい!冬歩きのお供にぴったりのケベック。

ケベックは、丈夫で厚手ながらとってもソフト。これだけ足指&足首を曲げのばししても、きゅうくつさは感じません。ひんぱんな立ち座りをくりかえすキャンプなどでは、こういったところで疲れにくさに差が出ます。

また高低差の激しい岩場などでも、着地時の衝撃ダメージをしっかり吸収。“足の保護”の意味でも優秀です。

ケベックなら、ふつうの靴のときの何倍もアクティブに動くことができます。

スポッと手早く着脱OK

片手で着脱できるのが、とにかく便利。

ケベックには、靴紐やマジックテープがありません。履き口のゴムアジャスター1本のみです。

なのに、歩行中は脱げることなく、脱ごうとするときだけスポッと手早く脱げるのです。片手で着脱することもでき、荷物の多いときにも重宝します。

甲高さんはぜひ店頭での試着を

「甲が高めで、ふだんの靴も甲高のものを選んでいる」という人は、店頭での試着がおすすめです。

ケベックはソフト素材ながら、保温用の綿が内部にみっちりとつまっています。スムーズな足入れが可能かどうか、実際にお店で試し履きしてみてくださいね。

ケベックのカラー別コーディネート例

愛用中のケベック3カラー(旧モデル)は、どれもこれもほんとうに使いやすい色。そのコーディネート例をご紹介します。

「モカ」はこんな感じ

カジュアルさが魅力の「モカ」(2017年モデル)。

ミルクティーのようなブラウンが愛らしい、旧モデルの「モカ」。足元に持ってくるだけで、カジュアル&かわいいコーディネートが完成します。

泥ハネが目立たないので、汚れやすいアウトドアシーンで重宝します。

(※最新モデルにも同カラーの取り扱いがあります)

キャンプコーディネート例

スカートスタイルなら、レッグウォーマーをケベックに合わせるのもステキです。

ワークマン女子なら、こんなお目立ちカラーコーディネートも楽しい。キャンプでは巻きスカートなどを持参して、じっとしているときにも体を冷やさない工夫をしてくださいね。

「ブラック」はこんな感じ

色選びに悩んだら「ブラック」(2017年モデル)。間違いのない鉄板コーディネートがつくれます。

オーソドックスな「ブラック」は、どんなスタイルにも幅広くマッチ。

筒部分からソールまですべてが黒一色のため、ブラック系パンツやタイツに合わせれば、足の途中で色が分断されず、足長シルエットを狙えます。

(※最新モデルにも同カラーの取り扱いがあります)

冬の雨の日ウォーキングコーディネート例

ワークマンのファインフィールド迷彩レインウェアと合わせてみました。

雨降りの寒い日も、やっぱり足元はケベック一択。ワークマンのケベック&防寒ウェアで、秋冬アウトドアもポカポカ。寒い時期の運動不足解消にも一役買ってくれます。

「シャンブレーグレー」はこんな感じ

キレイめコーディネートにも映える「シャンブレーグレー」(2019年モデル)。

高級感のあるオトナな色味で、ちょっぴりモード感のある「シャンブレーグレー」。地模様のおかげで、汚れが目立ちにくいのもポイントです。

(※このモデルについては、現在取り扱いがありません)

極寒アウトドアコーディネート例

パンツ裾はブーツインスタイルで、スキマ風を予防するとより暖かです。

冬のホワイト系コーディネートにもぴったり。タウンユースにも映えるデザインです。この組み合わせなら、極寒の2月のお出かけもまったく苦になりません。

今後のケベックにも熱い期待高まる

1900円でこの高級感。すごすぎます……!

機能的にもデザイン的にも個人的に最高峰の秋冬ブーツ、ワークマンケベック。数年履きこんでみると、爆売れするのもうなずけます。

それにしても、これほどの高機能&デザイン性でこの価格設定は、もはや衝撃レベル。すっかり魅了され、年々進化するケベックをお店でチェックするのが恒例となりました。

ちなみに2021年現在は、元祖ケベックのほかに、

・氷雪耐滑(たいかつ)性や防水性が大きくUPした「ケベックNEO」(2900円)
・履き口を折りかえせる2WAYロングブーツ「氷雪耐滑ケベックロング」(2900円)

の2種が加わり、一大ラインアップとして幅広いファン層を獲得しつつあります。

今後もケベックは注目株。お手頃で優秀な秋冬アウトドアブーツをお探しの方、完売前にぜひ一度試し履きを。

私が書きました!
フリーライター
ちゆゆ
パソコン一辺倒20年、肩こりや体のダルさの原因がどうやら自然とのふれあい不足にあるらしいと気づき、バイク&アウトドアを謳歌するようになったイイオトナ年齢の女性(兵庫県民)。いつもの暮らしにアウトドア要素をほんのちょっと取り入れたら、目に見えて人生に彩りがふえました。
この記事をシェアしよう!

関連記事

『 フットウェア 』新着ユーザー投稿記事

『 フットウェア 』新着ユーザー投稿写真

『 フットウェア 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。