無駄のないフォルム。世界最軽量の焚き火台

2019.10.20

火床がメッシュの軽量焚き火台が近頃人気だが、その中でもブッシュクラフトの「ウルトラライト ファイヤースタンド35×44 ver.1.0」は、世界最軽量を謳っている。フルサイズ(一般的な30~40cmの薪が置ける焚き火台=1500㎠以上)としては……という条件付きだが、たしかに軽い。352gという重さは350mlの缶ビールより軽い。軽さの秘密は4本のフレーム(2本の脚と2本のサイドバー)をチタンにしていること。焚き火台といえばオートキャンパー用のアイテムというのは昔の話で、徒歩のバックパッカーでも当たり前に持ち運べる時代になったのである。だって缶ビールを1本諦めれば済むのだから(缶ビールが諦められない人は、水筒の水を350ml減らしてください)。

なお、火床の端にはハトメ穴が空いていて、そこに串を立てかければ、串焼きを楽しむことができる。また、別売りの脚2本をメッシュの上に装着すれば、その脚にゴトクや焼き網を渡しかけて料理をすることが可能だ。

8,800円+税

※この商品は[通販サイト]「大人の逸品」から購入できます。

ウルトラライト ファイヤースタンド35×44 ver.1.0

https://www.pal-shop.jp/item/A55911004.html

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 焚き火 』新着ユーザー投稿記事

『 焚き火 』新着ユーザー投稿写真

『 焚き火 』新着編集部記事

おすすめ記事