定番vs激安キャンプギア 焚き火台7選 | BE-PAL

定番vs激安キャンプギア 焚き火台7選

2020.11.13

焚き火台

暖をとる、お湯を沸かす、調理をする。野外において、焚き火はひとつで何役もこなす特別なツール。いまや一家に一台の時代です!

image

右から反時計回りに1~3、真ん中が4、下段右から左に5~7。

1 最小限のパーツで熱変形に強い新進気鋭

flames/ファイヤースタンド ブラックフルセット ¥13,000

image

L字型の板3枚を組み合わせた新発想の焚き火台。収納時は分解してL字型に一体化。熱による歪みに強く、荷物の隙間にハマるのも◎。2本のゴトク付き。

サイズ(約)=幅37×奥行き23×高さ21cm
収納サイズ(約)=幅32×奥行き16×高さ17cm
重量(約)=2.6kg
問い合わせ先 ナガサキ工業flames事業部 052(680)8555
※9/20までmakuakeで展開。
 その後flames公式ECサイトで販売予定。

2 パズルのように組み立て、楽しむ焚き火台

トリパスプロダクツ/グルグルファイヤー(S) ¥18,800

image

トリパスプロダクツ/フウボウ2(S) ¥8,800

全12パーツを工具不要で組み上げる縦型焚き火台。新作の風防を内側にはめることで、燃焼効率をUP。ソロ、デュオ、ファミリーと3種のサイズ展開。

サイズ(焚き火台・約)=幅33×奥行き33×高さ50.5cm
サイズ(風防・約)=幅21×奥行き3.4×高さ17cm
収納サイズ(約)=幅26.5×奥行き26.5×高さ3cm
重量(約)=3.4kg(焚き火台)、2.34kg(風防4枚)
問い合わせ先 トリパスプロダクツ products-info@tripath.co.jp

3 黒く塗装されたステンレスが目を引く

キャプテンスタッグ/CSブラックラベル 
ヘキサステンレス ファイアグリル(M) ¥7,400

image

スタンドに六角形の火床をセットすればOK。網が付属し、焚き火、BBQが楽しめる。ステンレスにシックな黒い塗装が新鮮。BBQ網付属。

サイズ(約)=幅30×奥行き26.5×高さ22cm
収納サイズ(約)=幅35×奥行き5.5×高さ33cm
重量(約)=1.8kg
問い合わせ先 キャプテンスタッグ 0256(35)3117

4 蛇腹状パネルでフラットにたためる

ウルフ&グリズリー/
キャンプファイヤー セーフ ¥9,800

image

6枚の蛇腹状のパネルで構成された火床は薪を効率的に燃焼。フレームから手軽に外せるので、灰の後始末も楽だ。別売りのグリルと組み合わせれば調理も可能。

サイズ(約)=幅28.6×奥行き27.8×高さ5cm
収納サイズ(約)=幅29.2×奥行き2×高さ10.5cm
重量(約)=910g
問い合わせ先 エイ アンド エフ 03(3209)7575

5 コスパモデル人気No.1モデルにソロタイプが誕生

ユニフレーム/ファイアグリルsolo ¥4,900

image

焚き火台シェアNo.1を誇るモデルに、ひと回り小型のソロ仕様が登場! 空気を取り込みやすく、薪への着火が早いのが特徴。炉と焼き網を付属。

サイズ(約)=幅29.5×奥行き29.5×高さ18cm
収納サイズ(約)=幅21×奥行き21×高さ5cm
重量(約)=900g
問い合わせ先 新越ワークス ユニフレーム事業部 03(3264)8311

6 片手で抱えて気軽に焚き火ピクニック

DOD/ぷちもえファイヤー 実勢価格¥5,800

image

国語辞書サイズでありながら、空気の流れを2層に分ける特殊構造で、二次燃焼を可能に。高い燃焼効率で煙も少なく、薪を燃やし尽くす環境に優しい焚き火台。

サイズ(約)=幅21×奥行き6.5×高さ12cm
収納サイズ(約)=幅26×奥行き7.5×高さ16.5cm
重量(約)=1.2kg
問い合わせ先 ビーズ 050-5305-9905

7 本体298gと超軽量かつコンパクト収納

ベルモント/焚き火台 TABI ¥10,000

image

極薄チタン板を凹凸ではめ込み、3本の脚で組み立てる。両側にサイドプレートをセットすれば完了。風防の役目も果たす。火床は耐荷重15㎏で耐久性も抜群。

サイズ(約)=幅23.7×奥行き36×高さ17cm
収納サイズ(約)=幅36×奥行き1.5×高さ17.8cm
総重量(約)=423g
問い合わせ先 ベルモント 0256(36)1081

 

※構成/大石裕美 撮影/山本 智

(BE-PAL 2020年10月号より)

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 焚き火 』新着ユーザー投稿記事

『 焚き火 』新着ユーザー投稿写真

『 焚き火 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。