焚き火をとことん楽しめる!難燃生地を使ったオンウェーの新作アウトドアチェアセット

2019.12.19

焚き火を本気で楽しみたい人に向けたチェアセットが登場

ローチェアは、焚き火の炎に近くより楽しめる高さが人気のポイント

炎のゆらめきを見たりはぜる音を聴いたりすると、キャンパーだけでなく多くの人が癒されることはご存知のとおり。今回紹介するアイテムは、そんな癒し効果があるとされる焚き火をとことん楽しめる人向けに開発された、チェアとクッションカバー。焚き火ファンもこれから焚き火ギアを新調したい人も、チェックしてもらいたい。

火の粉に強い機能とハイデザインを追求

「コンフォートローチェアNEXT」20,800円+税

オンウェーが発表した新作チェア「Comfort Low Chair Next(コンフォートローチェアNEXT)」は、すでに販売されている人気のコンフォートローチェアに特製クッションカバーを付属したもの。カバーはこのチェアのサイズに合わせたものなので、セットで使うことが大事。

コンフォートローチェアにはヘッドクッションが付属し、快適性は保証付き

まずコンフォートローチェアは、座面高を約30cmとかなり低めに設定し、足を前に投げ出せるように座面の角度をゆるく設計されたチェア。生地は6号帆布の厚めコットンを採用し、丈夫でハリがあるのが特徴。肘かけには竹集成材を使用し、なめらかな質感で温かみがある。

クッションカバーをつけてもコンパクトに収納

チェアは二つ折りにして持ち運ぶことが可能。たたむと厚みは16cmになるので、車載時や家の収納の邪魔になならない。重量は約3.5kgで、力に自信がない人でも問題なし。フレームはアルマイト塗装を施したアルミ合金。軽量でありながらかなり頑丈な素材なので、そう簡単には壊れない。耐荷重は約100kgで、大柄の男性が座っても耐えられる仕様だ。

チャッカマンの火を近づけても……大丈夫!

そんなコンフォートローチェアにかける特製クッションカバーは、日本の大手繊維メーカー・帝人が開発した「Teijinconex(テイジンコーネックス)」というアラミド繊維とコットンの混合生地を採用。国内で製造されており、焚き火から出る火の粉が当たっても穴があく心配はない。チャッカマンの火を近づけても燃えなかったそうだ!(※必ず燃えないものではありませんので、ご注意ください)

まるでソファのようなクッションデザインでさらに快適に

こちらには中綿入りのクッションをつけ、長時間座ってもおしりや腰が痛くなりにくくした。焚き火を長く楽しみたい人には嬉しいポイント。またカバーは厚めに設計されているため、冬キャンプでも背中が寒くなりにくくなっている。

なお、クッションカバーは単品でも販売されるので、コンフォートローチェアを持っている人はその上からかけて使える。チェアセットとクッションカバーは来年2020年春夏に発売される予定で、購入はオンウェー公式通販サイトを皮切りに取扱店舗でも徐々に販売される予定。焚き火の時間を大事にしたい人は試してみてはいかがだろうか。

製品情報

コンフォートローチェアNEXT
・チェア本体(コンフォートローチェア)
使用サイズ(約):幅60.5×奥行き82×高さ75cm
収納サイズ(約):幅60.5×奥行き16×高さ72cm
座面高(約):30cm
重量(約):3.5kg 
耐荷重(約):100kg

・クッションカバー
座面:アラミド繊維(Teijinconex)綿
クッション:化繊綿
裏生地:ポリエステル
カラー:ベージュ
重量(約):850g

オンウェーの公式サイトはこちら
https://www.onway.jp/home/

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 チェア 』新着ユーザー投稿記事

『 チェア 』新着ユーザー投稿写真

『 チェア 』新着編集部記事

おすすめ記事