草むしりからキャンプまで。高さを調整できる折りたたみスツール

2019.11.04

フレーム(脚)の赤いボタンを押してフレームの長さ(座面の高さ)を調整する。

以前、叔父の畑で草むしりを手伝ったとき、つくづく草むしりは腰が痛いと思った。叔父はキャスターを付けた低いイスを自作してそれに座って作業していた。今回紹介する「ウォークスツールベーシック50」を見て、そのときのことを思い出した。というのもこのスツールは脚(フレーム)の長さを2段階に調節できて、低く設定したときは草むしりにちょうどいい高さになるからだ。高さがちょうどいいだけでなく、低く設定するとフレームが「一脚」(写真をご覧ください)の状態になり、その一脚を支点として自分の体を360度好きな方向に向けられる。周囲の雑草はもうきれいさっぱり抜くことができるのだ。

草むしりのことばかり申し上げてしまったが、もちろんキャンプや野外フェスにも重宝するだろう。高く設定したときは53cmという高さになる。安物の3本脚スツールだと高さが30~40cmのものもあるから、けっこうな高さといえる。座面が高いとやはり座っていて快適だ。座ったときの安定感も申し分ない。極端な軽量化を狙わずにフレームを比較的太く作ってあるのが安定感の源だと思う。重さは650g。安定感と軽さのバランスがよい折りたたみスツールである。

フレームをたたんだあとにベルトで束ねることができる。収納袋も付いている。スウェーデン製。

高く設定した状態。高さ53cm。

低く設定した状態。高さ36cm。

13,200円

※この商品は[通販サイト]「大人の逸品」から購入できます。

https://www.pal-shop.jp/item/A55911010.html

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 チェア 』新着ユーザー投稿記事

『 チェア 』新着ユーザー投稿写真

『 チェア 』新着編集部記事

おすすめ記事