おすすめのツーバーナー!キャンプ料理の幅がグンと広がる!

2019.09.01

キャンプで調理に使うなら、火口がふたつあるガスツーバーナーがだんぜん便利! まるで家庭で料理しているかのように、スムーズに作業できるのが大きな魅力だ。

ソト / SOTO

レギュレーター2バーナー GRID

REGULATOR TWO BURNER

本体下部にボンベを横に装着するタイプだから、じつにスマート! 着脱式風防も付属し、風が強いときでも問題なし。マイクロレギュレーター搭載だから低温下でも安定燃焼する。
本体サイズ:幅468×奥行き251×高さ116㎜ 重量:2,250g 出力:2,500kcal/h×2


ユニフレーム / UNIFLAME

ツインバーナー

S-1900

CB(カセットボンベ)缶仕様ツーバーナーのロングセラーモデル。燃焼部の熱をボンベに伝える加温器、前方に傾斜して手入れが楽なステンレス製汁受けなど、とても機能的だ。
サイズ:約幅540×奥行き325×ゴトク面高さ290(収納時厚さ115)㎜ 重量:約3,900g 最大出力:3,900kcal/h×2(プレミアムガス使用時)


コールマン / Coleman

パワーハウス LP ツーバーナーストーブⅡ

2000006707

厚さ7㎝に収納できるスリムデザインが特徴的。折りたたみ式風防が付いた蓋は取りはずすこともでき、口径の大きな鍋をのせて調理もできる。専用OD(アウトドア)缶仕様。
サイズ:使用時/約幅640×奥行き325×高さ520㎜、収納時/約幅540×奥行き325×厚さ70㎜ 重量:約4,200g 出力/約3,500kcal/h×2(レギュラーガス使用最大出力時)


スノーピーク / Snow Peak

ギガパワーツーバーナー液出し

GS-230

専用OD缶を天地逆さまにセットし、燃料を液状のまま缶から噴出させることで、気化熱による缶の冷却を防止。ガスがなくなるまで、安定した火力で使い続けられるのが特徴だ。
サイズ:使用時/幅563×奥行き383×高さ514㎜(風防、スタンド装着)、収納時/幅500×奥行き360×厚さ110㎜ 重量:7,300g 出力:3,000kcal/h×2


プリムス / Primus

オンジャ

P-COJ

付属ストラップを取り付けて、ショルダーバッグのように持ち歩ける機能的なスウィディッシュデザインが人気のモデル。付属のウッドボードは鍋敷きとしても活用できる。
サイズ:幅430×奥行き195×高さ255(収納時300)㎜ 本体重量:3,000g 出力:3,500kcal/h×2(500Tガス使用時)


キャプテンスタッグ / CAPTAIN STAG

エクスギア ガスツーバーナーコンロ

UF-17

風防付き蓋と脚を折りたたむと、薄型に収納できるスマートなボディーデザインが印象的。火力調節ツマミのすぐ横に点火装置がレイアウトされ使い勝手も良好だ。
サイズ:フード使用時/約幅655×奥行き350×高さ500㎜、収納時/約幅530×奥行き320×高さ80㎜ 重量:約5,000g 出力:3,000kcal/h×2

 

関連記事

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 バーナー 』新着ユーザー投稿記事

『 バーナー 』新着ユーザー投稿写真

『 バーナー 』新着編集部記事

おすすめ記事