埼玉県の人気アウトドアショップに聞いた、ソロキャンプツーリングにおすすめの道具3選 | アウトドアショップ・自然派の店 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 埼玉県の人気アウトドアショップに聞いた、ソロキャンプツーリングにおすすめの道具3選

    2020.06.14

    私が書きました!
    バイクタレント
    岸田彩美
    バイクの楽しさ無限大をモットーとし、オートバイの魅力や楽しさを伝えるために日々奮闘中。WEBのオートバイコンテンツライター業やラジオパーソナリティも務める。アウトドアに関しては初心者であるが、フットワークの軽さを活かして、読者の皆さんと一緒に楽しめる発信を心がけている。

     

    こんにちは。岸田彩美です。今回は突撃リポート編。私が住んでいる埼玉県ですが、実は個性豊かなアウトドアショップさんがあるのです。

    お邪魔したのは、埼玉県富士見市鶴瀬にある「CAMPHILLS」さん

    東武東上線鶴瀬駅から約徒歩4分、駐車場も完備、アクセスも便利なお店です。オーナーの萩原さんに色々とお話をお伺いしました!

    お店のコンセプトは、家にあるものを外に持ち出すオートキャンプスタイル。今年の4月一周年を迎えたとのことです。

    まだオープンしてから1年経っていないにも関わらず、Instagramのフォロワーが1万2千人オーバー!!新潟県や栃木県那須郡など、片道2時間かけて来てくださるお客様も多いんですって!注目度もファンも多い理由を探っていきたいと思います。

    キャンプツーリングにオススメベスト3を聞きました

    第3位 GURU GURU FIRE(サイズ展開:XSSM)  

    こちらはMサイズ

    北海道石狩市にあるTRIPATH PRODUCTSさんから発売されている焚火台です。

    北海道と言えば…鹿!ですよね。そのイメージを表現しつつ、とにかく繊細でお洒落。一つ一つが細かいんです。

    こちらはXSサイズ

    収納は超コンパクトに収まるという優れもので、ドライバーなど難しい工具も一切不要です。

    所有感を存分に満たしてくれること間違いなし。

    そうこう色々と教えてもらっているうちにちゃっかり私もXSサイズ買っちゃいました…!

    念願の焚火台デビュー。小枝を使ったソロキャンプツーリングの時に大活躍の予感です♪

    XSサイズ→重量1.2kg 収納サイズ175×175×20mm 組立サイズ220×220×340mm 

    第2位 カーボンチェアサイドテーブル 三脚付き

    今年はカーボンが来ますよ!と萩原さんのイチオシ。

    テーブルも三脚もカーボンを使用しているのでとにかく軽量です。ライダーの皆さん…カーボンって聞くだけでグッときませんか??

    ショップのロゴもさりげなく入っているところがまたいい味出しています。

    天板の高さは、140-370mmまで三脚で調整できますので、お持ちのチェアと合わせて使用可能。天板のサイズは260×390mmとバックパックにも入るとのこと。重さは三脚入れても約1kgです。

    人気商品につき、納期につきましては随時Instagramの確認をお願いします!

    第1位 ALDEBARAN EDGE STAND

    軽量のランタンスタンドです。これ一つあれば、映える写真が撮れそう♪

    3本のポールを組み立ててボルトでテーブルに固定するというセッティングも簡単。約33mm幅の厚さまで対応できるそうです。収納袋もついており、220gと軽量でコンパクトに持ち運び可能です。


    色は、ブラック・チタン・レッドで私はチタンカラーが気になりました…。

    またオプションでINAVANCE EDGE STAND_HANGERもあり、ランタン以外の物を掛けてもOK!オプションパーツを付けることでグッと使い方の幅が広がりますよね♪

    番外編「ハイプレッシャー01オリジナル衣類圧縮袋」

    総合スポーツウェアブランドagrinaさんとのコラボレーション商品でMADE IN JAPANです。

    四国で作られているとのことですが、実は化成品を得意とする企業が多く、特許を取得している技術を取り入れた圧縮袋なんですって!

    「一度圧縮したら本当に空気抜けませんよ!」と萩原さんのお墨付き!

    そしてこんなに小っちゃくなるんです!

    衣類やタオルって地味にかさばるんですよね…。キャンプツーリングする時に重宝されるのではないでしょうか?

    人気の理由はこれだ!

    今回お邪魔して、萩原さんにお話を伺いながら分かったこと…

    アウトドアだけでなく、枠を超えたコラボレーション商品が多く、とにかくオリジナル商品が多い事!

    CB缶Decoマグネットカバー こちらもオリジナル

    またオーナーの目利きの上でこだわりの商品を多く取り揃えているので、人と被らないものでキャンプを楽しみたい方にマッチする商品が多い事ではないでしょうか。

    キッズスペースも完備しているので、お子様連れでも安心してゆっくりお買い物できますね。

    CAMPHILLS」さんは、平日12時-20時、土日祝10時-18時。水曜日定休、その他不定休とのことです。随時Instagramをチェック♪オンラインショッピングもありますよ。  

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 アウトドアショップ・自然派の店 』新着編集部記事

    その場所の手掛かりは謎の暗号だけ!? 札幌からクルマで30分のアウトドアレストランを発見

    2022.12.23

    なぜパタゴニアが食品事業を?持続可能な農業を支援する醸造酒コレクション登場

    2022.12.04

    岐阜中心部に登場!フロア面積約2,600㎡の巨大アウトドアショップ「HIMARAYA OUTDOOR GIFU」

    2022.12.01

    フィールド直結のNANGA SHOP TOHMAならレアものが見つかるかも!?

    2022.11.24

    ゴールドウインが初のキャンプ特化型店舗「THE NORTH FACE CAMP」ほか体験型3店舗を恵比寿にオープン

    2022.11.10

    世界最大の売り場面積を誇る「モンベルアウトドアヴィレッジ奈良店」に行ってみた

    2022.11.06

    z