2024年人気の出そうなアウトドアシューズはローカット?ミッドカット? | フットウェア 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • フットウェア

    2023.12.30

    2024年人気の出そうなアウトドアシューズはローカット?ミッドカット?

    定番からの進化や新シリーズの追加など、既存のアイデアを応用したモデルがたくさん発売。とくにローカットシューズには新製品が多いぞ!

    2024年はどのシューズが注目株になる?アウトドアライターが大胆予測!

    私が選びました! ライター 高橋庄太郎

    ライター 高橋庄太郎

    夏は北海道、冬は沖縄での野営が大好き。得意な分野は"人力で運べる"登山向けの道具で、著書に『トレッキング実践学』(ADDIX)等。

    優れたローカットに加えミッドカットにも注目作が!

    アウトドアギアの軽量化の波は、シューズにも及んでいる。素材や構造の工夫による軽量性の追求に加え、ハイ/ミッドカット以上にローカットの新製品が増えているのも、大きな意味ではシューズの軽量化の流れのひとつだと僕は考えている。
     
    実際、ユニークなシューズを選択すると、その大半はローカット。常に斬新なモデルを作り出してくるホカやゼロシューズのみならず、ローバーやキャラバンのような老舗からも優れたローカットが生まれているのが興味深い。自由な発想で生まれるデザイン性も魅力的だ。
     
    とはいえ、今回いちばんの注目は、ミッドカットの新作。僕も長年履いてきたキーンの「ターギー」にとうとう「Ⅳ」が加わるのだ! 歩きやすさやフィット力の高さは定番の「Ⅱ」「Ⅲ」以上で、これは人気が出そう。

    ベスト3

    1位左、2位右、3位中央。

    第1位・人気シリーズからついに「Ⅳ」が登場!

    キーン/ターギーⅣ ミッドウォータープルーフ 
    ¥24,200

    同ブランドを代表する「ターギー」シリーズの最新版として「Ⅳ」が追加。アッパーの素材の工夫でフィット感はますます向上し、ラグが深くて滑りにくいアウトソールがとても好印象だ。

    問い合わせ先:キーン・ジャパン TEL:03(6804)2715

    キーン/ターギーⅣ ミッドウォータープルーフ 

    第2位・老舗ブランドから生まれた新シリーズ

    ローバー/シートックス 
    ¥26,400

    100年の歴史を誇る登山靴メーカーが開発したトレランシューズ。これは片足250gの最軽量モデルで、反発力が高いプレートやグリップ力に富むアウトソールの力ですばやく行動できる。

    問い合わせ先:イワタニ・プリムス TEL:03(6667)0680

    第3位・手を出しやすいお値段もうれしい

    キャラバン/C1_DL LOW 
    ¥16,830

    同社の「C1_02S」は日本を代表する登山靴だが、これはその流れを汲む"軽量ローカット"タイプ。より柔らかな履き心地で気軽な山歩きにぴったりだ。こちらは3月発売予定。

    問い合わせ先:キャラバン TEL:03(3944)2331

    第4位・足裏のプレートで歩行力を高める

    ホカ/スカイラインフロート X
    ¥27,500

    ホカ/スカイラインフロート X

    反発性の高い特殊なプレートがミッドソールに入っているだけではなく、かかとのボリュームも相当なもので、弾むような履き心地。通気性のよいアッパーは暑い時期に向く。

    問い合わせ先:デッカーズジャパン TEL:0120-710-844

    第5位・シンプルを極め、傷みにくいルックス

    ゼロシューズ/リッジウェイ メッシュ ロー 
    ¥16,800(予価)

    ゼロシューズ/リッジウェイ メッシュ ロー 

    シューズの前後で高さの差がなく、素足のような歩行感。つま先付近は広く、指先感覚も生かせる。アッパーにはステッチがなく、縫い糸が切れて壊れる心配はない。

    問い合わせ先:ケンコー社 TEL:06(6374)2788

    ここからは…全国14のショップスタッフに聞いた、アウトドアシューズの2023年ランキング!

    第1位・スカルパ/ZGトレックGTX 
    ¥35,200

    スカルパ/ZGトレックGTX 

    2019年の発売から人気になったモデル。包み込むようなフィット感とレザー主体のアッパーの耐久性が優秀だ。

    問い合わせ先:ロストアロー www.lostarrow.co.jp

    日帰り登山からテント泊まで◎。安定感を求める人にもマッチします。(アウトドアショップ・ベースキャンプ)

    第2位・スポルティバ/トラバース X5 ロー GTX 
    ¥30,600

    第3位・サロモン/Xウルトラ4 MID ゴアテックス 
    ¥24,200

    第4位・キャラバン/C1-02S 
    ¥20,900

    第5位・メレル/モアブ 3 シンセティック ミッド ゴアテックス 
    ¥20,900

    (BE-PAL 2024年1月号より)

    NEW ARTICLES

    『 フットウェア 』新着編集部記事

    「FUJI ROCK FESTIVAL」×KEENのコラボ第5弾!水陸両用サンダル「NEWPORT RETRO」の特別仕様だっ

    2024.06.19

    アウトドア向けのスニーカー15選|普段も履ける高機能シューズが勢ぞろい!

    2024.06.18

    水際のおしゃれ番長!MERRELLの新作サンダル「HYDRO SLIDE 2」は快適度がさらにアップ

    2024.06.17

    軽量登山靴・スカルパ「ラッシュトレックGTX」レビュー!初トレッキングシューズにもおすすめ

    2024.06.12

    水陸両用シューズ13選|海・川などの水辺レジャーに履いていきたい靴特集

    2024.06.10

    夏サンダルの定番「BIRKENSTOCK」から簡単に水洗いできるアウトドア向けサンダルが登場!

    2024.06.06

    モンベルのソックオンサンダルが優秀!アウトドア好きが選ぶ理由とは

    2024.05.29

    水陸両用サンダルは今季もトレンド!大注目のホカ「HOPARA 2」を試してみた

    2024.05.28