ギア好きなら知っておきたい!ランタン&ストーブ130年の歴史をまとめて紹介 | ランタン・ライト 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • ランタン・ライト

    2023.12.04

    ギア好きなら知っておきたい!ランタン&ストーブ130年の歴史をまとめて紹介

    テント内やサイトを照らし出すランタン、外メシ作りの熱源となるストーブは、どちらもフィールドワークの必需品。その進化の過程を知ると便利な最新道具だけでなく、ちょっと手間はかかるけど味わい深い昔ながらの道具も使ってみたくなるはずだ。

    ランタンLanternの歴史とは

    液体燃料からガス、充電式へ。進化著しいフィールド照明

    アウトドアという言葉さえも耳慣れなかった1980年代は、まさしく日本のアウトドア黎明期。当時、キャンプといえば登山に伴うテント泊のことで、夜間の照明として使っていたのはヘッデン(ヘッドランプ)とキャンドルが主流だった。
     
    そのころ欧米では、すでにマントルを発光体とした液体燃料の加圧式ランタンが当たり前に使われていた。それどころかスウェーデンのプリムス社では、‌’30年代からすでにLPG(液化石油ガス)製品の開発を始めていたのである。
     
    欧米に後れをとっていた日本で、おそらく最初に注目されたランタンは、コールマンの赤ランタンだろう。それは、ホワイトガソリンを燃料とし、点灯すると直視できないほどの明るさを発揮。ヘッドランプのような局所照明ではなく、サイト全体を照らし出してくれた。
     
    やがて’90年代になると、より手軽に使えるOD缶やCB缶(液化ガス)を燃料として使うランタンがキャンプ照明の主役にのし上がってくる。
     
    そして2008年、米国のブラックダイヤモンドが小型のLEDランタンを発売したのを機に、LEDを光源としたランタンが続々と開発されるようになった。それも乾電池電源から、充電式へと、あれよあれよという間の音速進化を遂げた。

    1893
    フュアハンド創設

    フュアハンド創業時の写真

    1901
    コールマン創設

    1906
    ストーンブリッジ社が折りたたみ式キャンドルランタンを開発

    折りたたみ式 キャンドルランタン

    米国のチャールズ・H・ストーンブリッジが開発した折りたたみ式でボディーは真鍮製。

    1910
    ペトロマックス社が世界初の加圧式灯油ランタンを開発

    1914
    コールマン初のアウトドア用ランタンが誕生

    コールマン初のアウトドア用ランタン

    屋外で吊り下げて使えるハンドルが付いた、アウトドア仕様の「アークランタン」。

    1933
    フュアハンドがベイビースペシャルシリーズを発売

    image

    1880年代に開発された、嵐でも消えない灯油ランタンを小型化したシリーズが登場した。

    1973
    キャンドルランタンでお馴染みのUCO創設

    UCOのキャンドルランタン

    ガラス製ホヤをスライドさせると、コンパクトになるキャンドルランタンの先駆モデル。

    1989
    フュアハンドのロングセラー「ベイビースペシャル 276」生産開始

    image

    現在、フュアハンドブランド唯一のオイルランタン。いまなおドイツ国内で作られている。

    1994
    ヘッド同士を合体して持ち運べる画期的ランタン&ストーブ「MLB」誕生(プリムス)

    image

    ランタンとストーブをコンパクトに携行でき、バックパッカーや2輪ツーリストに人気を博したモデル。

    プリムスのMLB

    1996
    世界初の自動点火装置付きガソリンランタン発売開始(コールマン)

     

    自動点火装置付きガソリンランタン

    大光量のチューブ状マントルが採用され、明るさ、使い勝手ともにバツグンのモデル。

    2001
    SOTOが、マントルではなくプラチナ発光体を使ったランタンを開発

    プラチナ発光体を使ったランタン

    世界初のマントルのない「G-メタルランプ」。リフレクター付きで風に強くコンパクト。

    2008
    ブラックダイヤモンドがLEDランタンの先駆けとなるモデルを発売

    LEDランタンの先駆け

    宇宙船をイメージしてデザインされた「アポロ」。3本の脚は折りたたみ式でコンパクト。

    2010
    LEDランタンがキャンプ照明の主役に!

    コールマンのLEDランタン

    このころから、ガソリンやガス燃料からLEDランタンが続々と開発されるようになる。

    2020
    レトロなデザインのランタンが人気を博す

    image

    「レイルロードランタン」をはじめ、ベアボーンズがノスタルジー満点なランタンを連発。

    次ページからはストーブの歴史を紹介!

    NEW ARTICLES

    『 ランタン・ライト 』新着編集部記事

    まだギリ手に入る逸品遺産!「ベルトがない」ヘッドライトが便利な3つの理由

    2024.02.12

    ペトロマックスHK500を使いこなす!魅力のポイントから使い方まで徹底解説

    2024.02.09

    スノーピークのランタン3選!ガス、LEDの人気モデルと使い方を紹介

    2024.01.30

    SOTOのランタン3選!人気モデルの使い方や魅力をレビュー

    2024.01.28

    アメリカの香り漂うアンティーク風ランタンが渋すぎるっ! LEDだからインテリアにも最適

    2024.01.28

    経年変化を楽しめるベアボーンズの小型LEDランタン! 銅と真鍮使いがたまらん

    2024.01.27

    フュアハンドの名作ランタン!魅力から使い方まで徹底解説

    2024.01.21

    コールマンのガソリンランタンの正しい使い方&メンテナンス方法!名作モデルも紹介

    2024.01.19