刀のようにしまえる箸!?スノーピーク「和武器」に魅了された愛用者が徹底レビュー | 調理器具・食器 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 調理器具・食器

    2023.07.30

    刀のようにしまえる箸!?スノーピーク「和武器」に魅了された愛用者が徹底レビュー

    お箸

    「和武器」はスノーピークから販売されているお箸。

    スノーピーク(Snow Peak)から販売されている「和武器」という商品をご存知でしょうか?

    「和武器」は、キャンプだけでなく日常でも活躍するお箸。戦いに使う武器を想像した人もいるかもしれませんが、名前の由来は登山用語でカトラリーを表す「武器」からきているそうです。

    今回は、そんな「和武器」を愛用する筆者が、一体どんなところに魅了されたのかを紹介していきます。

    5,000円以上する箸「和武器」との出会い

    ある時、筆者がキャンプ用にコンパクトで使いやすいお箸を探していたところ、スノーピークの「和武器」を発見。

    シルバーにシンプルなロゴという、スノーピークらしい素敵なデザインに惹かれたのですが、とある理由から購入を躊躇していました。

    それは、はるかに予算を超えた価格。正直なところ、なかなか購入に踏み切れなかった理由は税込5,280円という価格にありました。

    友人から奇跡のプレゼント!

    すると、たまたま私の誕生日が近かったこともあり、友人からプレゼントでもらえることに。

    手に入れた念願の「和武器」をキャンプで使ってみると、それはそれは思った通り素晴らしいアイテムでした。

    お箸一膳に5,000円を出せるか

    購入すれば「買ってよかった」と必ず思える、と今ではおすすめできますが、お箸一膳としては決断するのにやや勇気が必要な価格だと思います。

    ちなみに、「和武器」のサイズはMとLの2種類。違いは、長さと重さです。Mは全長205mmで本体約26g、Lは全長225mmで本体約27gとなっています。

    たかがお箸なのか、されどお箸なのか。次から、私が「和武器」に魅了された理由を紹介するので、あなたはお箸に5,000円以上出せるかどうかを考えながら読んでみてください。

    私が「和武器」に魅了された4つの理由

    お箸 手

    お箸を手に持って「おっ!」と思ったのは初めて。

    念願の「和武器」を手に入れた私が、魅了された理由は以下の4つです。

    お箸でここまで満足感を与えてくれるものは、きっと他にはないでしょう。

    (1)スノーピークらしいデザイン性

    お箸

    スノーピーク製とすぐにわかるようなデザインが堪らない。

    まず一つ目の理由は、そのデザイン性。

    ステンレスシルバーに「スノーピーク」のロゴ。そして、竹素材の優しい雰囲気に惹かれました。

    お箸の先端は、自然にも人にも優しい竹素材が使用されています。

    金属製の場合、お箸をうっかり熱源の近くに置いてしまうと熱くなってしまいますが、竹素材部分はそのようなことがありません。

    シルバー&竹素材のデザインが、「和武器」を使うたびに気分を高めてくれます。

    (2)手に馴染んで口当たりのいい使い心地

    「和武器」は、グリップ部分のステンレスがちょうどいい重さで、気持ちよく手に馴染んでくれます。

    さらにグリップ部分が四角になっているので、テーブルや食器からうっかり転がり落ちてしまうことがありません。

    シェラカップ上のお箸

    「和武器」自体が四角なので、地面が斜めでもあまり転がり落ちない設計。

    また先端の竹素材は口当たりがよく、強度もあるのでつまむ、押さえるといった動作を楽に行えます。

    (3)先端部分を刀のようにしまえる

    お箸

    お箸は分解して、ステンレス部分に収納できる。

    「和武器」は、キャップ・ステンレス部分・先端部分に分解することができます。

    そして、先端部分はなんとステンレス部分に収納できるようになっています。その様は、まるで刀を鞘におさめているかのよう。

    こうすることで、“マイ箸”をコンパクトに携帯できます。

    (4)部品を取り替えて長く使える

    分解した お箸

    先端部(左)は1本1,320円(税込)、キャップ(右)は1個550円(税込)で別売りされている。

    先端部分とキャップ部分は部品として別売りされています。

    特に竹素材の先端部分は、使っているうちにどうしても劣化していってしまうもの。そのため、部品の別売りがあるのはありがたいですよね。

    なお、ステンレス部分のバラ売りはないため、金属特有のエイジングを楽しんでいきましょう。

    消耗しやすい部品や、なくしやすい部品のバラ売りを活用しながら、長く愛用できるサスティナブルな箸なのです。

    (5)持ち運びやすい収納袋付き

    付属品

    収納袋は、首にかけて持ち運ぶこともできる。

    バラバラしていて、なくしやすいお箸。収納袋があるとありがたいですよね。

    「和武器」の収納袋なら、首にかけて持ち運ぶことができます。ちょっとした移動の時や大人数でのキャンプ時、なくしたり、他の人のカトラリーと混ざったりしないよう管理するにはとても便利です。

    「和武器」はキャンパーへのプレゼントにおすすめ!

    お箸 収納

    プレゼントにちょうどいい!

    魅力がたくさん詰まった「和武器」。プレゼントに最適だと思いませんか?

    “自分ではなかなか買えない高品質なもの”をもらえたら、なんだか得した気分になれますよね。プレゼントを贈りたい相手がキャンパーであれば、喜んでもらえること間違いなし。シンプルで、好みが分かれにくいことも贈りやすいポイントですね。

    もちろん、その良さを実感すれば、5,280円という価格への躊躇はなくなるはず。

    コンパクトに持ち運びができるので、アウトドア以外にも会社や学校で使うマイ箸としてもおすすめです。

    ぜひ、「和武器」を大切な人に贈ったり、自分へのご褒美として購入したりしてみてはいかがでしょうか?

    和武器M
    価格:5,280円(税込)
    サイズ:8×8×205(h)mm(収納時約113mm)
    重量:本体/約26g、ケース/約14g
    収納サイズ:38×143(h)mm
    材料:グリップ/ステンレス、ディップ/竹、ジョイント・フタ/ブラス・ゴム、ケース/ポリプロピレン

    和武器L
    価格:5,280円(税込)
    サイズ:8×8×225(h)mm(収納時約122mm)
    重量:本体/約27g、ケース/約14g
    収納サイズ:38×143(h)mm
    材料:
    グリップ/ステンレス、ディップ/竹、ジョイント・フタ/ブラス・ゴム、ケース/ポリプロピレン

    私が書きました!
    アウトドアライター
    奥田ゆうじ
    滋賀県在住のアウトドアライター。少しでも多くキャンプに関わりたいと思い、ライターを始めました。今までギアに使った金額は200万円以上。今は「良いものを長く使う」をモットーにギア選びをしています。

    NEW ARTICLES

    『 調理器具・食器 』新着編集部記事

    パワフル・静音・コンパクト!「Ninja Blast コードレスミキサー」はアウトドアにも持ち運びしやすいぞ

    2024.02.19

    火加減自在で失敗しにくい!アウトドアでも家でもキャンプ料理が楽しめる「Toffy ホットメスティン」

    2024.02.18

    樽から注いで、はい乾杯!「ハイネケン5Lケグ」の発売が決定したぞ

    2024.02.04

    本体内に全パーツを収納可能!キャンプで使いやすい持ち運びできるピザ窯が登場

    2024.02.04

    レトロな雰囲気がいいね!ホーローのミルクパンは寒い日のキャンプで大活躍

    2024.02.03

    ロゴスのこれで気軽に薫製おつまみ完成!「LOGOSの森林 ちょっとスモークするリッド」

    2024.01.31

    日本の職人が作る焚き火道具ブランド「TAKIBISM」から、おしゃれな鉄製フライパン登場!

    2024.01.29

    ダッチオーブンで石焼き芋を作ろう!必要な道具と作り方のポイント

    2024.01.26