キャンプの睡眠改善に期待!Desert Walkerの折りたたみコットの魅力とメリット | マット 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • キャンプの睡眠改善に期待!Desert Walkerの折りたたみコットの魅力とメリット

    2023.02.21 たまぞう

    筆者私物。

    筆者私物。

    泊まりのキャンプには必ず睡眠があります。たかが睡眠、されど睡眠。

    この睡眠の質によって、翌日の疲労度は大きく変わります。特に帰りの日は、撤収作業や車の運転などで体力を使うため、少しでも疲労は取り除いておきたいところ。

    そこで今回は、キャンプの睡眠を快適にしてくれるアイテム、コットの魅力と筆者愛用のコット、Desert Walkerの折りたたみコットを紹介していきます。

    ぜひ参考にしてもらえればと思います。

    コット導入のメリットとは?

    筆者はキャンプにコットを取り入れてから、快適な睡眠ができるようになりました。コット導入にはさまざまなメリットがあるので、しっかり押さえておきましょう。

    1.快適な寝心地

    1つめのメリットは、なんといっても寝心地が良いことです。

    快適な睡眠に、良い寝心地は欠かせません。

    コットとは、簡単に言えば簡易式ベッドのようなもの。アウトドアにいながら、ベッドで寝ているような感覚で眠ることができます。

    コットをレイアウトしたサイト。

    コットは、快適な睡眠のためには不可欠と言っても過言ではありません。

    もちろん寝心地は、種類やメーカーによって異なります。

    購入する際は、商品情報やレビュー、口コミなどを参考にしながら、自分に合うものを選びましょう。

    2.地面を選ばない

    2つめのメリットは、キャンプ場の地面の影響を受けないことです。

    地べたにシートやマットを敷いて寝る場合、石や砂利があるようなキャンプ場だと意外とそれらが気になるものです。

    実際、筆者もコット導入前は地べたに寝るスタイルでしたが、地面の環境によって睡眠の質が左右されたことを覚えています。

    思い通りに寝られないことはストレスにもつながるため、こちらも大きなメリットでしょう。

    地面にコットを置いた状態。

    このように、大きめの石が点在していても、コットがあれば地面に影響されません。どのようなフィールドでも快適な睡眠を約束してくれます。

    コット導入後は、地面の形状を気にすることなく、安心して睡眠をとれるようになりました。

    今では、キャンプでの睡眠において、コットは必要不可欠な存在となっています。

    3.オールシーズン対応

    3つめのメリットは、オールシーズンに対応していることです。

    コットは構造上、寝る部分が地面から離れていて、その間にはスペースがあります。

    実はこのスペースが重要。スペースがあることで、夏は蒸れを防止、そして冬は地面の冷えによる底冷えを軽減してくれます。

    もちろん、冬の冷えはコットだけで防ぐことは困難なので、カバーやエアマットなどは必須です。

    冬場のコット使用例。

    寒い時期は底冷え対策として、コットの下にグランドシート、コットの上にエアマットやラグなどを重ねています。

    地べたに寝るスタイルと比べて効果は明らか。コットがあれば、オールシーズン快適な睡眠をバックアップしてくれることは間違いありません。

    4.どのようなテントにも対応できる

    4つめのメリットは、テントの種類を問わないことです。

    小型から大型のテント、あるいはインナーテントのないシェルターと呼ばれる幕体など、あらゆるテントに対応します。

    また、コットを使えば地べたに寝具を敷くことがなくなるので、インナーテントが不要になり、経済的とも言えます。季節によっては、タープ下での睡眠も可能になるでしょう。

    5.突然の雨でも安心

    5つめのメリットは、突然の雨でも安心なことです。

    アウトドアでの天候は変わりやすく、予報が外れて雨が降ることもしばしば。

    雨が降ると地面が濡れるため、地面に直接触れる寝具を使っていると、濡れてしまうことがあります。

    そのような状況において、コットであれば地面に直接触れることはないため、水濡れの心配はありません。

    筆者愛用のコット

    Desert Walker 折りたたみコット

    筆者愛用のコット。

    筆者が愛用している、Desert Walkerのコット。

    筆者が愛用しているのは、Desert Walkerから発売されている、折りたたみのコットです。

    このコットを4年ほど愛用しているので、愛用者目線で特徴や注意点を紹介します。

    耐荷重200kg

    メーカーの製品説明に記載されている耐荷重は、200kg

    キャンプでの睡眠を考えれば、必要十分といえます。

    過去、何度もこのコットで寝ていますが、ぐらつくなどの不具合はありません。

    コンパクトで軽い

    コンパクトさは、数あるコットのなかでもトップクラス。

    筆者愛用のコットの収納時。

    コット収納時。これだけコンパクトになるのは大きなアドバンテージになります。

    コット自体の重量も1.3kgと、かなりの軽量。

    また、収納寸法が49cm×10cmになるので、バックパックにも収まってしまうほどのサイズ感です。

    電車やバイクなど、持ち物が限られるようなキャンプでも、快適な睡眠をサポートしてくれますよ。

    生地は丸洗い可能

    アウトドアで使用するギアは「汚れ」が付きもの。でも、寝るところは清潔にしておきたいですよね。

    このコットの生地は洗濯が可能なので、汚れた場合でも安心です。

    注意点は設営にコツがいること

    このコットの注意点は、設営にコツがいるところです。

    組み立てには、2本のサイドバーと4本のサポートの取り付けが必要です。

    コットの内容物。

    筆者愛用のコットの付属品。これらを組み立てることで、設営することができます。

    4本のサポートを取り付ける際にコツが必要で、最初のうちは時間がかかるかもしれません。

    コットのサポート取り付け中。

    4本あるサポートの取り付けにコツが必要です。力を加えて押し込むようにはめ込むので、慣れるまで練習することをおすすめします。

    もちろん、何回か設営すれば慣れてきます。心配な方は家で練習していくことをおすすめします。

    コットは一度味わうと病みつきに

    キャンプでの睡眠にコットはおすすめです。地べたスタイルで寝ていた方は、コットを導入すればその快適さに驚くはずです。

    筆者もその1人で、今ではコットがないと寝られないほどです。

    種類も豊富にあるコット。自分だけのお気に入りを探してみてはいかがでしょうか?

    Desert Walker 折りたたみコット

    サイズ:(使用時)長さ185cm×幅60cm×高さ15cm、(収納時)幅12cm×長さ50cm
    重量:1.3kg
    耐荷重:200kg

    私が書きました!
    アウトドア愛好家
    たまぞう
    「良いモノを長く」をモットーに、キャンプギアの選定をしています。また、ギアができた背景や、作り手の思いがあるモノに惹かれます。キャンプを通じて、さまざまなカルチャーとふれあい、発信していきたいと思っています。

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 マット 』新着編集部記事

    ちょっと値が張る“インフレータブルマット”は、せっかく購入したのなら使いこなそう!

    2023.02.25

    キャンプにおすすめの銀マットとは?上手な使い方や選び方も解説

    2023.02.14

    豪華旅・冒険旅別、最高のキャンプ用エアマットをホーボージュンがレビュー!

    2023.01.05

    車中泊時のインフレーターマットは何センチ厚が最適解?キャンピングカーでテスト!

    2022.08.06

    3位はニーモ、2位はコールマン、1位は…?ショップで売れているスリーピングマット15選

    2022.04.21

    コスパ抜群のキャンプマット!キャプテンスタッグ「EVAフォームマット」の魅力を紹介

    2022.02.24