個性的なギアが欲しいならプラスマニア。固形燃料用超小型バーナー「can+ro Ⅱ」の魅力とは? | バーナー・燃焼器具 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 個性的なギアが欲しいならプラスマニア。固形燃料用超小型バーナー「can+ro Ⅱ」の魅力とは?

    2022.09.30

    アイキャッチ画像

    筆者私物。

    知られざるガレージブランド、プラスマニアの商品をご紹介!

    うだるほどの暑さもすっかりやわらぎ、楽しくキャンプができる季節がやってきました。

    最近はソロキャンプ向けのアウトドアギアが多数販売されていますが、今回は固形燃料を用いた個性的なギアを販売しているプラスマニア(PLUS MANIA)と、その定番商品である「can+ro Ⅱ」をご紹介します。

    プラスマニアとは?

    プラスマニアのロゴマーク

    プラスマニアは愛知県に本社を置くアウトドアブランドだ。

    プラスマニアは、精密板金加工や金属焼付塗装などを行なう株式会社アイザワが立ち上げたアウトドアブランド。愛知県岡崎市に本社を構え、固形燃料やアルコールストーブ用のコンロのほか、焚き火台などのアウトドアギアを手掛けています。

    長年培ってきた精密板金加工技術を活用し、ほかでは見られない独創的で可愛らしいデザインの商品を数多く取り揃えているのが特徴です。

    筆者も愛用!プラスマニアの定番商品「can+ro Ⅱ」をご紹介!

    今回は、プラスマニアの定番商品である固形燃料用超小型バーナー「can+ro Ⅱ」について、筆者が愛用している私物を用いて紹介します。

    can+roⅡの外観

    メカメカしい外観に心くすぐられる。

    上の写真のように、中に固形燃料を入れて使用します。can+ro Ⅱの上部には羽根のようなゴトクがついており、この上に調理器具をのせます。

    can+roⅡを閉じた図

    ゴトクを閉じるとこんな感じ。

    収納時は、写真のようにゴトクを内側に折りたたむ仕様になっています。ゴトクは力いらずで折りたためます。

    can+roⅡを収納した図

    折りたたんで専用の収納缶へしまえる。

    折りたたんだcan+ro Ⅱは、付属している収納缶にしまうことができます。

    収納缶を手のひらに乗せた図

    収納すると手のひらサイズで持ち運びが簡単だ。

    収納缶は手のひらにすっぽりと収まるほどコンパクトで軽量。リュックサックのちょっとした隙間に入れて気軽に持ち運ぶことが可能です。

    シェラカップをのせた図

    シェラカップをのせるとゴトクが動いてフィットする。

    ゴトクは上にのせるものの形にあわせて動き、しっかりフィットするため、使用中にぐらつく心配はほとんどないといえるでしょう。

    can+ro Ⅱにはさまざまなオプションも豊富!

    can+ro Ⅱにはさまざまな料理に使える調理器具がオプションとして別売りされており、自身の好みにあわせて選べます。

    焼き鍋

    焼き鍋の図

    焼き鍋は小さな中華鍋のような形をしている。

    中華鍋のような形をした焼き鍋は、底がやや深いのでホルモンなど油が多い食材を焼くのに適しています。ホルモンを酒の肴にし、お酒をあおるのは格別ですよ。

    焼き板

    焼き板を乗せた図

    何にでも使いやすい万能な焼き板。

    焼き板はどんな食材も調理しやすい、使い勝手がよいアイテムです。中心部が少しだけ湾曲したすり鉢状になっており、上にのせた食材が落ちにくいよう工夫されているのが特徴。

    焼き板は、写真よりもひとまわり大きなサイズもラインナップされています。

    焼き網

    焼き網の写真

    焼き網は食材に直接火をあてられるのが利点だ。

    焼き網は食材に直接火を当てられるため、よく火を通す必要がある食材にぴったり。また、肉の油をある程度落とせるのも利点といえるでしょう。

    置き台

    置き台の図

    置き台の上にのせることで机が汚れるのを防げる。

    焼き鍋や焼き網などをのせるための置き台も販売されています。これらを置き台の上にのせることで、机の上が汚れるのを防止できます。

    下敷き

    下敷きの図

    下敷きを敷くことで固形燃料や食材の汚れが広がるのを防げる。

    can+ro Ⅱの下に敷く下敷きも販売されています。下敷きを敷いておくことで、固形燃料や食材の油などの汚れが広がるのをある程度防ぐことができます。

    can+ro Ⅱを片手にソロキャンプへ繰り出そう!

    ソロキャンプをしている図

    can+ro Ⅱはソロキャンプにぴったりの個性的なアイテムだ。

    コロナ禍の影響による空前のアウトドアブームが訪れている昨今。これからソロキャンプに挑戦してみたい人にはcan+ro Ⅱがおすすめです。

    can+ro Ⅱは、固形燃料を用いたコンパクトで持ち運びやすいギア。

    気軽な気持ちでソロキャンプをしたい方は、ぜひ購入を検討してみてはいかがでしょうか。

    私が書きました!
    アウトドアライター
    メトメ
    秋田県南部の里山に生まれ、自然が身近に溢れる環境で育つ。釣り歴22年・キャンプ歴15年の生粋のアウトドア好き。過去には、アウトドア系の大手ECショップでバイヤーとして従事し、ルアー約10万点の販売管理を担当。現在は、アウトドア用品を実際に使ってレビューする専門ライターとして活動中。アウトドア以外にも、筋トレ・アクアリウム・アコギ・カメラにとても凝っている。

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 バーナー・燃焼器具 』新着編集部記事

    キャンドルの炎で癒やされながら飲みものを温める「CROSS WARMER」使い心地は?

    2022.12.01

    SOTO「フィールドチャッカーST-430」はマストバイ!愛用者が熱く紹介

    2022.11.30

    小さなサイズで大きな存在感!ダイソー「ちょこっとストーブ」がマジで使える

    2022.11.21

    ソロキャンプのストーブはこれで決まり!迷わずに使えるエスビット「ポケットストーブ」

    2022.10.28

    人気の「缶ストーブ」防災セットの『BE-PAL』版は、中身が「缶ストーブSE」!

    2022.10.21

    優しい炎が秋にぴったり!ロゴスのアルコールバーナーセットで調理自由自在

    2022.10.16