杜の都が新・激戦区になっていた!仙台のアウトドアショップを巡る | アウトドアショップ・自然派の店 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 杜の都が新・激戦区になっていた!仙台のアウトドアショップを巡る

    2022.10.12

    image

    「杜の都」と呼ばれる宮城県仙台市は、東北の玄関口的存在だがおもしろいアウトドアショップも続々とオープンしている。都市でありながら海、山、湖に車で1時間も走れば行ける立地の良さがその理由のようだ。編集スタッフが町を歩き回ってみつけた珠玉の7店をご紹介!

    イチから10までまるっと相談できる店

    ENstyle(エンスタイル)

    住所:宮城県仙台市青葉区本町2-16-15中村ビル2階
    電話:022(281)9237 
    営業時間:11:00〜19:00 
    定休日:火・水曜

    image

    ’11年の震災をきっかけに開業。アウトドアギアを扱うことで防災にも繋がると考える。店主の情熱度が高くギアに限らない地元の情報も教えてくれるから、話に行くのも楽しい。

    北陸アルミニウム/アルミ段付きなべ(木蓋付)
    ¥3,300(15.5cm)
    ¥3,850(18.5cm)

    image

    東北で盛んな芋煮で使う鍋の小型版。少人数でのキャンプにもぴったりのサイズ感だ。

    燻製屋 燻々/スモークド・カリー
    ¥324(袋タイプ)
    ¥1,296(瓶タイプ)

    image

    燻製されたジャイアントコーンとアーモンドをスパイシーなカレー味に。行動食としても。

    店主 川村峻介さん

    image

    笑顔が印象的で話好き。使う道具にイン・アウトは関係ない、という造語「NODOOR」を提唱。「調理系も 充実してます!」

    50坪の広々とした店内にギアがびっしり

    レマンサイド

    住所:宮城県仙台市太白区中田7-1-1
    電話:022(200)2398 
    営業時間:10:00〜18:00
    定休日:木曜

    image

    昨年12月にオープン。国内外問わずキャンプギアを中心にセレクト。大型テントも店内に設営して展示されているので、キャンプシーンを想像しながら買い物ができる。

    同店オリジナル/ランタンシェード&コーヒードリッパー
    ¥4,950

    image

    LEDライト「ゴールゼロ」に合わせるハンドメイドシェード。ライトの調光も可。ドリッパーとしても使える。

    ショップマネージャー 菊田大輔さん

    image

    ギアセレクトも担当。「おしゃべり好きなので、キャンプトークを楽しみながらゆっくりしていってください。ガレージ系が 大人気です!」

     

    「かっこいい」がたくさん詰め込まれた粋な空間

    リバーマウンテン

    住所:宮城県仙台市青葉区大町1-3-25 シティビル3階
    電話:022(395)9364 
    営業時間:11:00〜18:00(土日祝〜17:00) 
    定休日:水・木曜

    image

    「見た目にもかっこよくて買いやすい価格」をひとつのテーマにセレクトを行なう。現行品だけではなくヴィンテージ品も扱っていて"ここだけ"で出会えるモノが多い。

    ビンテージ灯油ランタン各種
    ¥27,500〜

    image

    イギリスの骨董市などで売られている灯油ランタンをメンテナンスして販売。無骨でかっこいい!

    ツノカワファーム/フォールディング チェア クッション レオパード柄
    ¥10,450

    image

    カーミットチェアに合うように作られたクッション。肌寒いときには保温効果も◎。

    店主  三浦 公さん

    image

    アパレルのセレクトショップ勤務を経て開業。キャンプのほかフライフィッシングとカヌーも好む。「テントも販売してます」

     

    お互いの強みを活かした複合型施設がオープン

    エイエフアース
    AF EARTH

    住所:宮城県仙台市太白区茂庭1-5-8 シエロ茂庭
    営業時間:11:00〜20:00(土日祝10:00〜) 
    定休日:水曜

    image

    仙台で長年営業をする「オンザアース」とアウトドア用品輸入販売元の直営店「A&Fカントリー」がタッグを組み3月にオープン。その豊富な品揃えは随一!

    On the Earth(オンザアース)

    電話:022(796)6901

    image

    アパレルがメインだが、サウナテントやシュラフ、2バーナーなどキャンプギアも展開。ひと捻りあるクセの効いたセレクトなので、ついつい財布の紐が緩んでしまう。

    Iam Sauna/テント 
    ¥192,500

    image

    室内が最大100度Cで使用可能で、ひとりで簡単に設営もできる。薪ストーブもセット。

    AF EARTH/オリジナルパーカ 
    ¥8,800

    image

    施設名をブランド化したパーカなども販売。

    ジョニーバード/フロントロゴTシャツ 
    ¥4,620

    image

    「ジョニーバード」と名付けられた仙台発ブランドのロゴTシャツが開店記念に復刻。

    A&Fカントリー 仙台茂庭店

    電話:050(4560)2031

    image

    全17店舗の中でもテント、ギア、アパレル、バックパックともにバランスよく取り揃える。駐車場も広いので、大型ギアが持ち帰りやすいのも魅力。今後はイベントも企画予定。

    image

    ペンドルトン/ジャカードタオルオーバーサイズ 
    ¥9,680

     

    image

    厚手のタオルでブランケットから敷物まで使える。売上げの一部は山火事で負傷した消防士と家族に寄付される。

     

    チャコ/Z1 クラシック
    ¥10,450

    image

    日常からフィールドでも大活躍。さまざまな足の形に合わせられるように調整も可能で一度履いたらやめられない!

    オンザアース店長 森田弘樹さん(左)

    「ソト遊びに行く玄関口的立地。キャンプ場やSUPスポットまでも1時間以内です」

    A&Fカントリー店長 千野愉生さん(右)

    「仙台に移住してから満喫してます!」

    image

    サウナギアもありますよ(森田さん)、バックパックも豊富です!(千野さん)

     

    仙台郊外にも個性派ショップあり!

    東北のショップで唯一扱うアイテムも!

    SENDAI SUBURB SHOP(センダイ サバーブ ショップ )

    住所:宮城県富谷市富ケ丘1-3-712
    ※電話なし
    営業時間:12:00〜17:00 
    定休日:木曜(臨時休業あり)

    image

    東北では扱う店がなかったアイテムがずらりと並ぶ。全国でも希少なもののほか、オリジナルギアも。個性派グッズならこちらへ!

    同店オリジナル/asigrip 
    ※価格要問い合わせ

    image

    フォールディングナイフのグリップ。「asimo crafts」とのコラボ商品で、見た目も◎。レザーベルトも付属する。

     

    同店オリジナル/TUN 
    ※価格要問い合わせ

    image

    新潟在住の「nejirisa basio」に図面を渡し、製作した火かき棒。1本1本すべて手作り。焚き火の必需品だ。

    店主 阿部 廉さん

    image

    幼いころから家族でキャンプに。−20度Cの中で雪中キャンプをするツワモノでもある。「情報交換し合いましょう!」

     

    レトロな商店街にある暮らしに根付いた店

    アワーシング

    住所:宮城県栗原市栗駒岩ケ崎六日町95-2
    電話:0228(24)8305
    営業時間:11:00〜18:00 
    定休日:水曜、第2・4木曜

    image

    全国でも扱いの少ないガレージブランドのほか生活雑貨やフェアトレード商品も販売。栗駒山の麓にあり立地も抜群。店のある六日町商店街も見どころ満載。

    ジマービルト/パイカパックXパック
    ¥25,300

    image

    アメリカのガレージブランドのULバックパック。軽量ながら強度のあるX-PAC素材を使い、タフに使えるのが魅力だ。

    image

    トタンバケツやマッコリカップ、オリジナルシェラカップなども販売。「日常アイテムをアウトドアで使う良さも提案しています」

    店主 蘇武和祥さん

    image

    仙台から栗原市にUターンしてオープン。登山、キャンプが夫婦共通の趣味。米農家としても働く。

     

    ※構成/中山夏美 撮影/伊藤美香子(リバーマウンテン、AF EARTH)  
    「Iam Sauna」は予約販売になります。

    (BE-PAL 2022年7月号より)

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 アウトドアショップ・自然派の店 』新着編集部記事

    なぜパタゴニアが食品事業を?持続可能な農業を支援する醸造酒コレクション登場

    2022.12.04

    岐阜中心部に登場!フロア面積約2,600㎡の巨大アウトドアショップ「HIMARAYA OUTDOOR GIFU」

    2022.12.01

    フィールド直結のNANGA SHOP TOHMAならレアものが見つかるかも!?

    2022.11.24

    ゴールドウインが初のキャンプ特化型店舗「THE NORTH FACE CAMP」ほか体験型3店舗を恵比寿にオープン

    2022.11.10

    世界最大の売り場面積を誇る「モンベルアウトドアヴィレッジ奈良店」に行ってみた

    2022.11.06

    ネット通販でアウトドアギアを購入するときに注意すべき点とは?

    2022.10.15