高さの変えられる五徳と長方形のクッカーが斬新! カナダの焚き火料理システム | 道具・ギア(買い物) 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル

高さの変えられる五徳と長方形のクッカーが斬新! カナダの焚き火料理システム

2022.07.15

焚き火台と五徳とクッカー。

焚き火台「ファイアーセーフ」の上に五徳「グリルM1エディション」を設置、その上に「クックセット」の「2lポット」と「ヒバチ」を載せている。

「ウルフ&グリズリー」は2017年にカナダで設立されたブランド。日本では焚き火台の「ファイヤーセーフ」、焼き網兼五徳の「グリルM1エディション」、調理器具セットの「クックセット」の3つが発売されている(カナダ本国ではレザーグローブやファイヤースターターキットも販売されている)。

3つに共通する特徴は、コンパクトに収納できて持ち運びしやすいこと。すべてに収納袋が付いていて、折りたたんだり、重ねたりすることで収納袋に入るようになっている。もうひとつの特徴は、見た目が洗練されていること。それぞれのパーツは磨き上げられたステンレスで構成され、質感に統一感がある。無駄を省いた形状もすっきりとして美しい。

3つともそれぞれ単品で使用できるが、とくに単品で使ったときにおもしろいのが「グリルM1エディション」。「ファイアーセーフ」のほか他社の焚き火台でもサイズさえ合えば上に設置できるし、渓流などでの直の焚き火の上にも設置できる。日本ではファイアースターターをセットにした「グリルM1エディションwithファイアーセット」として販売されているので、着火もOK。まず1品買うならこれをおすすめしたい。

とはいえ、料理をするなら3品セットで買うのがおすすめだ。「ファイアーセーフ」と「グリルM1エディション」はサイズがちょうどいいので使いやすいし、「クックセット」は3種のクッカー(2lポット、グリドル、ヒバチ=焼き網)と蓋が付いていて、煮る、蒸す、炒める、焼くなど、あらゆる料理ができる。それらが長方形というのがポイントで、たとえば、2lの円筒型クッカーと丸いフライパンと正方形の焼き網を持っていくのに比べると、断然持ち運びやすいことに気づくはずだ。

焚き火台。

「ファイアーセーフ」。サイズは27.8×28.6cm、ほぼ正方形。

焚き火台を分解したところ。

「ファイアーセーフ」は2つのパーツに分解できる。左は収納ケース。

五徳兼焼き網。

「グリルM1エディション」。X型の脚の四隅に焼き網のケーブルを固定して使用する。

焚き火台と五徳兼焼き網。

「グリルM1エディション」は2段階に高さを変えられる。もっとも高くした状態。

焚き火台と五徳兼焼き網(低くした状態)。

低くした状態。四隅のケーブルの固定位置を変えている。

焚き火台と焼き網。

「グリルM1エディション」の脚をはずして、焼き網だけを「ファイヤーセーフ」に固定することもできる。

五徳兼焼き網を分解した状態。

「グリルM1エディション」は、脚と焼き網を巻き物状に丸められる。グレーの布は掃除用のマイクロファイバークロス。その右は同じく掃除用のクリーニングツール(焼き網の汚れをこそぎ落す)と、ファイアースターター。

調理器具セット。

「クックセット」。左から収納袋。2lポット(中に、「グリルM1エディション」と固定するためのレイルシステムとハンドル、マイクロファイバークロス)、グリドル、ヒバチ、蓋、まな板。

調理器具セットを重ねたところ。

2lポット内にスタッキングできる。

取りはずし式のハンドルで2lポットをつかんでいる。

取りはずし式のハンドルは、ポットと蓋を同時につかめる。

焚き火台で焚き火。

「ファイアーセーフ」で焚き火。

焼き網でバーベキュー。

「グリルM1エディション」でバーベキュー。

クッカーで料理。

「クックセット」の2lポットとヒバチで料理。

※この商品は[通販サイト]「大人の逸品」から購入できます。

WOLF&GRIZZLY ファイアーセーフ

ファイアーセーフ 10,780円 

グリルM1エディションwithファイアーセット 14,080円

クックセット 22,000円

https://www.pal-shop.jp/item/A55208001.html

 

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 道具・ギア(買い物) 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。