大人気のニトリ折りたたみローチェアの更なるコンパクト化[読者投稿記事] | チェア 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル

大人気のニトリ折りたたみローチェアの更なるコンパクト化[読者投稿記事]

2020.07.30

キャンプ場に持ち込みたい多くのアウトドアギアどうしで、限りある車載スペースの取り合いになってしまうため、出発前にはどうしても荷物の取捨選択で悩んでしまいます。多くの方が使っておられる大人気のニトリのローチェアも、持っていくか別のコンパクトなチェアにするか悩ましいところですが、コストパフォーマンスも良く、大変気に入って活用していますので、少しでもコンパクトに収納したく、ひと手間を加えてみました。

DIYを進める過程で新たな欲もでてきて、結局は、コンパクト化、ひじ掛けの大型化、ドリンクホルダー取付け加工、汚れ対策のコーティングにも取り組み、楽しくカスタマイズできました。

オリジナル品は、2つ折りにしかなりませんが、横フレーム合計5本を現地取付け式にしたことでコンパクトにまとまりました。

着座時の不安定さなど万一の現地トラブルに備え、横フレームをいつでも締め付け固定できるよう、全ネジを使って固定ネジを作りました。保険です。
DIY後、5泊使用していますが、只今のところ自作ネジには頼っていません。

近くにテーブルを配置すれば済むことではありますが、手元に飲み物を置いておくために、ドリンクホルダー付きの大きなひじ掛けに改造しました。ひじ掛けも20mmほど高くしています。

オリジナルの風合いも気に入っていますが、折角分解したので、汚れ対策も兼ねてニスを塗ってピカピカにしました。ウォルナット色にするかチーク色にするか迷いましたが、端材にそれぞれ回数を分けて重ね塗りして、最もオリジナルに近いものを選びました。

フレームを組み付ける構造はカーミットチェアと同じですが、外見は変えないとテネシー州でハンドメイドされている職人さんに失礼だと思い、長さ150mmのレトロなあおり止めを使ってみました。ロックの強さをヒートンの角度で微調でき、採用したのは正解でした。


※こちらの記事は過去の読者投稿によるものです。

バリカタさん

『創って・作って・使う』をモットーにキャンプで使えるギアのDIY方法、アイディアを共有しています。
DIY情報発信が、キャンプグッズを作る楽しみ、愛着に繋がり、アウトドアライフの更なる充実と満足度向上に貢献し、多くの方のココロとカラダの健康促進に寄与出来れば幸いです。
DIYに幸せ、充実を感じておられる皆さま、人とは違うソロキャンプをお楽しみの皆さま、これからキャンプを始められる皆さま、多少の失敗など気にせず、Only Oneなアウトドアを是非一緒にエンジョイしましょう!
36,000名様にご登録いただいているYouTubeチャンネル『バリカタさんのDIYキャンプ工房』にてテーブル、焚き火台、五徳などなどの制作の様子を配信中で、同じ趣味をお持ちの方と双方向で情報交換しています。

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 チェア 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。