ホーボージュンがガチ厳選!今シーズンのいちおしアウトドアギア11選 | 道具・ギア 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • ホーボージュンがガチ厳選!今シーズンのいちおしアウトドアギア11選

    2022.05.14 ホーボージュン

    ホーボージュン

    アウトドアメディアきっての“目利き”ホーボージュンさんが、注目すべき新製品をご紹介。今シーズン注目のトレンドはずばり、「おひとり様」と「旅ギア」です!

    2022年も引き続き「おひとり様」ブームは続く

    おひとり様キャンプが大流行した昨年。なかでも「焚き火」「ひとり焼肉」「シェルターテント」は三大キーワードとなって、ソロキャン関連ギアが売れに売れまくった。この流れは今年も続くと僕は思う。

    ただ、今年は少し揺り戻しがやってくるだろう。その最たるものがテントやタープ類の“軽量化”だ。これまでは雰囲気のあるコットンやTC素材がステイタスだったが、雨に濡れるとズッシリ重いし、すぐ黴びる。その反動から山岳系ブランドの軽い製品が人気を集めると思う。例えば、MSRは今年は’90年代を連想させるタンカラーを日本限定で出すが、きっとこれなんか売れると思うぞ。

    そして「幕」の世界にはついにモンベルが参入してくる。

    最大の特徴はAフレーム構造で完全自立することだ。棟の部分にもしっかりフレームが入っているから誰にでも簡単に組み立てられる。

    サブポールを使ってサイドを跳ね上げれば見晴らしの良いシェルターになるし、三角テントのように短辺側から出入りすることも可能だ。安直すぎてクリエイティビティーに欠けるが(失礼!)、キャンプビギナーには最高の幕じゃないかな。

    Aフレーム採用で誰でもカンタン設営!

    モンベル/マルチシェードS 
    ¥34,980

    テントと人物

    俺の幕!

    Aフレーム構造のシングルウォールシェルター。フレームにシェード生地を被せて四隅を留めるだけで自立するので地面の状態を問わない。

    問い合わせ先:モンベル・カスタマー・サービス 06(6536)5740

    日本限定のタンカラーが登場

    MSR/ランデブー120・タンカラー 
    ¥40,700(予価)

    タープ

    ひと目でMSRとわかる7ポイントタープで、2~4人で使えるミドルサイズだ。
    タンカラーにレッドカラーのポールが映える。大型の200サイズもある。

    問い合わせ先:モチヅキ 0256(32)0860

    余裕のサイズと"使える"前室がうれしい

    ニーモ/ダガー・オズモ2P
    ¥58,300

    テント

    テントの前室に置いたクッカーやシェラカップ、鉈、水筒

    前室に荷物置き場を備え、オートバイや自転車のロングツーリングに便利。2022年はサステナブルな新素材OSMOファブリックを全面採用する。

    問い合わせ先:イワタニ・プリムス 03(3555)5605

    あの二次燃焼モデルにおひとり様モデル登場!

    モンベル/フォールディングファイヤーピットS
    ¥17,600

    バーベキュー台

    側壁が二重構造になっていて二次燃焼を誘発する折りたたみ式の高効率ストーブ。焚き火調理がしやすく大好評だったため今年は小型サイズが登場。

    問い合わせ先:モンベル・カスタマー・サービス 06(6536)5740

    折りたためるホットサンドメーカーなのだ

    SOTO/ミニマルホットサンドメーカー ST-952 
    ¥6,600

     

    ホットサンドメーカー

    ホットサンドメーカーを折りたたんだ状態

    ホットサンドだけでなくパンケーキやおつまみ作りにも使える大人気のアイテム。SOTOからはコンパクトに折りたためるメカメカしいモデルが登場。

    問い合わせ先:新富士バーナー 0533(75)5000

    「旅系ギア」が続々登場し旅心が爆発するだろう

    「コロナが一段落したら、ぜったいに旅に出るぜ!」。そう想っている人も多いだろう。

    そんな“旅心爆発ムード”に呼応するように今年はバックパッキング系ギアが続々と登場する。その代表作がミステリーランチの『ブリッジャー65』だ。

    ブリッジャーは1990年代に世界を席巻した傑作パックの名前で、僕ら世代には自由と放浪の象徴でもあった。さっそく復活モデルを背負ってみてびっくり。背中側が大きく開いたベンチレーションパックでありながら追従性が抜群に高く、ベスト型のショルダーハーネスと相まって異次元の背負いやすさを実現している。まさに新時代を感じさせるモデルだった。

    パックだけではなく今年はストーブ類も話題に事欠かない。大人気のSOTOのレギュレーターストーブにはバーナーを大口径化したモデルが追加されるし、北米でベストセラーを続けてきたマルチフュエルのMSRストーブも夏にはついに日本上陸する予定となっている。

    海外放浪を含む“大いなる旅”に出かけたいとウズウズしている僕らには、どれも心かき立てる力作ばかりなのだ。

    お膳立ては整った。さあ今年はなんとしても旅に出ようぜ!

    一世を風靡した傑作モデルが帰ってきた!

    ミステリーランチ/ブリッジャー65 
    ¥44,000

    バックパック

    背面が筒抜け構造で換気性能が高い。バネ鋼を使ったフレームとベスト型ショルダーハーネスは極上のフィット感とサスペンション効果を発揮する。

    問い合わせ先:エイ アンド エフ 03(3209)7575

    宙に浮きそうな世界最軽量パック

    モンベル/バーサライトパック40 
    ¥12,650

    バックパック

    ロングトレイルやファストハイキングで人気の高いULパックがさらなる軽量化を行ない、ついに480gを達成。シンプルなので使いこなし甲斐がある。

    問い合わせ先:モンベル・カスタマー・サービス 06(6536)5740

    ついに化繊モデルもシームレスに!

    モンベル/シームレスバロウバッグ#3
    ¥15,950

    寝袋

    バッフルを持たないワンピース構造で世界に衝撃を与えたシームレスシリーズに化繊中綿モデルが登場! タフで水濡れに強いからガンガン使えるぞ。

    問い合わせ先:モンベル・カスタマー・サービス 06(6536)5740

    OD缶採用の分離型も密かにパワーアップ

    SOTO/新型フュージョントレック SOD-331 
    ¥9,900

    ガスストーブ

    ガスバーナーの火口

    バーナー分離型なので不整地でも使いやすく、登山者に人気のモデル。内部ジェット3穴式(写真左)から1穴式(写真右)に変更してパワーアップし、横風にもさらに強くなった。

    問い合わせ先:新富士バーナー 0533(75)5000

    マルチフュエルがついに日本上陸する

    MSR/ウィスパーライトユニバーサル 
    ¥28,600(予価)

    ガスとガソリン両方使えるバーナー

    ホワイトガソリンだけでなくOD缶のLPGが使えることから幅広い層に人気のモデルがついに輸入されることになった。発売開始は夏以降を予定している。

    問い合わせ先:モチヅキ 0256(32)0860

    超人気モデルが大口径&大出力化

    SOTO/レギュレーターストーブ レンジST-340 
    ¥8,800

    ガスバーナー

    カセットボンベを使用する大人気の一体型ストーブに今年は大口径&大出力化モデルが追加された。点火装置の形状なども見直されている。

    問い合わせ先:新富士バーナー 0533(75)5000

    ※構成/ホーボージュン 撮影/山本 智(BE-PAL 2022年2月号より)

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 道具・ギア 』新着編集部記事

    ホタルみたいにかわいいミニライト。明るさは驚きの350ルーメンだ!

    2022.10.04

    ハンドルは2種類!DLCコーティングの墨色が男前なセミカスタムナイフ

    2022.10.03

    手軽で風味も良し!ロゴス「フレンチプレスコーヒーポット」が登場

    2022.10.03

    アウトドアにおすすめの枕10選!コンパクトに収納できるタイプも

    2022.10.02

    分解して洗える!ケルティのクーラーボックスは多機能で色も良し

    2022.10.02

    個性的なギアが欲しいならプラスマニア。固形燃料用超小型バーナー「can+ro Ⅱ」の魅力とは?

    2022.09.30