【速報】SOTOの2021年春夏商品が発表!ソロキャンプ向けの便利ギアが豊作 | ランタン・ライト 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 【速報】SOTOの2021年春夏商品が発表!ソロキャンプ向けの便利ギアが豊作

    2020.10.16

    新富士バーナーのオリジナルブランド・SOTO(ソト)が来年に発売する新商品を発表した。注目すべきポイントは、ずばりソロキャンプに最適なアイテムを拡充した点だ。どんなアイテムが発売されるのか、詳しく紹介する。

    小さい癒しの炎を演出するガスランタン

    「Hinoto(ひのと)」¥6,300+税

    まず紹介したいのが、久しぶりに登場するガスランタン。こちらのHinoto(ひのと)は、陰陽五行説(万物を5つの元素から成り立つという考えに加え、各要素に陽と陰があることを表した説)の1要素である火のうち、小さい要素である陰を表す「丁(ひのと)」から由来している。

    ホヤ(ガラス部分)に面したダイヤルで炎の大きさを調整できる。

    サイズは約3.6×14.5㎝で、一般的なスレンテスタンブラーとほぼ同じくらいの高さになる。特徴はその名前のごとく、縦に伸びる小さい炎が出るところ。炎の大きさはダイヤルで簡単に操作でき、直視できるほどの明るさなので見るだけで癒し効果もありそうだ。

    ベースのタンクにはガス缶から充填が可能。

    タンクはSOTOのトーチと同じく充填ができるようになっており、ライターガスやCB缶のほかに、別売りのフィルアダプター SOD-450を使えばOD缶でもガスの充填ができる。最大連続使用時間は約1〜2時間程度。

    ホヤはタンクから外せば直接OD缶に着けて使用可。

    さらに、ホヤはOD缶にそのまま装着できるため、長く使用したい人はこちらもおすすめ。105缶で半日ほど、250で1日は持つのではないかと担当者は話すが、これから正式にテストするためこれは販売時にチェックしよう。

    なお、タンクを使って他のアイテムで使用するのは試していないため、使用するのは避けたほうが良さそうだ。

    商品概要

    Hinoto(ひのと)

    価格:¥6,300+税
    サイズ:約3.6×14.5
    重量:約150g

    レギュレーターストーブファン待望のテーブルとクッカーが仲間入り

    「ミニマルクッカー 角」¥5,000+税

    次に紹介するのは、レギュレーターストーブ ST-310にぴったりなクッカーとスタンド。こちらのミニマルクッカー 角は、アルミ製のシンプルなスクエアクッカー。表面にはアルマイト処理を施す予定。

    レギュレーターストーブが中にちょうど収まる。

    サイズは約14.7×14.7×7.9㎝で、内容量は約1.0ℓ。中にはレギュレーターストーブを収納できるので、コンパクトに持ち運びたいソロキャンパーや登山者には嬉しい。重量は約370gで、SOTOのガスカートリッジ・パワーガス250とほぼ同じくらいである。

    ネジでしっかり固定できるハンドル付き。

    また、同商品にはハンドルが付属しており、本体が熱いときにこれで持つことができる。今までのようにクッカーを挟むタイプではあるが、こちらはネジが付いているのでクッカーに固定したまま使用できる。

    商品概要

    ミニマルクッカー 角

    価格:¥5,000+税
    サイズ:約14.7×14.7×7.9
    重量:約370g
    内容量:約1.0

    「ミニマルワークトップ」¥5,400+税

    ミニマルクッカー 角と一緒に使えるテーブルも登場。天板の半分はレギュレーターストーブ ST-310の五徳とバーナーヘッドがぴったり装着できる穴があり、もう半分は作業ができるテーブルとなり、食材のカットや仮置きとして便利。

    コンパクトに収納することも可能。

    使用サイズは約33.1×15.3×10.1㎝で、収納サイズは約28.9×15.3×3.4㎝。脚を内側に収納し、脚を外してテーブルの内側収納すれば、高さを半分以上も小さくできるのは嬉しいポイント。重量は約500gで、フィールドホッパーが約395gなので少し重いつくりとなっている。

    クッカーだけでなくいろんな調理器具での使用も可能。

    耐荷重は現時点で未公表だが、クッカーだけでなくスキレットや鍋の使用も問題なしとのこと。これ1台で調理ができるので、ソロキャンプをする人や小さいスペースでもしっかり料理を作りたい人におすすめだ。

    商品概要

    ミニマルワークトップ

    価格:¥5,400+税
    使用サイズ:約33.1×15.3×10.1
    収納サイズ:約28.9×15.3×3.4
    重量:約500g

    クッカーとテーブルはまとめて収納できる。

    ちなみに、ミニマルワークトップの作業台の裏にミニマルクッカー 角がちょうど置けるようになっている。メーカーによると、これがまとめて収納できる袋も来年には発売したいとの情報が!

    以上の商品は来年20212月頃の発売予定。どのようなものが登場するかは、乞うご期待だ!

    ※掲載画像は試作品やCGのため、実際とは異なる場合があります。

    SOTOの公式ページ
    http://www.shinfuji.co.jp/soto/

    『BE-PAL責任編集 はじめてのソロキャン完全ガイド』好評発売中!

    定価1200円+税 小学館刊

     

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 ランタン・ライト 』新着編集部記事

    世界で爆売れのソーラーLEDランタンがさらに進化!ソネングラスの最新モデル

    2023.01.23

    洗練されたデザインとコンパクトさが魅力!ベアボーンズ「ビーコンライト」をおすすめする理由

    2023.01.01

    革製シェード付きもあり!大人気「ライトハウスマイクロフラッシュ」の別注カラーは雰囲気も最高

    2022.12.25

    老舗管楽器部品メーカー・山本工業が手掛ける、真鍮の美しさが目を引くバイオエタノールランプ

    2022.12.09

    おしゃれなオイルランタン6選!選び方や使い方、注意点もあわせて解説

    2022.12.07

    焚き火用ブロワーにもランタンにもなるエアポンプ!?

    2022.11.30

    z