フランス発世界的スポーツブランド『デカトロン』が首都圏に初進出! 「デカトロン幕張店」に行ってみた! | アウトドアショップ・自然派の店 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • フランス発世界的スポーツブランド『デカトロン』が首都圏に初進出! 「デカトロン幕張店」に行ってみた!

    2020.07.15

    キャンプからヨガまで、80カテゴリー以上のスポーツ用品が同一店舗で手に入ることで知られる『デカトロン』。世界61か国で約1,700店舗を展開しており、昨年春、兵庫県西宮市に日本第一号店がオープン。クオリティの高さとリーズナブルな価格設定で話題にのぼったが、今年5月22日、ついに首都圏にも登場! オンラインで商品をチェックし、ときどき買い物をしていた記者も、コロナ騒ぎが落ち着いた7月はじめ、現場に初潜入した。

    オープンしたばかりの「デカトロン幕張店」は、JR海浜幕張駅より徒歩約8分。倉庫のような店内は約2,500㎡と広大。キャンプ、ハイキング、サイクリング、ゴルフ、ランニングなど約40種類のスポーツ、13,000点以上のアイテムが並んでいる。
    店外には体験ゾーンとして2か所のウッドテラスが設けられていて、自転車の試乗やテントの設置・撤収など、実際に製品に触って試すことができる。
    スタッフも国際色豊かで、これまでのアウトドア・ショップにはない雰囲気も楽しい。

    まずはキャンプ用品コーナーをチェック!

    ポップアップテントが目を引く、キャンプ用品コーナーは入口入ってすぐのところにある。

    デカトロンがユニークなのは、スポーツ用品店でありながら、いわゆる有名ブランドのアイテムを販売していないということ。取り扱っているのは、自社で開発したブランドのみ。つまり、店内に並んでいるのは、デカトロンでしか買えないアイテムばかりなのだ。

    なかでも注目は、登山・キャンプ・ハイキングのブランド『QUECHUA(ケシュア)』や、トレッキングの『FORCLAZ(フォルクラ)』など。ケシュアといえば、設営が簡単なポップテントで知られるが、小物からウェアまで、ほかにも気になるアイテムがいっぱい。さぁ、オンラインでしか見たことがなかったアイテムをチェックするよ~!

    ケシュアの代名詞ともいえる、2secondsポップアップテントシリーズ。3人用は17,900円。
    遮光(99%)、遮熱、UVカット加工が施され、室内は真っ暗。朝までぐっすり寝られそう。

    トレッキング用テント『TREK100 2人用』。9,900円。天井が意外に高く、中に入っても窮屈感がない。2.6㎏と少し重いが、買おうかどうか、真剣に迷った。。。

    スタッフの指導の下、設営&撤収を体験することができるとあって、テントの周りはいつも人がいっぱいだった。買う前にこういった体験ができるよう、スペースも広々としている。
    もちろん、寝袋やマット、ハンモックから枕まで、そろっている。

    キッズ用シュラフは1,990円。使用快適温度20℃なので、夏キャンプにぴったり。同価格で大人用もある!

    エアマット類もラインアップ。手前のグレーのマットが7,490円、奥が3,790円。
    グランピング風キャンプを楽しみたい人も要チェック! 別売りでエアポンプもある。

    小物類も充実! 見た目もオシャレでついつい欲しくなる

    ヘッドライト、ランタン、調理器具、食器類は気軽に買える価格のものも多い。防災用として、家族分、買っていく人も少なくないとか。デザインはシンプルでカラーリングも独特。フランス生まれならではのセンスが光る。バリエーションはさほど多くないが、まだレアな存在なので、持っていると優越感が持てるかも!?

    ヘッドライトは740円~(30ルーメン)。リーズナブルな価格も魅力。

    調理器具や食器類は無駄がなく美しいフォルム。ケトル、欲しい~!

    ハイキング ボウル プラスチック MH 100。持ちやすい形状で、内部には容量の目盛りもある。吊り下げ用のホールがあるのもいい。240円! 迷わず購入した。

    機能的なウェア類やシューズも見逃せない!

    ジャケット、シャツ、トレッキングパンツなども充実。キャップ490円、バックパック390円など、目玉商品が織り交ぜられていて、商品選びが楽しくなる。

    キャンプ用品コーナーの奥には、ハイキング用のウェアやシューズが並ぶコーナーがある。
    あえて高機能をもたせず、普段着感覚で身に着けられるアイテムは低価格、アウトドアでのハードな使用に耐える高機能なアイテムは値段設定が高め(といっても安いけど)になっている。また、どんな状況で使うのに適しているかが一目でわかる表示がされている。以下はシューズコーナーの表示だが、ビギナーでも商品が選びやすい。

    1日間 → 日帰りハイキング向き

    時々 → 低頻度の使用を想定
    傘マーク → 防水仕様(以下同)

    定期的 → 長い時間履いていることを想定

    上級 → 山岳ハイキング向き

    ハイキングコーナー以外にも、トレイルランニングやサイクリング、ランニングのコーナーに高機能ウェア類が並んでいるので、それらと組み合わせてみるのもいい。

    高機能+リーズナブル価格がデカトロンの魅力!

    デカトロンというと、“低価格”という部分が切り取られがちだが、それ以上に注目したいのが、高機能な商品が多いという点だ。じつは、それぞれのブランドの開発担当者は、みんなスポーツ愛好家。たとえば、キャンプやハイキング用品を取り扱うケシュアの開発担当者は、経験を積んだキャンパーやハイカーばかり。店舗を併設した研究開発センターは、フランス・モンブランの麓の町、サランシュにある。登山客が集まる町としても知られ、店舗でもユーザーの意見を聞き取って、それを反映して商品を改良することも多いそうだ。もちろん、商品テストもフィールドでしっかり行なっている。

    高機能なアウトドア・アイテムを選ぶと何かと高くつくが、デカトロンでは、機能に注目して、自分の目的や用途に合わせてアイテムを選んでも、リーズナブルな価格で抑えられる。
    これからアウトドアをはじめたい人はもちろんだが、機能を重視しつつ出費を抑えたいベテランのアウトドアズ・マン&ウーマンにとっても、たのもしい存在だ。

    ショップ情報

    デカトロン幕張店
    住所:千葉県千葉市美浜区ひび野1-3 イオン幕張店1F
    TEL:0570(07)2346
    営業時間:10:00~21:00 (営業時間および休業日はイオン幕張店に準じる)

    デカトロン幕張店
    https://www.decathlon.co.jp/pages/makuhari#PageContainer
    アクセス
    https://www.decathlon.co.jp/pages/notes-visit-makuharistore

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 アウトドアショップ・自然派の店 』新着編集部記事

    その場所の手掛かりは謎の暗号だけ!? 札幌からクルマで30分のアウトドアレストランを発見

    2022.12.23

    なぜパタゴニアが食品事業を?持続可能な農業を支援する醸造酒コレクション登場

    2022.12.04

    岐阜中心部に登場!フロア面積約2,600㎡の巨大アウトドアショップ「HIMARAYA OUTDOOR GIFU」

    2022.12.01

    フィールド直結のNANGA SHOP TOHMAならレアものが見つかるかも!?

    2022.11.24

    ゴールドウインが初のキャンプ特化型店舗「THE NORTH FACE CAMP」ほか体験型3店舗を恵比寿にオープン

    2022.11.10

    世界最大の売り場面積を誇る「モンベルアウトドアヴィレッジ奈良店」に行ってみた

    2022.11.06

    z