COCOpanグリドル

2019.04.02 (閲覧数) 2,445

キャンプやツーリングにいつも使っているCOCOpanグリドルを紹介します。
厚みが3.2mm直径300mmの窒化鉄で出来ているグリドルは重さは1.7kgありますが
COCOpanプレミアと同じ厚みがあります。
窒化鉄は鉄の5倍の強度があり、錆びにも強く一生使える鉄板だと思います。
直径15mm穴は7個あいていて、それを使いソリステ等のペグを脚として使う事が出来ます。
グリドルと名前がついていますが、アイアンテーブル、焚き火台、調理台と色々と
使う人が創意工夫が出来る様になっています。アウトドアでは重さは1.7kg有りますが
バイク等でも3.2mmの薄さなのでピコグリル等と一緒に持っていく事が出来ます。
もちろんグリドルとしても優秀で家でも、クレープを焼いたり、パンケーキ、お好み焼き等の
汁気が出ない焼き物も出来ます。

焚き火も出来ますが、長時間焚き火をすると窒化鉄でできたグリドルでも多少歪みます。

俺はそれも味だと思ってガンガン焚き火してます。

COCOpanグリドルの動画は↓
https://youtu.be/vBSveiwuLS4

ソリステ等のペグを使いテーブルとて使えます。

ロープ留め(ホームセンターで売られてるロープ用クイ)一本でもテーブルとして使え、
サイドテーブルとして使う事も可能です。

ロープ留めでのサイドテーブルは
こんな感じでロープ留め1本を地面に刺して使っています。

ピコグリルとも相性が良く一緒に持って行く事が多いです。

ピコグリルの上にCOCOpanグリドルを置いて
鉄板として使ったり

焚き火での調理は手が熱いのでグリドルをおいて調理テーブルとしても使えます。
(クッカー等に煤がつかないので良い)

肉を焼くものCOCOpanプレミアと同じ32mmなので美味しく焼けます。

薪の上においてそのまま調理も可能です。
(ハンドルは友人に作ってもらいました)

分離式バーナーでも調理出来ます。
お好み焼き焼いています。
このバーナーはスノーピーク ヤエンストーブナギです。

COCOpanグリドルの上で焚き火をして
キャンティーンカップでラーメンを作って食べたり
注意
長時間焚き火をすると窒化鉄でできたグリドルでも多少歪みます。

短い間なら焚き火も楽しめます。

注意
長時間焚き火をすると窒化鉄でできたグリドルでも多少歪みます。

キャンティーン&酒チロリで熱燗も楽しめます。

注意
長時間焚き火をすると窒化鉄でできたグリドルでも多少歪みます。

HITOさん

COCOpan、ダッチオーブンやバイク キャンプ、釣り、テントむしの車中飯や 車中泊お気楽に楽しんでいます。 車…テントむし バイク…YAMAHA SR 125B 嫁さん 車…ミニキャブ miEV バイク…ビラーゴ125改

もっと見る

この記事をシェアしよう!

HITOさんの新着ユーザー投稿記事

新着ユーザー投稿記事

『 コンロ・グリル 』新着編集部記事

おすすめ記事