• ホーム
  • ショップ
  • 静岡県民待望、 お茶のワンダーランドOPEN! KADODE OOIGAWAに行ってみた

静岡県民待望、 お茶のワンダーランドOPEN! KADODE OOIGAWAに行ってみた

2021.04.01

美しい山河にSLが走る静岡県島田市。そこに緑茶をメインテーマにした施設がオープン。サードウェーブコーヒーの次は、緑茶ブームが到来かッ!?

image

僕が仕掛け人です!

トコナツ歩兵団
渡部祐介さん

image

全国を飛び回る!プロデューサー

福島ではフラ女将、千葉ではニンジン農家をヒーローカードにするなどユニークな発想で地方を盛り上げている。まとまりにくい話をうまくまとめる天才!

昨秋、静岡県島田市にオープンした緑茶・農業・観光の体験型フードパーク、KADODE OOIGAWAが話題だ。島田金谷インターチェンジから望む濃緑色の屋根群は、外観からして緑茶度100%。建物に入るとまず目を引くのは巨大な16本の茶柱!柱にはそれぞれ味わいが異なる茶葉の特長が書いてある。この大井川周辺だけでも緑茶の銘柄は百種類以上あるのだとか。「好みの味に出会えるよう、特徴的な味を16種類に厳選して緑茶曼荼羅を作ってみました。甘みや渋み、すっきり濃いめなど、味わい深い緑茶を五感で楽しんでください」

とは、同施設をプロデュースした渡部祐介さん。足掛け5年、ようやく開業を迎えた。自分でお茶を淹れるコーナーをはじめ、茶葉気分を味わえる緑茶ツアーズ、緑茶バーガーに緑茶ラーメン、蛇口から緑茶が出てくる水道、緑茶色ポスト(手紙が出せる!)まであり緑茶尽くし。観光案内所もあり、周辺で楽しめる自然体験の紹介もしている。バイクスタンドや空気入れも完備されていてサイクリングで立ち寄るにもおすすめだ。アウトドアスポットへの門出に、ぜひご体験あれ!

1 アナタ好みの一杯を

image

巨大な茶柱がお出迎え。「緑茶診断アプリ」や「茶みくじ」などで楽しみながら好みの味を探してみよう。特製ボトル付き500円。

image

自分で湯を注ぎ蒸らし時間をみて、至極の一杯を。

2 蒸されたり?茶葉体験

ティーバッグの納品に来ていた
キムラ加工の木村秀子さん

image

茶葉気分を味わいました♪

ぜひ、体験してほしいのが「緑茶ツアーズ」(500円)。茶葉ができ上がる過程を五感で体験するというもの。熱せられたり蒸されたり!?

image

茶葉気分を味わった後は、4種類の緑茶の試飲ができる。試飲用のおちょこは参加者に進呈!

3 お茶の値段は"川札"!

image

「東海道川尽大井川の図」国会図書館デジタルコレクションより。

かつて大井川を渡るには人足を雇い、絵のように運んでもらっていた。運賃は水位によって変動。その川越し料金を緑茶カフェに採用! 川留め430円など。

4  新駅誕生。その名も"門出"

image

KADODE OOIGAWAの開業に伴い、大井川本線門出駅が誕生。この駅にSLは止まらないが施設からホームは直結で間近に見られる。

image

真っ黒なSLを彷彿させる炭を使ったソフトクリーム。濃厚なチョコ味だ。写真は煙&漆黒のMIXで500円。

image

服に付いたらとれないよ!

KADODE OOIGAWA(かどでおおいがわ)
〒428-0008 静岡県島田市竹下62 0547(39)4073 9:00〜19:00 年末年始、その他臨時休館あり

※構成・撮影/須藤ナオミ
(BE-PAL 2021年2月号より)

この記事をシェアしよう!
  • ホーム
  • ショップ
  • 静岡県民待望、 お茶のワンダーランドOPEN! KADODE OOIGAWAに行ってみた

関連記事

『 ショップ 』新着ユーザー投稿記事

『 ショップ 』新着ユーザー投稿写真

『 ショップ 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。