幼児が森で倒木を見つけたらはじめるエクストリームな2つのこと | BE-PAL

幼児が森で倒木を見つけたらはじめるエクストリームな2つのこと

2017.04.16

私が書きました!
アウトドアプロデューサー
長谷部雅一
アウトドアイベントの企画運営を手がける『 Be-Nature School 』に所属。人と自然をつなぐインタープリターとしても活動しています。著書『 ネイチャーエデュケーション 』1300円+税 みくに出版 他

日本のミライを明るくする! 園児野生化計画 vol.24

 新年度が始まり、新年中さんと森の中へ遊びに行きました。見つけたのは倒木。幹の太さは40cmほどで、倒れている木の長さは7mほど。

 この倒木を見つけるやいなや、子供達の目はギラギラに光り出したことはいうまでもない。ほとんどの子供は一目散に倒木へ走り寄り、早速遊びが始まりました。

1:平均台遊び

 すぐに始まったのは倒木を平均台のように渡る遊びだ。

 高さは最高で子供の腰くらいある。平均台のように水平がとれていて、足を置く面が平らになっているわけでもない。通常の平均台よりも難度が高いので、それだけで子供達それぞれに挑戦の芽がある。

 平均台遊びが人落ち着きしはじめると、遊びはエクストリームの領域に入ってきた。倒木の端から端まで、とにかく猛ダッシュで走るのだ。

 子供達のなかでルールができて、最後まで走れるとその子はヒーローになり、途中で落ちると再チャレンジとなる。

 

2:ジャンプ

 次に始まったのは、切り株の上からのジャンプ。
 切り株の高さは子供達の目線くらいある。大人でいったら、120〜150cmの高さから飛び降りているようなものなので、その恐怖感といったらなかなかのもの。

 高所からのジャンプは子供達にとって高難易度のエクストリームな遊びで、誰が最初に飛ぶかがこの遊びのスタートのきっかけになる。

 無事に最初のジャンプが終わると、あとはジャンプの乱れ打ちだ。どれだけ遠くへ飛べるか?どれだけ高く飛べるか?どれだけかっこいいポーズで飛べるか?子供達それぞれがジャンプの完成度を高めていく。

野生を呼び覚まされる森の中の倒木
皆さんもエクストリームな遊びに挑戦してみませんか?

私が書きました!
アウトドアプロデューサー
長谷部雅一
アウトドアイベントの企画運営を手がける『 Be-Nature School 』に所属。人と自然をつなぐインタープリターとしても活動しています。著書『 ネイチャーエデュケーション 』1300円+税 みくに出版 他
この記事をシェアしよう!

関連記事

『 子育て 』新着ユーザー投稿記事

『 子育て 』新着ユーザー投稿写真

『 子育て 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。