100年以上愛されている最強ランタン!フュアーハンドランタン

2020.07.26

私が書きました!
アウトドアライター
また・たびこ
旅・キャンプ・温泉・猫が大好きなアウトドアライター。群馬県在住。フリースクール運営のかたわらライター活動中。夫婦でキャンプ&車中泊の日本一周をしたり直感で旅する世界一周をしたり、根っからの旅好きです。今年、家庭菜園を始めました!

キャンプやアウトドアで使うギア。皆さんは、ギアを選ぶときどんなことを気にしていますか?見た目・機能性・耐久性・価格帯・使いやすさなどなど、気になるポイントはそれぞれですよね。

自分にとってかっこいいものや好きなタイプのものが見つかれば、フィールドで気分があがるというもの。できれば、機能的かつおしゃれなものを見つけたい!そんな人が多いのではないでしょうか。

今回ご紹介するは、頑丈で使い勝手のいいランタンです。しかも、フォトジェニックで、テントサイトのおしゃれ度をぐっと上げてくれますよ!

サブランタンとして、ぜひギア仲間に迎え入れたい「フュアーハンドランタン」のご紹介です。

フュアーハンドランタンとは

木に吊り下げると雰囲気がぐっとでる

ドイツ生まれのフュアーハンドランタンは、100年もの歴史をもち、その機能性の高さとシンプルかつ美しいフォルムから、世界中のキャンパーを魅了し続けています。

防風力が高く、ハリケーンランタンやストームランタンとも呼ばれています。

フュアーハンドランタンのここが最高!

優しい炎がやっぱり落ち着く 

あたりをやさしく照らす炎

アウトドアと言えば、やっぱり火ですよね!焚き火や薪ストーブで炎を見ていたいという人は多いと思いますが、ランタンは、もっぱらLED派という人が多いかもしれません。

フュアーハンドランタンの炎は、優しく穏やかなので、メインランタンにはなりにくいです。心を落ち着かせてくれる静かな炎のフュアーハンドランタンは、サブランタンにピッタリ。テーブルをやさしい光で照らしてくれますよ。テントの近くに吊るすのもいいですね。

日が暮れていく頃、フュアーハンドランタンが野遊びのムードを盛り上げてくれます。

頑丈かつ安全なギア

ガラス部分にさりげなくロゴが!

アウトドアでは、天候の急変はよくあること。フュアーハンドランタンは、耐腐食性の強い素材や耐熱性の高いSchott Supraxのガラスが使われているので、屋外での使用に最適です!

公式サイトによると、燃焼時間は最大20時間。安定して快適な照明を提供できるとのこと。悪天候時も強風から炎を守ってくれるので、安心して使うことができます。

また、ホヤ部分であるガラスの周りにワイヤーが張っているのも安心のポイント。燃料タンクの入り口はしっかり閉めることができます。

昔ながらのデザインと構造 

取っ手やチムニー(煙突)部分の細部に至るまでスタイリッシュ

フュアーハンドランタンは、100年以上も世界中の人々に愛されています。どんなに時代が移り変わろうとも、ほとんど変わらないその愛らしいフォルム。そして、昔ながらのランタンの構造に、その人気の秘密があるのかもしれません。

火を灯す時のワクワクの感情は、スイッチひとつで明かりがつく便利さを知っている現代人だからこそ抱く気持ちなのかもしれませんね。

カラーバリエーションがたくさんあることも、人々が虜になる理由かも。

フュアーハンドランタンの使い方

取り扱い手順

携行用のオイル缶だと、給油のノズルがついていて安心

①給油します

給油は、安全のため、満タンより少し少なめでストップ。10分程度、オイルを芯に浸してから点火します。浸すのを忘れると、芯が焦げてしまうので要注意!

ワイヤーのレバーをさげるとホヤがあがるしくみ

②点火します

点火の準備は、ワイヤーレバーを下げ、ガラスのホヤ部分を上げます。灯油の場合、着火のときに、少し煤が出ます。火がついたら、ホヤを元に戻しましょう。

着火の瞬間はちょっと緊張

炎の大きさに気をつけて。芯の長さを調節できる

③芯の長さを調節しましょう

つまみをひねって、芯の長さを調節することができます。公式サイトでは、炎のサイズは1.5〜2㎝を推奨しています。芯を長く出すと、その分、炎が大きくなります。

ここに注意

ランタン用オイル缶として使用しているのはガソリン携行缶。ホームセンターでも手に入る

燃料は、灯油またはパラフィンオイルです。公式サイトからダウンロードできるユーザーマニュアルに、燃料が入っている時は傾けたり揺らしたりしないようにと注意書きがされています。

燃料の持ち運びは、タンクを別に準備しましょう。取り扱いには十分気をつけて!

ガラスを掃除したり芯の交換をしたりする場合は、煙突状部分を指で引き上げ、ガラス部分を横に倒します。

芯の交換をするときは、芯の長さを調節するつまみをスライドさせると、芯の部分が取り外せます。芯を交換後、使用前に10分程度オイルを染み込ませる必要があります。

しまうときは、燃料を使い切ってからにしましょう。燃料タンクは340mlで約20時間燃焼するので、燃料を充填する時に使用時間を逆算するといいですね。

インテリアや災害時にも 

このデザインに一目惚れ!かわいくもありかっこよくもあり

このフュアーハンドランタンに出会ったのは、おしゃれなインテリアショップにて。当時は、アウトドア初心者の頃で、フュアーハンドランタンなんてつゆ知らず。インテリアとして一目惚れして、即購入。

調べてみると、実用的なランタンであることを知り、キャンプサイトデビューできたら使おうと、大切に部屋に飾っていたフュアーハンドランタン。見た目がとてもおしゃれなので、部屋の中でも存在感たっぷりです!

色違いで使用すると、テントサイトを鮮やかに彩ってくれますよ。災害時のいざという時にも活躍してくれるはず!

サブランタンに、お部屋のインテリアに、フュアーハンドランタンはいかがですか。アウトドアも暮らしも、両方楽しくなること間違いなしです!

フュアーハンドランタン

高さ    25.5㎝
幅     15.5㎝
重さ    520g
タンク容量 340ml
燃焼時間  約20時間

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 ランタン・ライト 』新着ユーザー投稿記事

『 ランタン・ライト 』新着ユーザー投稿写真

『 ランタン・ライト 』新着編集部記事

おすすめ記事