目指したのは「風呂敷」の便利さ!フラットに広げて使うこともできる超機能的トートバッグ

2018.08.26

防水地のターポリン製も仲間入り!

四角い菓子折はもちろん、一升瓶やワインボトル、温泉に入るときの着替えやタオル…などなど、不定形の荷物をさまざまな包み方で運べる万能布--。それが、日本伝統の超便利アイテム「風呂敷」。そんな風呂敷にインスパイアされて誕生したのが、スプーンフルトートバッグ

バッグ両サイドにスライドジッパーが施され、それを開くと風呂敷のように広げて使えるのだ。たとえば週末に出かけるピクニックのときなど、トート状にしてランチや水筒を運び、目的地に着いたらスライダーを全開にすればそのままピクニックシートに早変わり! しかもですよ、スライダーは底マチ側からも開くから、底部に長尺物を入れておくことも可能。

さらに今シーズンは、従来の帆布製モデルに加えてターポリン製も登場した。防水地だから濡れを気にせず使え、サーフィンやスノーケリングのときなどに装備を運ぶのに最適。トートを広げれば、その上で着替えだってできちゃう! これぞまさに現代版風呂敷といえるだろう。

「でも、ちょっとお高め…」と思うかもしれないが、デザイン、素材、縫製ともにとことんこだわり抜いたMADE in ニッポン! 耐久性と品質の信頼性は折り紙付きだ。

ターポリン地は汚れが付いても拭けばすぐにきれいになる。汚れやすい薪の運搬にも遠慮なくガンガン使えちゃうのが魅力だ。

スプーンフル/
トートバッグ

両サイドに全開可能なダブルスライドジッパーを備えた、(おそらく)世界初の組み立て式トートバッグ。下部スライダーを開いて長尺物を入れたり、上部スライダーを適宜開いて容量を調節することもできる。

サイドジッパーはスライダーが2個付いたダブルスライダー仕様。上からも下からも開閉可能で、両スライダーを揃えて上または下の先端部で開放すれば、フルフラットになる。

ラインアップはコチラ!

コヨーテ
ヨガマットやポール類などの長尺物は、写真のように下側のスライダーを開けば収納可能。アウトポケット付き。国産11号帆布製。

¥9,800

●サイズ
マチなし時/幅60×高さ45㎝、
マチ小/幅48×マチ12×高さ39㎝
マチ大/幅38×マチ22×高さ35㎝
●容量=約29ℓ
●カラー=モスグリーン、ネイビー、モカブラウン、グレイッシュグリーン

■キャリー

日常使いにも適した小さめサイズ。右のコヨーテ同様、底マチは2段階に調節でき、マチなしでも使用可能。国産11号帆布製。

¥7,800

●サイズ
マチなし時/幅44×高さ33㎝
マチ小/幅34×マチ10×高さ28㎝
マチ大/幅26×マチ18×高さ24㎝
●容量=約11ℓ
●カラー=モカブラウン、モスグリーン、ネイビー、グレイッシュグリーン

■リップル

0.35㎜厚の丈夫なターポリン地を使用したモデル。バッグ自体は完全防水ではないが、生地は防水なので水場で遊ぶときに最適。

¥8,500

●サイズ(バッグ時/展開時)
幅44×奥行き22×高さ37㎝/66×96㎝
●容量=約35ℓ
●カラー=ベージュ、ワサビ、ブラック

http://www.spoonful-tote.jp/

※構成/坂本りえ 撮影/永易量行

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 リュック・バッグ 』新着ユーザー投稿記事

『 リュック・バッグ 』新着編集部記事

おすすめ記事

  • 12/7(金)最終選考会にて決定 今年の1台、決まる。日本カー・オブ・ザ・イヤー 2018-2019 1980年の第1回開催から39年。今年はどのモデルが栄誉に輝くのか。
  • プレゼントクイズ 応募はこちら
  • 12/7(金)最終選考会にて決定 今年の1台、決まる。日本カー・オブ・ザ・イヤー 2018-2019 1980年の第1回開催から39年。今年はどのモデルが栄誉に輝くのか。
  • プレゼントクイズ 応募はこちら
  • ライフスタイルマガジン『b*p』