ミステリーランチの新たなシリーズ 「クレイジーブラックコレクション」

2020.12.31

多くのアウトドアブランドが日常仕様のバッグを続々と発売する昨今。そんな中で今もっとも注目したいのが、ミステリーランチの新シリーズ「クレイジーブラックコレクション」だ。

2021年2月発売予定の日本別注モデルとのことで、すでに国内で人気を博しているアーバンアサルトなど既存アイテムとの違いも気になるところ。今のうちにじっくりと詳細を確かめておこう。

4種の生地を一つに凝縮したヘビーデューティバッグ

ミステリーランチが今回発表したのが、日本別注シリーズのクレイジーブラックコレクションだ。街での使用を想定した5種のアーバンラインデイバッグで、その名の通りカラーはブラックで統一されている。

大きな特徴は、一つのアイテムに対して500D Cordura®、210D Robic、X-Pac® VX21、Blando 566Dといった4種の生地用いている点。厳選された生地はどれも高い耐久性を誇り、それを高い縫製技術でまとめあげたミステリーランチならではの仕上がりだ。また、一見シンプルなデイバックながら、通常よりも細かくパターン分けされた4種の生地の質感がユニークな印象を与え、飽きのこないバックになっている。個々のアイテムの詳細を見ていこう。

ミリタリーバッグを街中仕様に

「2DAYアサルト」 ¥30,000+税

ミステリーランチの代表的ミリタリーバッグ、3ジップアクセスの3DAYアサルトをタウンユースにリモデルしたもの。モールなどミリタリーらしいタフな印象は残しつつ、重量約1.4kg、容量は27Lにややサイズダウン。内部にはパソコンや書類などを収納できるスリーブを備え、ビジネスシーンでも使いやすい仕様だ。

2 DAY ASSAULT(2DAYアサルト)

価格: ¥30,000+税
サイズ:約53×30×28cm
重量:約1.4kg
容量:約27L

女性でも使いやすいスッキリしたデザイン

「アーバンアサルト」19,000円+税

日本でも人気のアーバンアサルトがクレイジーブラック仕様で登場。フォルムの印象はそのままに、フロントの切り返しが印象的でカジュアルなデザインになった。容量は22L、重量は0.9kg。内部には、トップリッドとあわせて2つのメッシュポケット、パソコンやタブレットを保護するスリーブが装備されている。

URBAN ASSAULT 21(アーバンアサルト)

価格:¥19,000+税
サイズ:約51×25×22cm
重量:約0.9kg
容量約:21L

ショルダー、バックパック、トートの3ウェイ

「3ウェイ」¥25,000+税

ビジネスマンに嬉しいブリーフケースタイプ。容量は22L、重量は1.2kg。コンプレッションジッパーが外周をぐるりと覆うようになり、既存モデルよりも 拡張時の容量がアップした。前面ポケットは手帳や名刺といった小物の整理に便利な内部ポケットを備え、開閉しやすい特殊マグネットバックルも相まって小回りが利くアイテムだ。

3-WAY(3ウェイ)

価格: ¥25,000+税
サイズ:約43×30.5×25cm
重量:約1.2kg
容量:約22L

たすき掛けもカッコよく決まるヒップバッグ

「フルムーン」¥6,500+税

過去の人気モデルが復活リニューアル。容量が6.3Lと飲み物やスマートフォン、財布が余裕で収納できるゆったりしたサイズ感だ。それでいてショルダーでもヒップでも使いやすく、ランニングにも対応可能と、ミステリーランチならではの抜群の背負いやすさが発揮されている。

FULL MOON(フルムーン)

価格:¥ 6,500+税
サイズ:約18×33×19cm
重量:約0.36kg
容量:約6.3L

小物を収納するポケット満載のショルダーバッグ

「スカ」¥8,000+税

旅行やアウトドアシーンで重宝する容量6.3Lのショルダーバッグ。フラップの付け根のセキュリティーポケット、ウェザープルージッパーなど、中身の貴重品をしっかり守るギミックが随所に施されている。余ったストラップを収めてくれる新設計のショルダーストラップにも注目。

SKA(スカ)

価格:¥ 8,000+税
サイズ:約23×25×15cm
重量:約0.3kg
容量:約6.3L

どれもデイリーやビジネス用途に細かい配慮がありつつ、ミステリーランチの「機能性」「背負い心地」「品質」「耐久性」がしっかりと備わったクレイジーブラックコレクション。日常からアウトドアシーンまで、幅広く活躍してくれそうだ。

ミステリーランチ 公式サイト
https://www.mysteryranch.jp

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 リュック・バッグ 』新着ユーザー投稿記事

『 リュック・バッグ 』新着ユーザー投稿写真

『 リュック・バッグ 』新着編集部記事

おすすめ記事