【好日山荘「おとな女子登山部」イチオシ通信】指先サラサラで冷えないインナーグローブ | アウトドアウェア 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • アウトドアウェア

    2016.01.28

    【好日山荘「おとな女子登山部」イチオシ通信】指先サラサラで冷えないインナーグローブ

    冷え症に悩まされている方に特にオススメしたいグローブといえば、やっぱりファイントラック製のパワーメッシュインナーグローブです。1月①-1一番下に重ねるグローブ。言わば「インナーのインナー」なのです。薄手のメッシュ生地に撥水加工を施しているので、上に重ねているインナーグローブが湿ってしまっても、アクティブスキンが水分をはじいてくれるので、指先はサラサラ状態を保てるという優れもの。

    雪山ではアイゼンを締めたり、行動食を食べたり、カメラを操作したりと、インナーグローブで作業を行う事もしばしば。そんな時にいつの間にかインナーグローブがしっとりしていたりして、指先がどんどん冷えていく事もよくあります。雪山で指先の感覚が無くなっていく事の恐怖を考えたら「濡らさない」というのはどれだけ心強いことでしょう。

    また、同時に手先は汗かきポイントでもあります。汗をたくさんかいても、パワーメッシュを抜けてインナーグローブに汗を吸わせるので、自身の手汗でインナーグローブが濡れて冷えてしまうことを防げます。1月①-2

    フリースやウールのインナーグローブと重ねて使用する事はもちろんのこと、夏山では撥水グローブの中に入れて冷えを防ぐことも。薄くて軽いので、かさばらず、ポケットにちょっと入れておけます。これで手先の冷え対策が出来てしまうなんて、冷えにお困りの方にとっても強い味方です。

    NEW ARTICLES

    『 アウトドアウェア 』新着編集部記事

    コットンだけどベトつかない!「ドビー織り」パンツで涼しい夏を楽しもう

    2024.06.13

    ナンガの2024年夏新作はファミリー向け水陸両用ウェアほか8アイテム!

    2024.06.11

    短パンにも長パンにも変身!ファイントラックの涼やか素材パンツは夏キャンプの必需品だ

    2024.06.11

    ストームクルーザーとは?モンベルの看板モデルの魅力を徹底解剖

    2024.06.05

    【募集締め切り間近!】展示車・試乗車の一部も公開!2024年7月7日(日)「BE-PAL SUV試乗会」開催します

    2024.06.03

    パタゴニアのバギーズショーツは水陸両用で夏に大活躍!おすすめのポイントからコーデまで紹介!

    2024.06.01

    「DOD」「niko and …(ニコアンド)」人気ブランド同士のスペシャルコラボが帰ってきた!

    2024.05.25

    「ユニクロ」で登山服はそろえられる?コスパ抜群のアイテムも紹介!

    2024.05.24